オーラがない人の特徴や原因とは?5つの方法でキラキラ輝こう

「なんか、オーラがないよね」

もしかすると、あなたもこんな風に言われた事があるかもしれません。

相手は冗談だとしても、「オーラがない」なんて言われたら、やっぱりちょっとショックですよね。

「オーラがない」と言われる人には、実はいくつかの原因があります。

そしてその原因を知り解消していけば、ちゃんと『オーラのある人』になることは可能なのです。

オーラがあるのとないのでとでは、やはり『ある人』のほうが絶対的にお得。

オーラがある人になって「この人は只者ではないな」と感じさせれば。

それだけ人から興味をもたれたり、チャンスを与えられる機会も増えていきます。

では、オーラがない原因や、オーラがある人になる方法を詳しくチェックしていきましょう!

オーラとは?

オーラはエネルギー

そもそも、オーラとはなんなのでしょうか?

一言で言えば、オーラとはエネルギーです。

  • 覇気
  • 意志
  • 気持ち

こんな言葉で表現しても、分かりやすいかもしれません。

オーラがある人というのは、こうした前向きなエネルギーに溢れている人のこと。

逆にオーラがない人というのは、それらを周りに感じさせない人のことです。

オーラには種類がある

よく色などで表現されることも多いのですが、オーラには種類があります。

そしてそれは、その人の状態などによっても変わります。

ギラギラしたアグレッシブなエネルギーに溢れていることもあれば、春の光のような穏やかなエネルギーに包まれている場合もある。

どちらが上・下ということではなく、周りの人を元気にさせたり、幸せな気持ちにする人を「オーラがある」と表現することが多いです。

なぜオーラが消えてしまうの?

厳密に言えば、オーラが全くない人というのはいません。

しかし周りに「オーラがない」と感じさせてしまうのは、その人がなんらかの理由で、エネルギーをうまく出せていないとき。

いったそれは、どのようなときなのでしょうか?

オーラがない人の特徴

自信を失っている

自信を失っているとき、オーラはなくなってしまいがち。

こういう時は、

  • 姿勢がうつむきがちになる
  • 表情が曇る
  • 声が小さくなる

オーラは基本的に目に見えませんが、人のエネルギーはこうした見える場所や聞こえるものにも表れています。

自信を失っているときは、周りにも「オーラがない」と感じさせます。

自分を過小評価しているとき

自己評価も、オーラに関係します。

実際に凄いことをしたとか結果を残しているとかではなく、自分が自分をどう評価しているか。

それがオーラとなってその人の全身から滲み出るのです。

オーラがある人は、たとえ成功していなくてもオーラがあるのです。

また、自己評価も服装・言葉遣いなどにも表れます。

「自分はダメだ……」と過小評価している人は、自然とその過小評価した自分に相応しいものを選ぶため、周りからも過小評価されてしまうのです。

ネガティブなオーラの人もいる!?

ネガティブなオーラとは?

また、「あの人、失恋して今ヤバイオーラが出てるよ」などと、ネガティブなオーラを感じ取ることもありますよね。

オーラとはエネルギーです。

ポジティブなそれもありますが、もちろんネガティブなものもあります。

  • 怒り
  • 悲しみ
  • 憎しみ

こうした気持ちを強く抱いているときにも、それはオーラとなって表れてしまうのです。

ピリピリ・モヤモヤする人

一緒にいてピリピリしたり、モヤモヤした気持ちが伝わってきたら。

それはその人が、ネガティブなエネルギーを抱いていて、それが自分のエネルギーと反応しているからです。

そんなときはそのネガティブなオーラに引きずられず、話題を切り替えたり、少し気分転換に席を立つのもあり。

オーラを出す効果的な方法

1.自信を持つ

「オーラがある」と言われるために一番効果的なのは、自信を持つことです。

自分の人生を生きる覚悟をして、堂々とする。

意識は日常的に選ぶものや、行動などにも影響します。

まずは自分に自信を持つことが、オーラを出す近道なのです。

2.姿勢をよくする

簡単に「オーラがある」と思わせるには、姿勢をよくすることも効果的です。

背筋を伸ばして、少しだけ顎をあげる。

それだけでも、自信がある堂々とした人に見えます。

それになりより、姿勢をよくすると自分の気持ちも前向きになるもの。

効果的なオーラを出す方法なので、ぜひ活用してみてくださいね。

3.ものを丁寧に扱う

オーラを出したいときには、ものを丁寧に扱うのも効果的。

自分が他人やものにしている扱いは、巡り巡って自分に返ってきます。

ものを丁寧に扱う人は、その存在価値を認めて、大切にできる人。

そういう意識は、きちんと周りの人にも伝わります。

ものを丁寧に扱うと、周りからも同じように認められ、大切に扱ってもらえるのです。

4.口角を上げる

口角を上げることも、姿勢をよくするのと同じ効果があります。

余裕がある人に見えるだけではなく、実際に心にゆとりができるので、

「最近ピリピリしているな〜」と感じるときにおすすめの方法です。

5.自分の好きなものを身に着ける

オーラを出すためには、自分が好きなものを身に着けるのも効果的。

好きなものを身につけていると、それだけで気分が上がり、嬉しくなりますよね。

オーラとはエネルギーです。

あなたの喜びや楽しい気持ちも、周りにいる人に伝わります。

自分の好きなものを身に着けるとポジティブなオーラが出て、周りの人にも良い影響を与えるのです。

この記事のまとめ

「オーラがない人」を卒業する方法

いかがでしたか?

「オーラがないと言われたことがある」

そんな風に思ったときには、今回紹介したことを意識してみてください。

少しずつ、できることがから取り入れていけば、周りに与える印象は着実に変化していきます。

オーラを出せば恋愛でも有利

オーラがある人になれば、パッとみた印象が変わります。

当然、オーラがあれば恋愛でも有利です。

自分さえその気になれば、今この瞬間から『オーラがある人』になることは可能です。

楽しみながら、チャレンジしてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆