彼氏となかなか会えないとき。会った直後は「好きだな」と思うけれど、しばらくしたら「もう会わなくてもいいや」と思う……。多くの女性が、こんな経験をしているのだそうです。そしてそれが「別れようかな」という気持ちに発展してしまうこともしばしば。会いたくて会いたくて仕方がなかったはずなのに、突然気持ちが冷めてしまうのはどうしてなのでしょうか?

彼氏と会う回数が少ないと恋心が冷めてしまう5つの理由

具体的な内容を紹介します。

【1】苦しさを回避するため

「恋人に会いたいのに会えない」という状態は、女性にとって大きなストレス。苦しみを回避する方法は、恋人と会うか、あるいはそもそも『会いたい』という欲求を抱かないようにすること。「もう会わなくてもいいや」と自己暗示をかけるように、思い込もうとする場合もあれば、無意識のうちにそれをしてしまう場合もあるようです。

【2】単純接触の原理

人間は、一度だけ目にしたものよりも、何度も目にしたものに対して好意的な印象を抱きます。これは『単純接触の原理』と呼ばれています。たまにしか会えない彼氏に対しては『レア感』や『特別感』は増して行きますが、純粋な『好き』という気持ちは薄れてしまいがちなのです。

【3】慣れてしまうから

人間は生きていくために、周りの環境に『適応』する能力があります。ゆえに『彼氏と会えない状況』にも次第に慣れてしまうのです。「別に会えなくてもいいや」と感じてしまったとき。それは、あなたが『彼氏がいない生活』に慣れてしまったことを表しているのかもしれません。

【4】脳が勝手に解釈する

人間の脳は『つじつまを合わせようとする習性』を持ち合わせています。彼氏への恋心が冷めてしまったのは、あなたの脳が『あまり会わない彼氏=すきではない』と解釈してしまったからかも。

【5】不幸を回避するため

人間は不幸や危険を回避しようとする生き物です。『彼氏と会えない』という状況からは幸せな未来を連想しにくく、むしろ「この先もずっと寂しい思いをするのかも」などと想像しがち。それが恋心を冷めさせてしまう場合もあります。

次のページ→『恋心を取り戻すには?』

【スポンサーリンク】