運がいい人の特徴7つ!恋愛も仕事もラッキーが続く理由とは?

「なんか、あの人っていつも運がいいよね」

あなたの周りにも、そんな人がいるのではないでしょうか?

  • 出会いのチャンスに恵まれている
  • くじ引きでも当たりを引いていることが多い
  • ピンチでもその人だけ難を逃れる

そんな運がいい人は、側から見ていると羨ましいもの。

「どうしてあの人ばかりラッキーなんだろう?」と首を傾げたくなってしまいますよね。

実はそんな運がいい人たちには、ある共通点があるのです。

その共通点を知っておけば。

あなたも今日から運がいい人になることが可能です。

では、『運がいい人の特徴』をチェックしていきましょう!


【1】セルフイメージが高い

運がいい人のセルフイメージ

人はそれぞれセルフイメージというものを持っています。

運がいい人は、くじ引きなどでも「自分は当たりを引いて当然」と思っているのです。

逆に、「私には無理……」と思っている人は、なかなかラッキーを引き寄せることができません。

セルフイメージを上げよう!

運を良くするには、セルフイメージを上げることが大切。

「私は当然成功する」とか。

「私は当然一番を引き当てる」とか。

まずはそんな風に意識してみてください。

それだけでも、運が良くなるのを感じるはずですよ。

【2】ポジティブなオーラが出ている

運がいい人のオーラとは?

オーラは目に見えないものだけれど。

なんとなく、「あの人は運が良さそうだな」と感じる人っていますよね。

例えば、

  • いつも笑顔
  • 声にハリがある
  • おしゃれ

運がいい人になるには、こうした特徴を取り入れてしまえば良いのです。

形からでもOK!

運がいい人になるには、こんな風に形から入るのも効果的。

パッと見た感じが素敵であれば、周りの人もあなたを素敵な人として扱います。

その結果、良い循環が生まれて、どんどんあなたの周りにラッキーが引き寄せられるのです。

【3】精神的に安定している

運がいい人はメンタルが強い!?

運がいい人は、精神的に安定している傾向があります。

例えば、トラブルに巻き込まれてみんながオロオロしているときでも、一人だけのんびりジュースを飲んでいたり……。

運がいい人は、メンタルが強いのです。

精神的に強くなるには?

精神的に強くたくましくなるには、とにかくオロオロするのを辞めること。

「自分は大丈夫」と思っていうと、本当にその通りになることは案外多いのです。

どんなときでも動じないあなたは、周りからも一目置かれるかも!?

【4】受け取り上手

ラッキーに遠慮しない!

運がいい人は、突然のラッキーを受け取ることができる人です。

例えば、誰かから突然ずっと欲しかったものをプレゼントしてもらえることになっても……

「申し訳ないから、結構です」

と断ってしまうことって、意外と多いもの。

「ありがとう上手」になろう

受け取り上手な人には、人はどんどんプレゼントをしたくなります。

なぜって、喜んでくれると嬉しいからです。

運がいい人は、ラッキーな出来事を遠慮せずに受け取っているから、どんどんラッキーが集まってきます。

その結果、より運がいいように見えるのです。

【5】期待をしない

期待する人としない人の違い

期待する人とは、外れを引いた時にガッカリする人。

期待しない人とは、外れを引いても対して気にしない人です。

運が良い人は、期待をしません。

なので、たとえ外れを引くような出来事があっても全く気にしないのです。

当たりしかなくなる!?

期待しない人は、外れを引いても気にしません。

それはつまり、自分には「外れ」はないと考えているのと同じです。

すると、いつでもご機嫌で楽しい気持ちでいられる。

人は楽しい気持ちでいると、良いものや自分にプラスになるものを見つけやすくなります。

そのため、期待しない人はラッキーにも遭遇しやすく、結果的に運がいい人になるのです。

【6】執着しない

執着とは?

運がいい人は、執着をしません。

なぜなら、執着すると運が下がることを感覚的に知っているからです。

執着とは、「どうしてもこれが欲しい」という気持ちのこと。

その気持ちが強いとイライラして余裕がなくなり、結果的にチャンスを逃してしまうことも多いのです。

軽い気持ちの方がうまくいく!?

何かを手に入れたいときには、実は軽い気持ちでいることが大切。

「頑張って手に入れなきゃ」とガツガツしているときより、

「それは必ず手に入る」と信じて軽い気持ちで楽しんでいるほうが、望む結果は手に入りやすいのです。

執着がない人は自分でも思っている以上の成果を出せる場合も多く、周りからは運がいい人に見えます。

【7】時には流れに身を任せる

流れに委ねるとは?

運がいい人は、流れを読むのがうまいです。

「今はいくべき時」とか、「今は待つべき」というのが感覚的に分かっているのです。

こうした感覚は、本来誰しもが持っているもの。

しかし運が悪い人は、この感覚を見失い、流れを読み間違えてしまうことが多いです。

流れを読む方法

流れを読むためには、まずは自分の感覚に敏感になること。

「なんとなくこう思う」という感覚を大切にすると、うまくいくときの流れが掴めるようになります。

運がいい人になる方法は?

いかがでしたか?

運がいい人になるには、運がいい人の特徴を真似するのが効果t系です。

少し取り入れるだけでも、日常の中でのちょっとした変化を感じるはずですよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日がますます充実したものになりますように……☆