こんにちは、愛丸さくらです。この記事では、『彼氏ができる100の方法』の3つ目を紹介します。

意識改革の手順とポイントを確認する

第1章の概要を確認する

前回の記事を読む

恋愛したくない女の子の意識

前回は、少女漫画を読むことで「恋をしちゃダメ」という気持ちを解消し、「恋って楽しい!」という気持ちを取り戻すワークを紹介しました。

今回は街で好みのイケメンを探しながら意識改革をしていきます。

ワークの内容

  • 繁華街に繰り出す
  • カフェの店員/すれ違う人などを観察する
  • 好みのイケメンを見つけてときめく

このワークをする意味

このワークは、「恋をしていい」という許可を出すと同時に、日常生活の中にある恋のチャンスや出会いに気づく効果があります。

楽しみながら実践していきましょう!

イケメンにときめく

  • 「あの人かっこいい」とときめく
  • 道行く男性をチェックする
  • 「あの人と付き合ったら……」と妄想する

「恋愛をしちゃダメ」と思っている人は、こうした行動を無意識のうちに遠ざけてしまいます。

街でイケメンにときめくことも、『恋愛を楽しむこと』の許可に繋がります。

こんな意識がワークの邪魔をする

では、「こんなことしたくない!」と感じるのには、どのような意識が影響しているのでしょうか?

自分の意識を探っていきましょう!

まずは自分の心を感じる

『街でイケメンを探している自分』を想像したとき。あなたはどんな風に感じましたか?

  • カッコ悪い
  • 恥ずかしい
  • 申し訳ない

こんな風に感じたとしたら、そこには何かしらの『ネガティブな意識』が隠れている可能性が大。じっくり探っていきましょう!

ちなみに、「余裕!むしろいつもやってます!」とこのワークをすでに楽しめている方は、ここから先は飛ばして次のワークに進んでOKです!

なぜそう感じるのか?

「街でイケメンを探すのに抵抗がある……」と感じた場合は、その理由を探ってみましょう。

「どうして嫌なの?」と自分に質問をして、その答えを探っていきます。頭で考えるだけではなく、ノートに書き出してみるとやりやすいですよ。

例えばこんな感じ

  • ガツガツしていてカッコ悪い
  • 男に飢えているみたいで恥ずかしい
  • 私なんかがイケメンを探すなんておこがましい
  • 周りの女性に笑われそう

まずは自分の中にあるこうした気持ちに気づくことが大切。

「あぁ、私はこんな風に思っているんだな〜」と知ることが、意識改革の第一歩です。

自分に許可を出そう

自分の意識が分かったら、次はそれを変えていきます。

言葉でリードしながら、そこにある自分や恋愛への否定的な意識や思い込みを疑い、変更していくのです。

「○○してOK」

  • 恋愛に意欲的な自分も最高
  • みんな案外普通にやっている
  • 私に見られてイケメンも幸せだわ
  • 周りの女性も私の恋を祝福してくれる

こんな風に、自分の思い込みを言葉で変えていきます。

「ちょっと無理やりだな」と感じる部分があってもOK。

いきなり「〜〜だ!」と思うのが難しければ「〜〜かも?」くらいでも構いません。それでも意識は変化していきます。

とりあえず言ってみる

こんな風に、とりあえず口に出して言ってみる。紙に書いてみる。

それだけでも、これまで抱いていた『ネガティブな思い込み』には風穴が空いています。

すると、そこからこれまでは見えなかった新しい可能性が見えてくるもの。

  • ほんの少し「そうかもな」と思えてくる
  • 実際にそういう事例が見つかる
  • 偶然近くにいた人から同じように言われる

こんな不思議なことが起こり始めます。ぜひ、こうした小さな変化も楽しんでみてください。

やってみよう

自分の意識が『どの程度の強さ』なのかは、実際に行動してみないと分かりません。

言葉で意識をリードしたら、次は行動して意識を変えていきましょう。

イケメンにときめいてみよう

「これまでは街を歩いても異性なんて見ていなかった……」なんて場合、いざイケメンを探そうとするとやっぱりソワソワしたり、なんだか居心地の悪い気持ちになってしまうもの。

そうしたら、「なぜ自分はソワソワしているのかな?」と問いかけてみてください。

なんらかの「私なんて〜」が出てくるはずです。

その自分を許そう

  • 街のイケメンにときめいていい!
  • 恋を楽しんで良い!
  • 女の子らしく男性にキュンとしていい

こんな風に、自分に許可を出していきましょう。

すると不安やモヤモヤは自然と消えていきます。

「興味がない」も分析してみよう!

またこのとき、「全然興味が湧かないな……」と感じる場合はその理由を探ってみるのがおすすめ。

  • 私はガツガツ働いている人が好きだな
  • 私はスポーツマンが好きだな

こんな風に、自分の好みが見えてくる可能性があるからです。その場合、今度はオフィス街やスポーツジムなど『自分好みの異性がいそうな場所』でチャレンジしてみると、また違った結果が得られるかも!

「異性はいくらでもいる」と知ろう

このワークのメリットは、「自分好みの異性は結構たくさんいる」と知れることです。

世の中の半分は男性。その中には自分好みの人もいる。そしてその中には、今フリーで恋人募集中の人がいるかもしれない。

さらにさらに、もしかしたらその人は自分の知りあいと繋がっているかもしれない。

……夢がふくらみませんか?

「出会いなんてない」と決め付けていると見えないけれど。「出会いがあるかも」と意識を変えると、こんな風に考えられるようになるのです。

褒めよう!

いかがでしたか?

(3)のワークはこれで終了です。

「キュンとした!」「楽しめた!」と感じられれば大成功。あなたの中の「恋しちゃダメ」というブロックはボロボロと崩れ始めています。

そんな自分をたっぷり褒めてあげてください。

自分に自信を持って、この調子でワークを進めてくださいね。

(4)友達と恋バナしよう

目次へ戻る

【スポンサーリンク】