女性が落ち込んでいるときに言われたい言葉10選!優しさが染みる……

落ち込んでいる女性に何て言えばいいの?

落ち込んでいる女性がいるとき。

悩める男性
慰めてあげたいけど……なんて声をかければ良いんだろう?

と、悩んでしまう男性は多いです。

いったい、弱っている女性はどんな言葉をかけられたら嬉しいのでしょうか? この記事詳しく紹介していきますね。

弱っている女性の心理を知ろう!

弱っている女性を慰めたいときには、まずは女性の心理を知ることが大切です。

自分のことが嫌になっている

女性が落ち込んだり弱っているときというのは、自分のことが嫌になっているとき。

  • 自分に自信をなくしている
  • 自分に嫌気がさしている
  • 自分にガッカリしている

こんな状況だと考えられます。

周りにフラストレーションを感じている場合もある!?

ちなみに、女性が弱っているときは、同時に周りの人や環境にフラストレーションを感じている場合も多いです。

  • 職場で上司に怒られた
  • 学校の友達に嫌なことを言われた
  • 家族に八つ当たりされた

こうした状況が続いて、精神的に弱ってしまう場合もあります。

気持ちを回復させてあげることがポイント!

弱っている女性に元気を出させる方法は、実はたった1つだけ。

「自信を取り戻させてあげること」です。

しかしこれが、案外難しいのです。

逆効果の言葉もある!?

男性が「良かれ」と思ってかけた言葉が、逆に女性をさらに追い詰めてしまう場合もあります。

良かれと思ってアドバイスしたのに……

弱っている女性が目の前にいたとき。実は多くの男性が真っ先にする行動があります。

それは、アドバイス(助言)です。

  • 「もっとこうしたら良いんじゃない?」
  • 「それは良くないやり方だね」
  • 「次はこっちにしてみたら?」

落ち込んでいる女性に対して、こうしたアドバイスをする男性は多いもの。だって、それが、一番の解決方法だし、彼女のためになると思うからです。

でも、実はこれはNG行為。

というのも、弱っているときにアドバイスをされると、女性は「責められている」と感じてしまうからです。

女性はまず心を癒したい!

女性は、男性よりも感情的な生き物だと言われています。分かりやすくいうなら、「心」から受ける影響が大きいのです。

例えば、男性が「心」から受ける影響が1だとしたら、女性は10くらいだと思うと良いかもしれません。(※この数字は著者の個人的な見解です)

男性の場合はちょっと落ち込んでいても、その気持ちに影響されずに「次」に進めるけれど。女性の場合は、心が傷ついているときにはまずはそれを癒さないと、次に進めないのです。

アドバイスがダメ出しに聞こえる理由

女性は、弱っているときにアドバイスをされると「ダメ出し」として捉えてしまいがち。

それは、自分の中での気持ちの整理ができていない状態だから。

「悲しい」とか「辛い」という気持ちを処理できていない状態だからこそ、アドバイスもそんな風に聞こえてしまうのです。

だからこそ、落ちこんでいる女性には、まずはその気持ちを癒す言葉をかけてあげるのが効果的なのです。

女性が弱っているときに言われたい言葉10選

では、ここからは「弱っているときに女性が言われたい言葉」を紹介していきますね。

1.「大変だったね」

弱っているとき、女性が求めているのは「共感」や「自分を認めてくれる言葉」です。

「大変だったね」はその両方の性質を兼ね備えた、万能な言葉。

「何があったのか分からないけど、大変だったんだね」など、状況がよく分からない場合でも使えるおすすめの言葉です。

2.「よく頑張ったね」

人が「辛い」と感じるのは、自分の頑張りや努力を全く認めてもらえない時。

そんなとき、親しい人から「頑張ったね」と声をかけられると、トゲトゲしていた心が癒されるものです。

3.「辛かったね」

女性が辛そうな時には、ただ「辛かったんだね」と言うだけでも慰める効果があります。

というのも、女性は「共感しあうこと」をとても大切にする生き物だから。

自分の気持ちを誰かに知ってもらえると、それだけで気持ちが癒されるのです。

4.「えらいね」

「えらいね」や「えらかったね」などの言葉も、弱っている女性には効果的。

ちょっと子供扱いしているような印象もある言葉ですが、弱っているときは誰かに甘えたくなるもの。

こうした言葉も効果を発揮します。

「偉いね」と言ってくる男は上から目線で女を子供扱いしてる!?

5.「凄いよ」

頑張り屋な女性に効果的なのは、「凄いよ」という言葉。

頑張り屋な女性は、自分がどこまで頑張れば良いのか分からず、無理をしてしまいがちです。

弱っているときに「凄いよ」と言われることで、「自分のやっていることは無駄じゃないんだ」と思えます。

6.「泣いても良いよ」

弱っているとき、「元気を出しなよ」という人は多いもの。

でも、そう言われたからと言ってすぐに気持ちを切り替えられるわけではないのです。

そこでおすすめなのが、「泣いても良いよ」と言って、相手が落ち込むことを許可することです。

弱っている自分を受け入れてもらえると、精神的に安定する女性は多いです。

7.「無理しないでいいんだよ」

落ち込んだり弱っている女性は、日頃から無理をしすぎている場合もあります。

そんな女性には、「無理しなくて良いんだよ」という言葉も効果的。これは、失敗や不完全さを許す言葉でもあります。

「背伸びしなくてもいいんだ」と思えると、自然と気持ちも前向きになります。

8.「大丈夫だよ」

根拠はなくても、誰かから「大丈夫」と言ってもらえるとそれだけで安心するもの。

「○○なら大丈夫だよ」と、女性の名前を入れるのも効果的です。

9.「俺はいいと思うよ」

「自分の行動は正しかったのかな……」と悩んでいるときなどにおすすめなのがこちら。

「(周りがどう言うかは分からないけれど)俺はそれでいいと思うよ」という言葉です。

身近な人から「それでいいんだよ」と言ってもらえると、やはり嬉しいものです。

10.「そっかそっか」

最後におすすめするのはこちら。

「そっかそっか」と相槌をうち、ただ女性の話を聞くだけ。

これができる男性は、間違いなく女性にモテます(笑)

先にも触れましたが、弱っている女性が求めているのは具体的な解決案ではなく、「心の癒し」です。そのためには、「話を聞いてもらうだけで十分」ということも多いのです。

この記事のまとめ

いかがでしたか?

弱っている女性を見つけた時には、今回紹介したことを意識してみてくださいね。

この記事を読んだ人には、こちらの記事もおすすめです。

メンヘラ彼女の特徴5つ!メンタルが弱い理由は甘えや体調?

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来に繋がりますように……☆