「なんか最近……ツイてない。色々なことが上手く行かないし、頑張れば頑張るほど空回りしている気がする」

もしかすると、あなたも今現在こんな風にお悩みかもしれません。物事が思うように進まないのは辛いですよね。

でも、そんな風に「運に見放されている!?」と感じるときは、逆に『今の自分』を見直すチャンス。今回は、「運に見放されているかも!?」と感じたら見直したい7つの習慣を紹介します。

  • 人生を好転させたい
  • 今の状態を打破したい

そんなあなたにおすすめです。

【1】被害者意識を持ってしまっていないか

「自分は周りの人のせいで不幸になっている」「あの人がいるから自分の人生は上手く進まない」

こうした被害者意識を持ってしまっていると、なかなか物事は良い方向へ進みません。というのも、被害者意識を持っていると、無意識のうちに『自分が幸せになること』を拒んでしまいがちだから。自分自身が不幸でいることや不満を抱えていることで、その対象となる人へ『復讐』をしようと考えてしまうのです。

だからこそ、被害者意識はどこかのタイミングで手放すことが大切。恨みつらみが湧き上がってきたときには、「あの人のおかげで、本当の幸せに気づけた」など、なるべくポジティブな方向に意識を転換するよう心がけみてください。最初は難しくても、『被害者意識を手放す』という方向に考えることができれば、それだけでも充分に大きな一歩です。

【2】セルフイメージは下がっていないか

人は『自分とは何者か』というセルフイメージを、常に心の中に持っています。そして無意識の内に、そのイメージに基づいて発言や行動をしています。そのため、セルフイメージが下がっているときにはあらゆる物事が上手く進まなくなりがちなのです。

「自分はダメだ」「いつも上手くいかない」などの思い込みがあるのであれば、あなたを邪魔しているのはそのセルフイメージかも。

セルフイメージが下がっていると気づいたときには、まずは自分に「私は大丈夫」「いいところが沢山ある」など、前向きな言葉をかけるよう意識してみてください。これまで100回「自分はダメだ」と言い聞かせてきたのだとしたら、その100倍の1万回は言い続ける覚悟で声かけをしてみてください。繰り返していくうちに少しずつ意識が変わり始めます。

【3】『ネガティブ行動』がデフォルトになっていないか

  • いつも人の悪口ばかり言っている
  • 気づくと愚痴やため息ばかり付いている
  • 毎日我慢ばかりしてストレスを溜め込んでいる

こうしたネガティブ行動を繰り返していると、自然と周りには『ネガティブな人』や『ネガティブな出来事』ばかりが集まってきます。

『今の自分からはどんなエネルギーが出ているか』を常に意識して行動してみてください。キラキラしたポジティブなエネルギーが出ていれば、自然とネガティブなものはあなたの周りから去っていきます。

【4】行動がパターン化していないか

人は変化を恐る生き物です。

「変わりたい」と思いつつ、いつもと同じ行動を繰り返し、同じようなパターンにはまっている……という人は、心の奥底では「変化するよりは今の方がマシ!」と思っているのかも。

今の行動パターンを意識的に崩していくよう心がけましょう。新しい趣味を始めたり、今まで行ったことがない街に行ってみるのもおすすめ。こうして小さな『変化』を繰り返すことで抵抗が薄れ、より大きな変化を受け入れやすくなります。

【5】自分を『ゴミ箱』にしていないか

  • 「自分が我慢すればいいや」と考えてしまう
  • 本当は嫌な飲み会も断れずにいつも参加している
  • 部屋の中に何年も来ていない服や不用品がたくさんある

自分の『心』や『時間』や『空間』の使い方を決めるのはあなた自身です。あなた自身が、自分や自分の周りを『ゴミ箱』や『不用品処理工場』にしていたら、素敵な物事はなかなかやってきません。

まずは自分にとっての『不用なもの』を遠ざけることから始めましょう。物や時間はもちろん、人間関係も改めて見直してみると、不必要なものが見えてくるはず。あなたを『愚痴のはけ口』にしているような人とは、無理に付き合う必要はありません。

【6】『そこそこ』で妥協していないか

仕事もそこそこ。恋人もそこそこ。家もそこそこで、友人関係もそこそこ。こうした『そこそこ』の状況って、実は結構心地よいんですよね。一番幸せとは言えないけれど、不満はないしそれなりに満足している……。『一番』から目を背けて暮らしていれば、辛い思いをすることもありません。

でも。だからと言って、『一番好きなもの』への気持ちが消える訳ではないのです。だからこそ、誰かがとびきり素敵なものを手に入れたときに素直に喜べなかったり、『満たされているはずの生活』なのに、何か物足りないような気がしてしまうもの。

一番のものを手に入れるには、今の『そこそこ』を捨てなければなりません。それはとても勇気がいること。でも、本当に欲しい物を手に入れたければ、勇気を出して今持っているものを手放すことが必要なのです。

【7】何かに執着していないか

「どうしてもあれが欲しい」と執着しているときというのは、心の中に「自分は満たされていない」という不満を抱いているときです。不満だからこそ、『何か』を手に入れることで、それを補おうとするのですが、「満たされていない」という気持ちは、たとえ『何か』を手に入れても解消されることはありません。

「愛されていない」→「どうしても自分を愛してくれる恋人が欲しい」→「恋人ができたけれど愛されている気がしない」→「恋人にもっと愛して欲しい」

という具合に、たとえ状況が変わっても「満たされない」という気持ちが変わることはないのです。

大切なのは、自分が何を求めているのかを知ること。なぜその物事に執着しているのかを知ることです。そして、それを自分自身に与えてあげること。

愛されていないと感じるなら、自分が自分を愛すること。認められていないと感じるなら、自分が自分を認めること。周りが理解してくれないと感じるなら、自分が誰よりも自分を理解し味方でいてあげること。

そうして自分を満たしていくと、執着は薄れます。そして執着が薄れると、不思議なもので、これまで停滞していた物事が動き出したりするもの。大切なのは『根元』を変えることです。

運を味方につけて人生を楽しもう

いかがでしたか?

「最近うまくいかない……」と感じた時や、「現状を変えたい!」と思った時。今回紹介した7つのことを意識してみてください。きっと、あなたの生活に変化を与えてくれるはずですよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆