私が1日2箱のタバコをやめて感じた良い効果8つ!恋愛にも好影響?

タバコを完全に辞めたらどうなる?

1日2箱のヘビースモーカーだった著者

暇さえあればタバコ。

暇じゃなくてもタバコ。

朝起きたらタバコ。

寝る前にもタバコ。

……そんなタバコ漬けの生活を送っていた私が禁煙を思い立ったのは、今から数年前。

20代後半のときでした。

深い理由があった訳ではありません。

ただ、「この先一生タバコを吸い続けるのかな?」と考えたとき、ふと「辞めてみようかな」と思ったのです。

タバコの呪縛から逃れたい

今思えば、タバコを吸っていたときの私はほとんど1日中タバコのことを考えていたように思います。

  • 疲れた→タバコ吸いたい
  • 満腹→タバコ吸いたい
  • イライラする→タバコ吸いたい

というように、何をしているときでも、何を感じているときでも、とりあえずタバコが吸いたいと思っていました。

辞める怖さはあったけれど……

だからこそ、タバコを辞めることには恐怖もありました。

『自分の一部がなくなる』と言うと大げさに聞こえるけれど。

タバコはもはや私のアイデンティティでもあり、それを辞めたら自分が自分ではなくなってしまうような、そんな不安もあったのです。

……でも。

結論から言うと、辞めて良かった。

この記事では、完全にタバコを辞めた体験談とその効果をお話しますね。


禁煙を開始した当初

意外と辛くない

禁煙を開始した当初。

周りのタバコ仲間たちには、「絶対にお前の禁煙は続かない」と言われていました。

……が、そんな予想に反して、意外と禁煙は辛くありませんでした。

なぜなら、「良いことをしている」と言う感覚があったからです。

  • 身体に良い
  • お金の節約にもなる
  • 将来的に見てもメリットがある

こうした気持ちがモチベーションとなり、禁煙を楽しむことができていたのです。

飲み会が一番危険!

しかし、どうしてもタバコが吸いたくなる時もあります。

私の場合それは、

  • イライラしたとき
  • 飲み会に参加したとき

この2つでした。

特に危険だったのは飲み会。

お酒が入ると、判断能力も弱まります。

そのため「ちょっとくらいなら吸ってもいいかな〜」という気分になりやすいのです。

禁煙セラピーはかなりおすすめ

そんな私を支えてくれたのは、『禁煙セラピー』という本です。

「読めば辞められる」という凄い本。

この本を読むと、本当に「タバコは必要ない」という感覚になるのです。

そのため、ストレスなく禁煙することができます。

禁煙当初は、私はこの本をカバンに入れて持ち歩いていました。

どのくらいの期間で辞められたか

吸いたくなくなるのはいつ?

『禁煙』が終わるのは、タバコを吸ってしまった時か、あるいは「タバコ吸いたい!」という気持ちが完全になくなった時です。

私の場合は、禁煙を開始してから半年くらいは、1日に1〜2回「タバコ吸いたい!」と思っていました。

それが徐々に、3日に1回、週1回、月1回……と減っていき、1年も経つ頃には、タバコを見ても全く何も思わなくなりました。

1本も吸わない方が楽

ちなみに、禁煙に挑戦したのは、実は今回が初めてではありません。

その時の体験からも言えることですが、禁煙を失敗させる一番の要因は、「1本だけならいいか」と、タバコを吸ってしまうことです。

一度でも「1本だけならいいや」をしてしまうと、それ以降我慢するのが難しくなってしまうのです。

「吸わない」か「吸う」だったのが、

「吸わない」か「一本だけ吸う」か「吸う」か……

新しい選択肢が増えてしまうからです。

隣で人が吸っていても問題なし!

禁煙を1年ほど続けると、隣で人がタバコを吸っていても平気になりました。

5年以上経過する今では、

  • 髪や服に匂いが着くのが嫌
  • タバコを吸う意味が分からない

こんな風にすら感じます。

タバコが必要なくなった

今でも、ものすごく落ち込んだ時などは、過去を思い出して「タバコ吸っちゃおうかな……」なんて思うこともあります。

……が、もうタスポも持っていないし、最近では喫煙所の数も減っているし。

何より、「そんなことしても意味ないな」という気持ちがある。

なので、私は禁煙以来、もう5年以上も1度もタバコを吸っていません。

タバコを辞めて感じた8つのメリット

1.精神的に楽になる

タバコを吸う時って、どこか罪悪感がありませんか?

私はありました。

『タバコ=良くないこと』というイメージは、誰もが多かれ少なかれ持っているものだと思います。

タバコを辞めると、そうした罪悪感もなくなります。

そのため、気分的にものすごく快適になりました。

それにより、自分に自信を持てるようにもなります。

2.周りから褒められる

タバコを辞めてから、たくさんの人に褒められました。

  • 凄い
  • えらい
  • よく頑張ったね

こんな風に褒められるのは、単純に嬉しかったです。

3.持ち物が綺麗になる

タバコを吸っていると、意外と持ち物って汚れませんか?

  • 喫煙所の机
  • 喫煙所のベンチ
  • 自宅の色々なところ

こういう場所には、どうしたって多少の灰が落ちています。

そしてタバコを消す時には、手が汚れることもあります。

なので、手帳やポーチや洋服などが、間接的に汚れてしまう……。

タバコを辞めるとこれらが完全になくなるため、持ち物が汚れにくくなります。

4.いい匂いの人になれる

タバコを吸っていると、いい匂いの人になるのは不可能です。

どんなに気を使っても、服や髪に匂いが着くからです。

夏場の汗とヤニに混ざった臭いなどは「最悪」とも称されますよね。

タバコを辞めると、シャンプーや香水の匂いを香らせられるようになります。

これは、女性としてはかなりのメリットだなと感じました。

5.白い歯をキープできる

タバコを辞めた時、私は歯医者でホワイトニングをしました。

「これから使うであろうタバコ代でホワイトニングをしよう」と思ったのです。

やってみて気づいたのは、これまでの自分の歯がヤニで黄ばんでいたということ。

毎日見ているから気づきませんでしたが、当時の私の歯はいかにも『タバコを吸う人の歯』でした。

ホワイトニングをすると、鏡を見るのが楽しくなります。

人と接するときにも自然と笑顔が増えます。

6.頭痛がなくなった

タバコを吸う人にありがちなのは、慢性的な頭痛。

私の場合は肩こりも酷かったのですが、それも軽減されました。

以前は基本的に毎日頭が痛かったのですが、今では頭痛は本当に稀です。

頻度でいうなら、月に1度あるかないか。

パソコン作業をしすぎたときや、寝不足が続いた時だけです。

頭痛→タバコを吸う→頭痛→タバコを吸う

という負のスパイラルから解放されて、快適な日々を過ごしています。

7.すっきり起きられるようになった

タバコを辞めてから、朝が楽になりました。

以前なら朝は体も頭も重く、「起きよう……あー……ダルい……あー(ノソノソ)」という感じだったのが、

「起きよう(スッ)」という感じです。

パッと身体を起こせるし、それをしても辛くない。頭もスッキリしている。

個人的には、これが禁煙をして感じた一番のメリットです。

8.肌の状態が良くなる

タバコを辞めて、肌の状態も目に見えて良くなりました。

  • 乾燥しにくくなった
  • 小じわが減った
  • 毛穴が目立たなくなった

これらは、タバコを辞めて2年ほど経ってから感じだしたことです。

20代のころより、30代の今の肌の方が美しいと自信を持って言えます。

タバコを辞めるデメリットは?

喫煙所での交流がなくなる

タバコを吸っていた時、私は喫煙所に行くのが好きでした。

「ちょっとライター貸して」とか。

「灰皿、一緒にいい?」とか。

喫煙所に通っていると、そんな何気ないやり取りから友達が増えたりするんですよね。

それがなくなってしまうのは、デメリットだなと感じました。

……が、だからと言って友達ができなくなる訳ではないんですけどね。

休憩時間が減った

タバコを吸っていた時、私は事あるごとに休憩していました。

  • トイレのついでに一服
  • 仕事の合間に一服
  • 食事のあとに一服

一本に付き3分と計算したら、2箱で120分……え、そんなに?

今計算してみて驚きました。

でも、間違いではありません。

タバコを吸っていた時、私は1日のうち2時間も『タバコ休憩タイム』を設けていたのです。

なので、タバコを辞めてからなんとなく忙しくなったような、休憩時間が減ったような感覚にはなりました。(※2時間も休憩が減っていたのなら当然ですね)

逆に言えば、それだけの時間を有効活用できるようになった、という事です。

暇になる

タバコを辞めると、手持ち無沙汰になります。

なので、

  • 間食をしてしまう
  • スマホゲームをしてしまう
  • ネットサーフィンをしてしまう

など、これまであまりしなかった事をする時間が少し増えました。

が、タバコを吸うよりはいいなーと、大目に見ています(笑)

この記事のまとめ

人生が変化する

いかがでしたか?

タバコを辞めると、様々なメリットがあります。

特に大きなのは、以下の2つ。

  • 時間を有効に使えるようになる
  • 体調不良に悩まされにくくなる

これって、長い目で見たらかなり大きな事ですよね。

恋愛に現れた変化

また、恋愛面でも変化を感じました。

タバコを吸っていたときより、『女の子扱い』をされることが増えたのです。

喫煙者の男性は特に気にしない人もいるけれど、非喫煙者の男性は女性のタバコに結構厳しいです。

「タバコを吸う女は絶対無理」という人も、私の周りに何人もいます。

身を以て体感した事ですが、タバコは吸わない方がモテます。

タバコは辞めて正解!

もしあなたが「タバコ、辞めようかな」と思っているのなら。

私は思い切って、辞めてみることをお勧めします。

この記事ではタバコをやめるデメリットも紹介しましたが、やめるメリットと比べれば些細な事。

せっかく「辞めようかな」と思ったその気持ちを大切に、ぜひ動きだしてみてくださいね。

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

喫煙者は恋愛対象外?タバコに対する男女別の心理や印象を解説

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆