恋人との関係にときめきを

恋人との関係

「彼氏のことは好きだけれど、どこか満たされていない気がする」

そんな風に悩んだ経験が、あなたにもあるかもしれません。

  • 彼から愛されている気がしない
  • 彼との毎日にトキメキがない
  • 夜の生活に不満がある

など理由は様々ですが、恋愛初期のテンションが落ち着き、関係が落ち着いてきた頃にこうした不満を抱く女性が多いようです。

今回はそんな女性におすすめ。
恋人との関係を「ぽっ」と温める、魔法のように効果的な20の方法を紹介します。

恋人との関係を「ぽっ」と温める20の魔法

【1】「愛してる」を伝えてみる

愛してる

あなたは普段、どのくらいの頻度で恋人に愛を伝えていますか?

「伝えなくても分かっているはず」「向こうが言ってくれないから自分も言わない」「恥ずかしいから言わない」などの理由で言葉を口にしない人は多いのですが、人の気持ちは目に見えないもの。だからこそ言葉という『形』にして表現することが大切です。

思い切って「愛してる」を伝えてみてください。

【2】プレゼントをしてみる

プレゼント

誕生日やクリスマス以外でも。
恋人が喜ぶプレゼントを探してみましょう。

相手が女性なら花、男性なら手料理やお弁当の差し入れも喜ばれるかもしれません。大切なのは金額ではなく、相手を喜ばせたいという気持ちです。

【3】手紙を書く

手紙を書く

手紙だけで渡すのでも、プレゼントに添えるのでもよし。

メールの絵文字やラインのスタンプも、文字の温かみには敵いません。普段は照れくさくてなかなか言えないことも、手紙ならば不思議と伝えられるもの。

【4】電話をする

電話をする

「電話なんて時間もお金もかかってめんどくさい」

そんな風に感じる気持ち、分かります。場所も選ぶし相手の都合も考えなくてはならないし、電話って面倒ですよね。

そんな人は是非『3分間だけ』電話をしてみてください。「ちょっと声が聞きたかっただけだからすぐに切るね」と前置きすれば、相手も電話に応じ易くなります。

お互いの声を聞けばそれだけで伝わる想いもあります。そしてそれは、メールやラインだけではやはり伝わりきらないものです。

こちらから電話をかける、「声が聞きたい」と伝えるというアクションも、相手からすると嬉しいものですよ。ただし『やり過ぎ』にならないようにご注意を!

【5】怒るのをやめる

怒らない

付き合いが長くなると、相手への不満も出てくると思います。「考えすぎかな」と思う場合もあれば「どう考えても相手が悪い」と感じる場合もあるでしょう。

恋人を怒らせてしまったときにするべき5つのこと』の記事で解説しましたが、人が怒るのはその人にとっての『大切なもの』を守るためです。

だからこそ、嫌なことが続いたり体調が悪いときには人は自分を守るために怒りっぽく、攻撃的になってしまいがちです。

ですが、相手はあなたやあなたの大切なものを傷つけようと思って、それらの行動をしているわけではないはず。あなたが『傷つけられた』と感じるのは、相手があなたの大切なものを理解できていないからです。

怒りの感情は相手を屈服させるためには有効ですが、それは『より良い関係を築く』のとは逆のこと。いっそ手放してしまった方が、今後の関係を良くしていくためには効果的です。

【6】相手のことを褒める

褒める

誰だって褒められると嬉しいもの。
「可愛い」「性格が好き」「目が好き」「ファッションセンスが最高」などなど、相手のことを褒めてあげましょう。

ただの友達同士では「下心があるの?」と疑われてしまいそうな歯が浮くセリフも、恋人同士ならば問題なし!

心ゆくまで褒めて愛でてあげましょう。あなたしか知らない恋人の『素敵な一面』も再認識できるかもしれません。

【7】一番にしてあげる

一番

特に女性は『好きな人の一番になりたい』という気持ちが強いもの。

とはいえ、仕事や友人関係などがある以上、なかなか恋人だけを優先し、一番にするのは難しいものです。

しかし、限られた時間内であればそれも出来ないことではありません。

  • デートのときには携帯を見ないようにする
  • 記念日や誕生日には有給をとって出かける
  • 『初めてのこと』をしてあげる

などなど、全てにおいて一番をプレゼントするのは難しくとも。ときどきは恋人を優先し、恋人のためだけに何かをしてあげてください。些細なことでも『自分を選んでくれた』という事実が相手の心を満たします。

【8】美味しいものを食べに行く

美味しいもの

食事は、人間の欲求を満たすもっとも手軽な行為。美味しい食事は、その時間やその1日の満足度をも高めます。

毎回ではなくとも、ときどきは深く思い出に残るような美味しいものを2人で食べに行きましょう。

【9】写真を撮る

写真を撮る

『写真を撮る』という行動は、思い出を形に残す行為です。

綺麗な景色の場所を見つけたとき。相手の笑顔が素敵だなと思ったとき。一緒に写真を撮りましょう。『大切な思い出にしたい』という気持ちが、相手にも伝わります。

【10】求める

求める

人は誰しも『必要とされたい』という気持ちを抱いているもの。男性は仕事、女性は恋愛にそれを求める傾向がありますが、自分の好きな人から必要とされるのは、やはり嬉しいものです。

「あなたとデートに行きたい」「あなたとキスがしたい」「あなたとエッチがしたい」「一緒にいたい」などなど、相手のことを求めましょう。『あなた(君)と』がポイントです。

【11】おねだりする

おねだり

「相手に迷惑かな」という気持ちから、お願い事や頼みごとを避けてしまう人は多いのですが、【10】で紹介した『必要とされたい』という願望を満たすためには、相手におねだりをすることが有効です。

特にこれは、男性のプライドをくすぐるのにとても効果的。「テレビの配線をしてほしい」「棚の上のものをとってほしい」「荷物を運ぶのを手伝ってほしい」など、日常の中で恋人に対して『お願い事』をしてみてください。

女性が相手の場合には「手料理が食べたい」などがおすすめ。意外かもしれませんが、「スカートを履いてほしい」などの服装に関するお願いも、意外と喜ばれるものです。

【12】語り合う

相手の話しを聞く

付き合いが長くなると、恋人の話も「はいはい」と受け流してしまいがち。ときには相手とじっくり語り合う時間を設けましょう。

また、そのときには自分が話すことよりも、相手の話にしっかり耳を傾けることに意識を向けて見てください。人間は基本的に『相手の話を聞くこと』よりも『自分が話すこと』に快楽を感じる生き物だからです。

なるべく「そうなんだね」「すごいね」などの肯定的な相槌を打ったり「それでどうなったの?」などと続きを促してあげると、相手も話しがしやすくなります。

【13】喜ぶ

喜ぶ

相手と一緒に過ごしているときや、相手が自分に対して何かをしてくれたとき。素直に喜びを表現しましょう。

「一緒にいられて嬉しいよ」などと言葉にして気持ちを伝えることもおすすめです。

【14】見つめ合う

見つめる

「目があったら好きになってしまった」という経験を持つ人が多いように、視線はときに言葉以上の効果を発揮します。『見る』という行為は、相手への興味を伝えるもっともシンプルな方法だからです。

見つめ合えるのは、恋人同士の特権。ぜひ、じーっと見つめあってみてください。

【15】触れる

触れる

触れあうことで、幸せホルモンとも呼ばれるオキシトシンを分泌させることができます。

相手と触れあう時間をなるべく多く設けましょう。ただ手をつなぐもよし、体を重ねるもよし、抱き合ってじゃれ合うもよし。ぬくもりを伝え合うと、不思議と心も暖かくなるものです。

【16】笑う

笑う

恋人と一緒に過ごしているとき。どのくらい笑いあっていますか?

ちょっとした冗談で笑い合ったり、くすぐり合って転げたり。恋人と一緒に笑う時間を作ってみてください。

【17】サプライズをする

サプライズ

付き合いが長くなると、相手の行動もだいたい予測できるようになるもの。

ときにはそれを、良い意味で裏切ってみてください。

例えばいつもよりも少しだけおめかしをしてみたり、小さなプレゼントを用意するのもその1つ。お金や時間がかかったものでなくてもいいんです。相手の『予想以上』を演出してみてください。

【18】相手の趣味にチャレンジしてみる

趣味

音楽、本、漫画、食べ物、スポーツ、テレビ番組などなど、相手の趣味や好きなものにチャレンジしてみましょう。

全てを理解するのは難しいと思いますが、やってみると意外と面白いと感じるものもあるかもしれません。

共通する「好きなもの」が増えれば、それだけ一緒に楽しんだり、喜べる時間を増やすことができます。

【19】相手を信じる

信頼

言葉、行動、能力、才能などなど。
相手のことを全力で信じてあげましょう。

「こうしな」「ああしな」とアドバイスをしてあげることもときには大切ですが、それ以上に重要なのは「あなた(君)なら大丈夫!」と恋人を支えてあげることです。恋人からの『信頼』は何よりのパワーになります。

【20】「ありがとう」を伝える

ありがとう

生まれてきてくれて。生きていてくれて。自分と出会ってくれてありがとう。自分を選んでくれてありがとう。優しくしてくれてありがとう。大切にしてくれてありがとう。いつも愛してくれてありがとう。

大切な人にそんな「ありがとう」を伝えましょう。

酔った勢いの「愛してる」はなかなか信用されないものですが、「ありがとう」はなぜだかスムーズに相手の心に届くもの。恥ずかしければ、お酒の力を借りるのもあり。

お酒を飲めない場合には、手紙やメールで伝えるのもおすすめです。

心を込めた「ありがとう」を相手に伝えてあげてください。

小さな幸せを積み重ねる

いかがでしたか?

まだまだ「ぽっ」とする瞬間は沢山ありますが、大切なのは小さな幸せを積み重ねること。

燃えるような恋をずっと継続することは出来ないかもしれませんが、小さな炎を絶やさないように、息を吹きかけてあげることはずっと続けていけることなのかもしれません(^^)

いつも温かい応援をありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆