恋人との喧嘩に疲れたとき

恋人との喧嘩や、すれ違いが続いたとき。「もう別れようかな……」と思ってしまうのは無理もありません。できるなら仲良く付き合っていきたいけれど。なかなか解決するのが難しかったり、疲れてしまったりしますよね。

今回はそんなあなたへ向けて。『恋人と別れるかどうか悩んだときに確認するべきポイント』を8つ紹介します。

【1】付き合い続ける価値が本当にないか

付き合い続けるか別れるか

付き合う価値のある相手って?

  • 相手と一緒にいて幸せを感じられるか
  • 相手への「好き」という気持ちがあるか
  • 相手との幸せな未来が想像できるか

これらに当てはまるのなら、相手はあなたにとって『付き合う価値のある相手』と言えるでしょう。

付き合う必要のない相手

では逆に『もうこれ以上付き合う必要がない相手』とはどんな人なのでしょうか?それは一言で言えば、『一緒にいて幸せを感じられない相手』です。

  • お互いにもう興味がない
  • 「会いたい」「一緒にいたい」という気持ちがない
  • 将来が想像できない

こうした場合には相手と一緒にいても喜びや幸せよりも、退屈や不満を感じることが多いかも。

自分の気持ちがわからない場合

相手との関係がうまく行っていないと、そもそも自分の気持ちがわからなくなってしまいますよね。喧嘩中には「もう無理」と思っても仲直りするとやっぱり「一緒にいたい」と思ったり……。

そうした気持ちは、どちらも自分の本心。まずはそんな矛盾する自分の気持ちを受け入れてあげることが大切です。

根底にあるのは「幸せになりたい」という思い

「別れたい」という気持ちも「一緒にいたい」という気持ちも。どちらも根底にあるのは「幸せになりたい」という思い。だから、どちらの気持ちも間違いというわけではないのです。

付き合い続けるか否か

気持ちが冷めてしまうのはしかたがないこと。そして別れを選ぶのも決して悪いことではありません。ただ、すれ違いや喧嘩が理由で「別れたい」と思っている場合には、まだ相手への「好き」という気持ちが大きい場合も多く改善の余地があるかも。

【2】乗り越えることは不可能か

恋愛の山を乗り越える

別れたい理由

あなたは今、何か理由があるからこそ「恋人と別れよう」と考えているのだと思います。その問題とは「そもそも好きなのかどうか分からなくなった」「相手が浮気をした」など、さまざまでしょう。

すぐにでも別れたほうが良い場合

  • 暴力を震われている
  • お金を盗まれている
  • 友達と浮気された

もし、こうした『あなたの人格を踏みにじるような行為』を受けている場合。無理に相手を許すより、離れてより自分を大切にしてくれる相手を選ぶほうがよいかもしれません。なによりもまず、1人で苦しまずに周りの人に相談してください。

解決することは可能か?

  • 相手への気持ちが冷めてしまった
  • 相手の行為を許せない
  • 相手との性格の不一致

こうした『別れたい理由』は解決できる場合もあれば解決が困難な場合もあります。が、いずれの場合もそれを上回る「相手と一緒にいたい理由」があれば案外気にならないもの。

悪いところよりも良いところを見よう

相手の悪いところより良いところを見る
問題を解決したいときには、問題そのものではなく『相手のいいところ』や『一緒にいて楽しいと思う瞬間』に意識を向けたほうが、実は解決の糸口が見つかりやすいのです。

どの状態を良しとするか?

付き合いが長くなると、2人の関係は少しずつ変わっていくもの。「付き合いたてのラブラブ状態」は楽しいけれど、「ある程度落ち着いた関係」にも素晴らしい魅力がたくさんあります。

どの状態をよしとするかは人それぞれですが、今の2人の関係を客観的に見つめてみると、意外と「今の関係もありかも」と思えるかもしれません。

喧嘩を解決する方法

喧嘩を解決したいときには、自分の素直な気持ちを相手に伝えることが大切。怒りや不満をぶつけるのではなく、自分が感じた寂しさや相手への思いを伝えられると、方向が変わる場合もあります。

関連記事:「でも、別れたくない……」喧嘩の多いカップルが改善すべき10の事

問題を乗り越えるかどうか

綺麗ごとではありますが、あえて言います。乗り越えられない問題はその人の前に現れません。ただ、「乗り越えない」という選択をするのもあなたの自由。『できる』『できない』ではなくて、『やりたいのか』『やりたくないのか』で考えてみてください。

きっと、どうすることが幸せなのか、今までより少しだけクリアに見えてくると思います。

【3】あなたの中の「恋人とはこうあるべきだ」を一度見直してみる

恋人とはこうあるべきか?を見直す

理想の恋愛とは

ほとんどの人は、恋愛に関して理想を持っていると思います。「背の高い素敵な人と付き合って、休日はいろいろなところへデートして、3年後には結婚して……」などなど。

しかしそれは、あなたにとって本当に幸せなことなのでしょうか。恋愛に対して憧れが強ければ強いほど、その「理想」を相手に押し付けてしまいがちです。

2人だけの理想がベスト

しかし、恋愛をすることの意義、恋愛で幸せを感じられる瞬間というのは『恋人とデートをすること』自体ではなくて、その中で『笑顔で、愛し合って時間を共有すること』のはず。

形は一つではありません。カップルの数だけ幸せの形も違います。「恋人なんだからこうしたい」ではなく、「2人でどういう時間を過ごしたら幸せか」を考えてみましょう。

やりたいことは素直に伝えよう

「高いお店で恋人とディナーをするのが夢」というのであればそれを伝えてみましょう。叶えてもらえば良いのですが、「恋人なんだからそれが当たり前。それが幸せの形。そうでなければ幸せではない」と決めつけてしまうと、目の前にある幸せを逃してしまいます。

また、相手の『理想の恋人像』も一度じっくり聞いてみると良いかもしれません。

【4】相手に不満を伝えたか

相手に不満を伝えてみよう

何回言っても伝わらない

「何回言っても分かってくれない」「こんなに態度に出しているのに気付いてくれない」……あなたは恋人にたいしてこんな風に思っているかもしれません。

しかしあなたが何らかの形で不満をアピールしたにせよ、『相手にきちんと伝わっていない』のであれば、残念ながら伝えていないのと同じです。あなたがなぜ不満なのか、なぜ別れたいとまで思っているのか。それを相手がきちんと納得するまで伝えてみましょう。

男と女は違う

特に男性が相手の場合、それはとても重要です。なぜなら、男性は『読み取る』『察する』ことがとても苦手だから。「よく分からないけど泣かれた」「よく分からないけど怒られた」……彼女との喧嘩で、そんな風に思う男性はとても多いのです。

人それぞれ『当たり前』は違う

一生懸命伝えたにも関わらず、相手が何も変わってくれない。「どうして」「なんで」「何が不満なの?」……そう言われ続ければガックリきて、「もういいよ」と言いたくなってしまうと思います。しかし、しかたがないと言えばしかたがありません。

感覚を理解するのは難しい

「白米を食べると、昔メキシコで食べたマンゴーアイスを思い出して寂しくなる」……そんなことを言っている『マイケルさん』がいたとします。あまり理解できないですよね。「自分の中にない感覚」というのは人は頭では理解できても、気持ちではなかなか理解できないもの。

上の例に関しても「それマンゴーアイスじゃなくて、きりたんぽだったんじゃないの?」「なんでマンゴーアイスを思い出すと寂しいの? ま、でも外国の人ってそうゆうもんなのかな……」などと無理矢理に納得いく説明を創作してしまいます。

同じ感覚がない場合

相手と同じ感覚や気持ちでいるか
これは恋愛でも同じなのです。

「手、つないでくれないと寂しいよ」と言ってみたところで、相手にもあなたと同じように「手をつながないと寂しい」という感覚がなければ、その寂しさは全く伝わりません。

あなたが「なぜ悲しいのか」「なぜ嫌なのか」を彼が理解できるまで伝えましょう。そうしないと、相手はその行動をやめること、あるいは変えることができません。

全力で相手に伝えよう

「手、繋いで。寂しいから」だけではなく。

  • あなたがどのくらい「手をつなぐ」という行為に憧れているのか
  • あなたは手をつないだらどのように幸せなのか
  • あなたがいう「寂しい」とはどの程度のものなのか。胸が張り裂けそうなくらいなのか、枝毛が一本増える程度なのか
  • このまま手を繋がないと、あなたにどのような弊害があるのか

こうしたことも、比喩・ジェスチャー・体験談などを交えて、より分かりやすく具体的に、そして正確に相手に伝えましょう。

【5】なぜ別れたいのか

別れたい理由は何だろう

なぜ?を追求してみる

別れたい理由は、辛いから。これに尽きるのではないでしょうか。「なんでこんな人を好きになってしまったんだろう……」と思うことすらあるかもしれません。しかし「辛いのがなぜか」をしっかり考えてみないと、なかなか問題は解決しません。

「別れようか……どうしようか……好きだし、別れたくないけどこのまま付き合っていても先がないかも……」なんて思う場合は、別れたい理由を今までよりもっと明確にしてみましょう。

ノートに書き出すと分かりやすい

例えばこんな感じです。

  • 先がない→彼が結婚に踏み切ってくれない→本当は私のことが好きではないのかもという不安
  • 結婚できない→子供が欲しいから結婚できないのは困る→彼にいつか捨てられるかもという不安
  • 束縛が激しい→信頼されていないという不満
  • デートの回数が少ない→他の女がいるのかもしれないという疑惑

こうして書き出してみると、どうしたら解決できるのかが見えてくるかもしれません。

【6】あなたの「理想の人」はどんな人か

あなたの理想の恋人

どんな恋が理想?

あなたは、どんな人と恋愛をしたいのでしょうか?よーく考えてみてください。もっと優しい人……思いやりのある人……きっと、今の恋人に足りない部分が沢山浮かんだと思います。

しかし、「彼みたいに一緒にいて楽な人がいいな……」「あいつもカッコイイところはあるんだけどな……」など『今の恋人に当てはまる部分』もあったのではないでしょうか。

今の相手にもいいところがある

新しい相手を探したところで「何もかもが彼より最高!」という人はなかなか見つからないかもしれません。「はぁ……別れたほうが良いのかなー」と悩むのは、相手の良いところも知っているからこそですよね。

『別れ』に踏み切れない人は、新しい相手を探すより、今の相手と付き合い続けたほうが幸せなのかもしれません。そして、相手を変えるよりも先に、自分にできることがまだ残されているかもしれません。

【7】素直にぶつかれていたか

気持ちを素直に伝えてみる

心を伝えよう

今まで、あなたは恋人とどのくらい『本音』でぶつかり合ってきたでしょうか。ちょっとしたことから、深い話、グロテスクな話、鼻血が出そうな甘ったるい愛の言葉……『うわっつら』ではなくて、本当のあなたの言葉、あなたの心を伝えてきましたか? そして、相手の心を受け取ってきましたか?

時間を作る

なかには「伝えようとしているけれど喋るのが苦手」という人もいると思います。お酒の席でも、メールでも、手紙でも、なんでも構いません。時々、2人きりで心をさらけ出す時間を作ってみてください。きっと、2人に取ってかけがえのない時間になるはずです。そして『心のつながり』を実感できるはずです。

【8】本当に後悔しないか

別れて後悔しないか

恥ずかしくてもいいんじゃない?

「ちょっと後悔するかも……」と思えたのなら、今すぐ電話しましょう。遅くて後悔することはしょっちゅうですが、早くて後悔することはあまりありません。

「もう二度と連絡しないから」と冷たく宣言した直後だろうが、構わないではありませんか。一体誰が困るのでしょう。せいぜい「なんだよ、連絡しないんじゃないのかよ」とほんの少しだけ嬉しそうな相手に突っ込まれて、恥ずかしい思いをするくらいでしょう。

恋愛なんてそんなもんです。カッコ良く、スマートにやりたいけれど、なかなか上手にできない。誰だってそんなもんです。過去の人も未来の人も、偉い人も中学生も、世界中、みんなそんなもんです。(笑)

うまく言えなくても伝わることがある

言うことがまとまっていなくても「ちょっと後悔するかもしれないから電話した」で構いません。「相手に迷惑かも……」と考えてしまうかもしれませんが、あなたがかけた一本の電話は、二人にとって運命の電話かもしれないのです。

素直に気持ちを伝えられそうだ、と思ったらその時に、素直に行動してしまいましょう。やらない後悔より、やった後悔をしましょう。

別れを選ぶことは悪いことではない

もしも別れることになっても、あなたが相手と、自分の気持ちにしっかりと向き合って、行動したのなら、きっと後悔しないはずです。「こんなこと言ってもしょうもないかも……」なんて思わずに、ちょっとしたことも話し合ってみましょう。

喧嘩を減らすにはココを意識しよう!


いかがでしたか?

喧嘩の話し合いのときなど、お互いにイライラして、ついついキツい口調になってしまうこともあると思います。仲直りしようと思っていたのに、さらに喧嘩が激しくなった……なんて経験をお持ちの人も少なくないのではないでしょうか。

そういうときは『好きな食べ物を食べながら話す』『2人の好きな思い出の場所で話す』などして、外的な要因でイライラを減らしましょう。

もちろん、別れを選ぶのは悪いことではありません。悪縁を断ち切らなければ、なかなか良い縁が転がってこないのも事実です。しかし、せっかく出会って愛し合った彼との縁。もう一度見つめ直すのと、新しい形の『幸せ』も見えてくるかもしれません(^ ^;)

長い記事になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。そして暖かい応援にも感謝いたします。

あなたの恋が上手く進みますように……☆

【スポンサーリンク】