【第五章】オーケーサインを返してさらに恋を進展させる

好意の受け取り方

好意のサイン2

第四章では、【第四章】(31)男性は好きな女の子には優しくするなど、男性が出す好意のサインについて解説してきました。

相手からの好意を感じたとき、あなたはどのようなリアクションを返していますか?

恋愛経験の少ない女性は、異性から「可愛いね」と褒められたときに「そんなことないです!」と否定してしまいがちです。

しかしこうして謙遜したり、恐縮してしまうことが、実は恋愛の進展を妨げる要因になってしまうのです。

男性からの『好意のサイン』の意味

あなたは、どのような時に異性に『好意のサイン』を出しますか?

そう、相手との距離を縮めたいときですよね。そしてそれは男性も同じです。

褒め言葉をかけてくれたり、優しくしてくれたり、あるいは軽いボディタッチをしてきたり。

男性からの好意のサインには「僕はあなたに魅力を感じています。これからもっと仲良くなりませんか?」という密かなメッセージが込められています。

謙遜や遠慮は『お断り』?

あなたに自分の好意を受け取って欲しいのです。そして喜んで欲しいと思っています。

しかし、冒頭でも紹介したとおり、恋愛経験が少ない女性は『褒め言葉』や『お金を多く出してくれる』『優しくしてくれる』などの好意のサインに対して、遠慮や謙遜をしてしまいがち。

「遠慮します」「結構です」「悪いので」「そんなことないよ」などのお断りは、そのまま「あなたの好意はお断りです」というメッセージとして相手に伝わってしまいます。

基本は「ありがとう」

また、相手の好意のサインを受け取りつつも「ごめんね」と答えてしまうのも『お断り』のサインと同じようなニュアンスで相手に伝わってしまいます。

もちろん、実際にとんでもない迷惑をかけたのであれば「ごめんなさい」は必要ですが、そうではなく、相手が好意でごちそうしてくれたり、褒め言葉をかけてくれた場合は「ごめんなさい」ではなくて「ありがとう」と言うようにしましょう。

それが「あなたの好意をしっかり受け取った」「あなたの好意を嬉しく思う」という意思表示になります。

これこそが『オーケーサイン』です。

あなたがオーケーサインを返すことによって、相手の男性には「もっと関係を進めていいんだな」と思ってもらえます。

恋愛を円滑に進めていく上で、オーケーサインは欠かせないものなのです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆