「彼女は高嶺の花だよね……」

あなたの周りにも、もしかするとそんな風に感じる女性がいるかもしれません。中には、自分自身が「高嶺の花」と言われた経験がある人もいるかも!?

深く関わってみれば周りと同じ、普通の女の子だと分かるのに。「仲良くなるにはハードルが高い」と避けられてしまうのはどうしてなのでしょうか?

この記事では、そんな『高嶺の花』な女性の特徴を紹介します。

【高嶺の花】ハードル高すぎで恋愛対象外な女性の特徴7つ

『高嶺の花』とは、手のとどかない憧れの対象をいいます。『花』という言葉から女性に対して使われることが多いですね。

では、そんな女性の特徴をチェックしていきましょう!

【1】お嬢様

  • 親が有名人
  • 家がお金持ち

そんな女の子に対して、「自分とは違う世界の人だな……」と感じる人は多いです。

こうした環境に育った人は、価値観やものの考え方も少し違っていたりするもの。それが『高嶺の花感』を増幅させているかもしれません。

【2】容姿がすば抜けて整っている

  • モデルにスカウトされたことがある
  • 初対面の人に必ず「美人」と言われる

こうした恵まれた容姿の持ち主も『高嶺の花』と思われがち。

本人が美人なので、イケメンしか相手にしないだろうと思われてしまうのです。

【3】所属するグループがハイステイタス

  • お嬢様学校に通っている
  • 友達が美人ばかり
  • 兄弟姉妹が美人揃い

自分は『普通』だとしても。自分の周りの人が『高嶺の花』だと、そのグループに所属している自分も『高嶺の花』として扱われがちです。

【4】突出した才能を持っている

  • スポーツで世界大会に出ている
  • バイオリンで賞を取っている
  • 成績が学年一位

こうした『凄い人』に対しても、「自分には手が届かない存在だ……」と感じてしまう人もいます。

【5】集団のリーダー的存在

意外かもしれませんが、『明るくて元気なリーダー的な存在』の女の子も『高嶺の花』と思われがちです。

  • 友達が多い
  • 先輩後輩と仲が良い
  • 上司や教師とも仲が良い

簡単にいうと『コミュ力』が高い人ですね。このタイプの人は、逆に人付き合いが苦手な人からは『別世界の人』に見えるのです。

【6】元彼がイケメン

前に付き合っていた恋人のステイタスが高い場合も、高嶺の花になりがち。「あのくらいの男じゃないと相手にされない」と思わせてしまうからです。

  • 元彼がイケメン
  • 元彼がお金持ち
  • 元彼が有名人

こうした場合、「自分には無理だ……」とアタックを諦めてしまう男性もいます。

【7】隙がない

  • 男への態度が冷たい
  • 仕事や勉強が出来る
  • なんでも完璧にこなしてしまう

こうしたハイスペックな女性も『高嶺の花』になってしまいがち。周りにいる男性に「俺の力なんてなくても彼女は生きていけるし、相手にされないだろう……」と思わせてしまうからです。

おわりに

いかがでしたか?

『高嶺の花』で恋愛対象外にされてしまう女性は、男性に親しみやすさを感じてもらうことが大切。隙を作るのは特におすすめの方法です。

とはいえ、高嶺の花の女性は同じように『高嶺』にいる男性の目にもつきやすいもの。今現在周りに自分を恋愛対象として意識してくれる男性がいないからといって、あまり落ち込む必要もありません。

自分らしく生きていれば、必ずそんな自分を愛し大切にしてくれる男性は現れます。

自分に自信を持って恋も人生も楽しんでくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】