大切にされていない!?彼氏の愛を感じないときにするべき行動5つ

彼氏からの愛情が感じられない!

悩める女子
私って、本当に彼氏から愛されているのかな……

もしかすると、あなたもこんな風にお悩みかもしれません。

愛丸さくら
彼氏の態度が冷たかったり愛情表現が少ないと、こんな風に不安になってしまうわよね

悩める女子
そうなんです……悩んでも仕方ないのかなとも思うけど……やっぱりモヤモヤする……

「彼氏から愛されている気がしない」と感じた時には、いったいどうすれば良いのでしょうか?

愛丸さくら
この記事では、その不安を解消する5つの方法を紹介するわ

ということで、「彼氏から愛されてない」と感じたらするべき行動を解説していきます。

1.素直に「愛情が感じられない」と不安を伝える

彼氏に不安を伝える

「彼氏から愛されていない……」と感じたら。まずするべきことは、相手に素直にその不安を伝えること。理由を解説します。

なぜ愛情を感じられないのかを伝えよう

あなたは彼氏への不満をちゃんと言葉にして伝えているでしょうか?

  • lineの頻度が少なくて寂しい
  • もっとデートに行きたい
  • 言葉で愛情表現をして欲しい

こんな風に、自分が求めていることを言葉にして男性に伝えることはとても大切です。

言わずに「気づいて欲しい」と思っても難しい!

というのも、男性には『女性の不満』がなかなか理解できないから。

何も言わずにふてくされていても、男性は彼女がなぜ怒っているのかが分からず途方にくれてしまうもの。

不満や物足りなさを感じたときには、『どうして欲しいのか』を具体的に男性に伝えてみましょう。

男心が分からない女子必見!女には理解できない17の男性心理

2.あれこれ期待するのを辞める

彼氏に期待する

「彼氏から愛されている気がしない……」と感じている女性の中には、期待しすぎてしまっている人もいます。

期待するとガッカリしてしまう!?

「いつも彼氏に期待してガッカリしてしまう……」

こんな風に悩んでいる女性は多いです。

でも、どうして期待は「ガッカリ」に繋がるのでしょうか?

期待はそもそも押し付け!?

  • 今日は迎えに来て欲しいな
  • デートでご馳走して欲しいな
  • 誕生日は豪華な食事がしたいな

こんな風に期待するのは、けしてダメではありません。

でもこれが叶うかどうかは話は別。相手には相手の都合があるし、期待は必ずしも叶えられる訳ではありません。

「期待したこと=愛」という誤解

期待してガッカリする女性は、「期待したことを行ってくれること=愛」と考える傾向があります。

これは逆にいえば、「期待したことをしてくれなければ、自分は愛されていない」と感じているということ。

こんな風に思っていると、相手が自分の思い通りに(期待通りに)動いてくれなければ、いつもガッカリすることになってしまいます。

期待が外れても愛されている!

期待してガッカリしてしまう女性は、こんな風に考えてみてください。

「相手がどんな行動をしようが、私が愛されていることに変わりはない!

たとえプレゼントをくれなくても仕事を優先されても、自分は愛されている。その自信を持つことが、「愛情を感じない」という不満を軽減することに繋がります。

彼氏に期待してがっかり!裏切られてばかりで辛いときの対処3つ

3.「愛されている理由」を見つける

愛されている証拠がない

「彼氏から愛されていない」と感じるときには、ないものにばかり意識が向いてしまいがち。そんなときには視点を変えて、『愛されている証拠』を探してみることも大切です。

小さなことにも感謝してみよう

  • 忙しいのに会いに来てくれた
  • 眠いのにlineをしてくれた
  • 好きな食べ物を買ってきてくれた

こうした何気ない出来事を、人は意外とスルーしてしまいがち。

でもこうした行動も、彼氏の愛があるからこそ。

普段自分に与えられている愛情に感謝することは、『自分は愛されているんだ』と知ることにも繋がります。

「ないもの」ではなく「あるもの」に意識を向ける

「私は愛されていない!」と思っているときには、『愛されていない証拠』ばかりを無意識に探してしまうもの。

しかし「私は愛されている」と思えば、そういう証拠に自然と目が向くようになります。

「愛されていない」と感じるときは、自分の意識がネガティブになっているときでもあるのです。

4.愛されたくない理由を考える

愛さルの拒んでいる

「彼氏から愛されていない」と感じるとき。実はそれはあなた自身が愛されることを拒んでいるからかもしれません。

実は不安で愛されることを拒んでいるかも!?

「愛されたくないわけがない!」と思うかもしれませんが、『愛されること』には意外とデメリットもあります。

  • 「この人でいいのかな?」という不安
  • 愛情を失ってしまうことへの不安
  • 相手を信じて裏切られることへの不安

こうした不安な気持ちがあると、相手からの愛情を「受け取りたくない」と感じてしまいがちです。

自分自信に「愛される許可」を出そう

大切なのは、自分自身に『愛される許可』を出すこと。

「自分はこの愛情を受け取ってもいいのだ」と考え、与えられている愛情をじっくりと味わうこと。

こうして『受け取ること』ができると、実はどんどん『愛される人』になることができるのです。

5.心と体をゆっくり休める

心と体をゆっくり休める

疲れていたり忙しいときにも「愛されていない」と感じてしまいがちです。

体が疲れて言るときは心も不安を感じやすい

あなたは普段、自分に厳しすぎではありませんか?

  • ヘトヘトになるまで働く
  • 無理をして家事をする
  • 完璧な女性であろうとする

こんな風に自分に厳しくしていると、体も心もどんどん疲れてしまいます。

自分をいじめすぎてない?

そして自分をこんな風にいじめていると、無意識にあなたはこんな風に考えるようになってしまいます。

「私は愛されていない存在だ」

なぜかというと、毎日毎日自分自身にいじめられているからです。

これを続けていると、周りの人に対してもどんどん卑屈になってしまうもの。

「彼氏に愛されていない」と感じるときは、まずは肩の力を抜いてゆっくり休む。

そして自分を大切にし、可愛がる時間を増やしてみましょう。

彼氏から愛され大切にされる方法まとめ

「彼氏から愛されてない」と感じたらするべき行動を紹介してきましたが、いかがでしたか?

悩める女子
『自分と向き合う時間』が大切なんですね……!

「彼氏から愛されていない」と感じるときは、相手を責めてしまいがちだけれど。

実は原因は『自分』にある場合も多いのです。

愛丸さくら
『不満』があるのであれば、それは今よりももっと幸せになれる可能性がある、ということ。素敵な未来を信じて、少しずつ考え方や行動を変えてみてね

この記事を読んだあなたには、こちらもおすすめです。

彼氏が自分のことを好きか分からない!彼の気持ちを確認するには?

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆