「最近、恋人にあんまりドキドキしないし喧嘩ばかり。倦怠期なのかなぁ……」

もしかすると、あなたも今こんな風に悩んでいるかもしれません。「恋の寿命は3年」なんて言いますが、付き合いが長くなると恋人との関係もマンネリ化してしまって、いまいち幸せを感じられなくなってしまったりしますよね。

今回はそんな倦怠期のカップルが、恋人に伝えるべき10の言葉を紹介します。

倦怠期の恋人に伝えるべき10の言葉

【1】愛してる

あなたは普段恋人にどのくらいの頻度で「愛している」と伝えていますか?

「恥ずかしくてなかなか言えない」とか、「軽い気持ちで言いたくない」という人もいるかもしれないけれど。倦怠期になるほど相手と長い時間を過ごして来たのなら、そろそろ「愛している」がしっくりくるかも。

【2】ありがとう

付き合いが長くなると、相手が何かしてくれても「当たり前」と思ってしまいがち。でも、その当たり前の中には相手からの愛情がたっぷり詰まっているのだということを忘れてはいけません。

「ありがとう」はそこに「ある」ことを確認する言葉。1日1回など回数を決めて使ってみるのもおすすめです。

【3】あなたのココが好き

「もっとこうして欲しい」と相手への不満を口にすることは増えたかもしれないけれど。相手に好きなところを伝えるタイミング、減ってしまっていませんか?

小さな癖でもふとした瞬間に見せる一面でも。「あなたのそーゆーところが好き」と伝えてみましょう。

【4】会いたい

わざわざ口に出さなくても一緒にいることが当然になってくると、わざわざ「会いたい」とか「一緒にいたい」なんて言わなくなってしまいますよね。

「会おうか?」ではなくあえて「会いたい」という言葉で気持ちを伝えれば、お互いの気持ちを再確認できるかも。

【5】教えて

付き合いが長くなると、相手のことをなんでも知っているような気持ちになってしまいがち。でも改めて考えてみると、自分が知っていることなんて相手のほんの一部にすぎないものです。

  • 恋人の趣味のこと
  • 普段考えていること
  • 仕事のこと

まだまだ恋人について知らないことはたくさんあります。出会ったころのように「教えて」と言ってみましょう。きっと意外な一面が見つかるはずですよ。

【6】○○して

相手のことも意外と知らないけれど。逆に自分のことも相手はまだまだ『知らないことだらけ』です。

「言わなくても分かってくれる」と思わずに、自分が感じていることや「こうして欲しい」という願望は、素直に相手に伝えてみましょう。ちょっとしたことでも言葉に出して伝えると、お互いに誤解していたと気づいたりするものです。

【7】ずっと一緒にいたい

付き合いたてのころはいつも言っていたこの言葉。改めて伝えてみませんか?

「相手も同じように思っているだろうな」とは思っていても、改めて言葉にして聞くと嬉しいものですよ。

【8】幸せ

デートをしているとき。家でゴロゴロしているとき。一緒に食事をしているとき。そうした何気ない日常に「幸せだな」と感じたら、素直に声に出してみましょう。「幸せ」と言われたら、一緒にいる人も幸せな気持ちになるのです。

【9】嬉しい

実は恋人と一緒にいるだけでも、心は「嬉しい」と感じているもの。慣れてしまうとこれも分からなくなってしまうものですが、たまには相手に「嬉しいな」と伝えてみましょう!

【10】応援しているよ

付き合いが長くなると、恋人と自分を『一心同体』のように捉えてしまいがち。ですが、自分には自分の人生が。そして相手には相手の人生があります。

仕事や趣味など、相手が今頑張っていることを心から応援してあげましょう。相手が幸せであることを望む気持ちを思い出せます。

おわりに

いかがでしたか?

恋人に伝えるべき言葉は、自分の中で思い出すべき相手への気持ち。

忘れてしまいがちな言葉の中にこそ、大切なものが隠れています。ぜひこの機会に伝えてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの毎日が素敵な未来につながりますように……☆

【スポンサーリンク】