『メールには質問文』だけど……

メールの返信率を上げる方法

以前『メールにいれる質問文ってどんなものが良いの?』という記事をアップしました。

メールの文中に質問を入れることで、相手も返信をしやすくなります。

しかし、実は『質問文よりももっと確実に相手からのメールの返信率を上げる方法』があることを、あなたはご存知でしょうか?

メールの返信率を劇的に上げる『褒メール』って?

『褒める』

褒める

気になる異性からのメールの返信率を劇的に上げる方法。それは、相手のことを『褒める』ことです。

メールの本文中に、相手に対する賞賛の言葉を入れる。たったそれだけの事で、メールの返信率は劇的にアップします。

具体的な内容

内容

しかし『あの人は外見がカッコイイ』と社内で有名、本人にもその噂が伝わっているであろう人に、「カッコイイです」といっても、相手を喜ばせる効果は薄いです。

なぜなら、そんなことは言われなれていて、もうすでにその言葉に対する感覚は麻痺してしまっているから。

「○○さんってオーラがありますよね」
「○○さんが、いつも後輩の私たちにも優しく声をかけてくれて嬉しいです」

などなど『あまり人に気付かれていない事』を褒めてあげるのが一番良いです。それが相手も努力していることであれば「この子は自分のことを分かってくれている」とさらに高感度もアップします。

好きな人のことは自然と目で追ってしまっているもの。あなたしか知らない彼の良いところがあれば、どんどん褒めてあげましょう。

褒められると誰でも嬉しい

褒められると嬉しい

なぜ、『褒める』ことで返信率をあげることができるのでしょうか?

それは、人は誰でも心の中に「認められたい」「自分のことを理解して欲しい」という願望を抱いているからです。

『褒める』は相手のその願望を叶える好意。褒められることで、人は「この人は自分を認めてくれている」と感じるのです。

好意の返報性

好意の返報性

また、人には『好意の返報性』という心理があります。(参考記事:片思い必見!覚えておいて損はない7つの恋愛心理とその応用テクニック

これは簡単にいうと、自分に向けられた好意に対して「お返しをしたい」と感じる心理のこと。「褒められた」という嬉しさとこの『好意の返報性』によって、相手の「メールを返信したい」という気持ちは高まります。

「返信したい」と思わせること

返信したいメール

メールの返信をするかしないかは相手の気持ち次第です。いくら質問文を入れても、相手が「返信したい」と思えなければやりとりはやがて途絶えてしまいます。

メールのやりとりを続ける上で大切なのは、相手に自発的に「この人とメールをしたい」と思ってもらうこと。そしてその効果的な方法の1つが『相手を褒めること』なのです。

この子とメールすると楽しい!と思わせることが出来れば、自然と相手はあなたからのメールを楽しみに待ってくれます。そしてメールを受け取るために、必然的に返信をしてくれるようになるのです。

おわりに

いかがでしたか?

あまりやりすぎると「何か狙ってる?」と怪しまれる可能性もありますが…(笑)

恋愛に限らず、相手の良いところはどんどん褒めて上げましょう(^^)きっと素敵な対人関係が築けますよ。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋愛が上手くいきますように……☆