恋愛で頑張るのをやめた体験談!無理しない方が愛される

「どうしてこんなに頑張っているのに上手くいかないの?」

あなたはこんな風に悩んでいませんか?

  • 頑張って尽くしているのに浮気をされた
  • 頑張って好かれようとしているのにに空回り
  • 頑張って婚活をしているのに結果がでない

こんな風に、頑張っているのにうまくいかない状況のときって、辛いですよね。

……でも、ちょっと待って。

もしかしたらあなたから素敵な恋を遠ざけているのは、その『頑張り』かも!?

この記事では、私が恋愛で頑張るのをやめた体験談や、その効果をお話ししますね。

尽くしすぎて疲れてしまった……

悩みすぎ

彼氏に愛されたくて頑張っていた

実は以前の私はかつて、かなりの「尽くす女」でした。

  • 彼氏のために毎朝お弁当を作る
  • 彼氏を車で送り迎えする
  • 彼氏の好きな服を着る

こんな風に、「彼氏を喜ばせるため」にあれこれ頑張っていたのです。

その理由は、表面では「彼氏に喜んで欲しいから」と思っていたけれど……。

今振り返ると、「愛されたい」という気持ちから、必死になって尽くしていたのです。

頑張って恋愛を続けた結果

彼氏にもっともっと自分を好きになって欲しくて、私は何年もの間、毎日毎日彼氏に尽くしていました。

でも、ある日喧嘩をしたことがきっかけで、なんだか何もかも嫌になってしまったのです。

「どうして私はこんなに尽くしているのに、愛してくれないの!?」

こんな風に、自分の中で不満が爆発してしまいました。

頑張るのをやめてみた

報われない毎日に嫌気がさした

喧嘩をきっかけに、私はあることを決めました。それは、「頑張らない」ということです。

これまで、頑張って愛されようとしてきたけれど、ちっとも報われなかった。ならもう、頑張るのなんてやめてしまえ!

そんな風に思ったのです。

そしてそこから、私の「頑張らない恋愛」が始まりました。

ダメな自分を隠さない

「頑張るのをやめる」と決めた私がしたことは……

  • 我慢しない
  • 無理しない
  • 自分を良く見せようとしない

こうしたことです。

特に一番下の、「自分を良く見せようとしない」というのは、私にとって大きな変化でした。

これまでは「愛されるために素敵な彼女でいなきゃ」と思っていたけれど。それをきっぱりやめて、ダメな自分を出したのです。

「フラれてもいい」と思っていた

その時、私は彼氏にフラれる覚悟をしていました。このまま報われない人生を生きるのなら、もう自分の好きなように楽しく生きようと思ったのです。

なので……

  • 彼氏の前でオナラをする
  • わがままを言う
  • 喧嘩をしても反省しない
  • 家事もやらない
  • 面倒なことは彼氏に頼む

……とまぁ、一言で言うなら「いい彼女」を演じるのをやめたのです。

「いい彼女」をやめてみた!

本当の私は、そもそもぐーたらで自分勝手な人間です。それまでは、頑張って「いい彼女」を演じていました。

そうすれば、彼氏にもっと愛されると思っていたからです。

……でも、それをやめた。「いい彼女」になるために頑張っていたことを1つ1つやめて、「ぐーたらな本来の自分」で生きるようにしたのです。

前よりも愛されるようになった!

頑張らなくても怒られない!?

頑張るのをやめるとき、私は「こんなことをしたら怒られる(かフラれる)だろう」と思っていました。

だって、はっきり言って迷惑をかけているから。自分の「仕事」をサボって人にやらせているような、罪悪感もありました。

……が、その予想は大きく外れます。頑張るのをやめた結果、私は全く怒られないどころか。これまで以上に人から愛されるようになったのです。

「もー」と言いながら喜んでる!?

頑張るのをやめて、私はダメ人間になりました(笑)

その当時の口癖は、「だって仕方ないじゃん」です。

だって頑張ってたんだから。でも嫌になってしまったんだから。だから仕方ない。

これは、自分への言い訳だったと思います。

しかし、そんな私が彼氏から怒られたり、別れを告げられることはありませんでした。

むしろ、彼氏はそんな私の変化を喜んでいたのです。

「その方がいい」と言われた!?

私が「いい彼女」を頑張って演じるのをやめてから、3ヶ月ほどたったある日。あることに気づきました。

それは、この3ヶ月全く喧嘩をしていない、ということ。ちょっとした小言の言い合いはあっても、お互いに怒ることがなくなっていたのです。

それがとても不思議で、「私最近ぐーたらだけど、なんで怒らないの?」と彼氏に聞いてみたところ、彼氏はこう言いました。

「んー?だって、今の方が可愛いし、一緒にいて楽しい」

私は「えぇー!?」と叫びました。

頑張らない女は可愛い

相手を許せるようになる

「前はいつもピリピリしていたけど、今は笑顔で楽しそうだし、一緒にいてこっちも楽しい」

彼氏はそんなことを言い、笑顔を浮かべていました。

確かに、私は頑張るのをやめてから、笑顔でいることが増えました。

自分がぐーたら人間だと開き直ったので、彼氏や周りの人に対しても怒ることが減ったのです。

周りの人は実は優しい

そして一番驚いたことは……頑張るのをやめても、周りの人から怒られることはなかった、ということです。

  • 辛い時は辛いという
  • 嫌なことは嫌だという
  • 気分で行動する

これらは、頑張っていた頃の私が自分に固く禁じていたことです。これをしたら、人としてダメだと思っていた。

……でも、周りの人は、「ぐーたら人間」になった私に怒ることなく。そんな私を優しく受け入れてくれました。

頑張らなければ可愛がられる!?

頑張るのをやめることは、「私はできません」と宣言するようなものです。

「私はできません」なんて言ったら、見下されたりバカにされたりするだろうな……と、心のどこかで思っていたのですが……。現実はむしろその逆!

頑張るのをやめたら、周りの人がこれまでよりずっと優しく、助けてくれるようになったのです。

「人って優しいんだな」と、そんなようなことを思ったことを良く覚えています。

できない女がモテる3つの理由!男は教えたいし守りたい

頑張るのをやめた効果

人の愛を受け取れるようになった

頑張るのをやめた結果。周りの人が優しくなりました。

……というより、私が素直に周りに甘えられるようになったのです。

  • 「無理しないでいいよ」
  • 「手伝おうか?」
  • 「やってあげるよ」

彼氏を始め、周りの人のこうした言葉を素直に「ありがとう」と受け取れるようになったのです。

彼氏と円満で男友達も増えた

頑張るのをやめた結果。私は彼氏とこれまで以上に円満になったし、友達が増えました。

そして何より、頑張らなくても良くなったので、精神的にとても楽になり、人生が楽しくなりました。

潜在意識では何が起きている?

自分を許せるようになった!

「頑張るのをやめる」というのは、自分を許すことです。

私の場合なら、「ぐーたらな自分」を許し、頑張って「いい子」を演じるのを辞めた。

言葉にするとこれだけですが、しかしここに至るまでにはかなりの葛藤がありました。

「頑張らなきゃいけない」という思い込み

そもそも、恋愛でも仕事でも「頑張りすぎてしまう人」というのは、そもそもの自分を許せていない人なのです。

だから、頑張ることで自分に付加価値をつけて、愛されたり認められようとする……。

でも、その「頑張り」にはきりがありません。

根っこの部分に「自分はダメ」という思いを抱いていると、いくら頑張っても、まだ足りないような気がする。そしていつまでも報われない……。

そのため、どこかで力尽きてポキリと折れてしまったりするのですね。

「思い込み」を手放そう

人は誰しも心の中に、「自分は○○な人間だ」というセルフイメージ(思い込み)を持っています。

そして、そんな自分を自分でジャッジしているのです。

「自分は○○な人間だから、ダメだ!」とか、「自分は××ができるからすごい!」とか。

自分を許すことは、そのジャッジをやめること。

「自分は○○だけど、まぁいいか〜」と、考えることなのです。

頑張るのを辞めた効果まとめ

頑張るのをやめた体験談を紹介しましたが、いかがでしたか?

記事にまとめるためにかなり割愛していますが……実際は、頑張るのをやめるまでに色々とありました。

「もう頑張らない!」と決めても、頑張らないことが不安で頑張ってしまったり。

頑張っていない自分に対して「これでいいのかな……」と疑問を感じたり。

「三歩進んで二歩下がる」のような状態を続けながら、だんだんと頑張るのを辞めた結果、私は今、前よりもずっと幸せな恋愛ができています。

お弁当なんて作らなくても、送り迎えもしなくても、「私」は愛される存在だと気づいたからです。(※むしろ今は、お弁当を作ってもらったり、送り迎えをしてもらっています。)

あなたが同じように「頑張るのをやめようかな」と悩んでいるとしたら。

今回紹介したことを、是非思い出してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来に繋がりますように……☆