期待するのをやめる効果!他人に期待しない生き方で対人関係が楽になる

他人に期待するのをやめる効果とは?

「人に期待しすぎて疲れてしまう」

そう悩む人は、少なくありません。

実は私自身、かつては自分や周りに期待しすぎて、空回りしてばかりでした。

他人への過度な期待は、自分自身をも苦しめる結果につながってしまいます。

期待しなければ良いと分かっているけれど。

でも、それがなかなかできないもの。

そもそも、期待をやめることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、『期待しない生き方』のメリットを紹介していきますね。

【1】落ち込むことがなくなり精神的に安定する

そもそも期待は叶いにくいもの

他人に期待する人は、日常生活の中でも何かと落ち込むことが多いと思います。

なぜなら多くの場合、期待は裏切られるものだから。

でも、どうして期待を裏切られると人は落ち込んでしまうのでしょうか?

期待が叶わない=自分には価値がない!?

期待が外れたとき、人は以下のように感じてしまいます。

  • 自分は愛されていない
  • 自分には価値がない
  • 自分は大切にされていない

だからこそ、期待が外れると人は落ち込んでしまうのですね。

本当は落ち込む必要はない!?

しかし、期待が外れたからと言って、本来は落ち込む必要はないのです。

なぜなら、期待が外れたからと言って、愛されていない訳でも価値がない訳でもないからです。

期待が外れたら、それは相手の「やり方」が自分の想定とは違っただけ。

そして、そもそも人それぞれやり方や表現方法が違うのは当然です。

期待をやめることは「違い」を受け入れること

期待をやめることは、自分と相手の「違い」を受け入れることでもあります。

自分が期待した通りのことをしてくれなくても、それが相手のやり方なのだと受け入れること。

それは、「自分が思っている(期待している)ことだけが正しい」という思いを手放すことでもあります。

こうして人との違いを受け入れられるようになると、人に振り回されることも減り、精神的にも安定していきます。

【2】「今この瞬間」を楽しめるようになる

期待は「ないもの」を求める行為

期待とは、今持っていないものを求める行為です。

それは、「足りない」という気持ちにフォーカスしている状態でもあります。

「今のこの満たされない気持ちを、満たして欲しい!」

期待は、こうした気持ちから生まれるものなのです。

期待をやめる=不足感を手放す

期待をやめることは、今の現実への不満や不足感を手放す事でもあります。

「足りないから欲しい!」と思うのを、ひとまずやめてみること。

人間は、何か1つのことを考えているときには、他のこと……とくに正反対の物事については考えられないものです。

「足りない」と思うのをやめると、頭にも心にも余裕ができます。すると今度は逆に、「今の自分が持っているもの」に目を向けられるようになるのです。

「今」にも素晴らしいものはたくさんある

「欲しい欲しい」と期待しているときには気づけないものだけれど。「今この瞬間」には、素晴らしいものがたくさんあります。

それに気づけるようになると、自然と心も満たされるし、目の前のことに集中できるようになります。

すると自然と毎日が充実するし、結果的に「さらに素晴らしい出来事」を引き寄せていけるのです。

期待をやめると、期待していたときよりも、結果的に物事がうまく進むようになるのです。

【3】対人関係が良くなり周りから愛されるようになる

期待する人はいつも怒っている!?

基本的に「期待しすぎてしまう人」というのは、よく怒っています。

期待が外れるたびに、相手に攻撃されたように感じてしまうからです。

……しかし、相手は傷つけようと思って期待を裏切ったのではありません。相手は相手なりのベストな行動をしただけです。

にも関わらず「どうしてそんなことをするの!?」と怒られたら、嫌な気持ちになってしまうもの。

期待する人は、周りとの関係がギクシャクすることが多いのです。

何も損していないと気付こう

「期待していたものが手に入らない」というのは、よくある事です。

そこで「自分は不幸だ!」とか「損をした!」とか「裏切られた!」と思ってしまうのではなく。

「これはこれ」と受け入れて楽しむ。

大切なのはその余裕を持つ事です。

「期待することをやめたら楽しくない」と考える人がいますが、むしろ期待をやめることで、本当の意味で人生を楽しむことができるようになります。

期待が外れたとしても、私たちは何も「損」をしてはいないのです。

ピリピリしていないと近づきやすい!

いつも怒っている人には、近づきにくいですよね(笑)

期待をやめると怒ることも減ります。すると自然と、周りの人もあなたに近づきやすくなるのです。

そしてなにより、あなた自身の「他人を見る目」が変わり、ありのままの相手の姿を受けいれることができるようになります。

他人の良いところもどんどん発見できるようになるので、対人関係がどんどん良くなっていくのです。

【4】不思議と人生が上手くいくようになる

期待しない人生はつまらない!?

「期待しない人生」って、なんだか退屈そうに聞こえませんか?

でも、実際は逆。期待をやめることで人生はどんどん充実していくし、不思議と期待していたころよりも物事が上手く進むようになるのです。

動じる人ほどトラブルに弱い!?

人生には、ときにトラブルに見える出来事が起こります。しかし後から振り返ると、そのトラブルこそが「人生の転機」に繋がっていたりするもの。

しかし、そのトラブルのときに落ち込んだり動揺している人は、そこに潜んでいるチャンスになかなか気づけません。

「期待する人」はトラブルにも弱い傾向があるので、結果的にチャンスを逃してしまいがちなのです。

「大丈夫」と構えていればOK!

期待が外れたとしても。予想外のトラブルに遭遇したとしても。大切なのは「大丈夫」と大きく構えていることです。

「ピンチはチャンス」と思えている人は、それだけピンチの中からチャンスを見つけるのも早いです。

そして振り回されて疲れてしまうこともないので、チャンスを見つけたときにしっかり行動できます。

「期待しないこと」は、目の前の現実に動じないこと。それにより結果的に人生は上手く進みやすくなるのです。

期待をやめるメリットのまとめ

以上4つのメリットを紹介しましたが、いかがでしたか?

ときには期待して振り回されるのも、それはそれで楽しいけれど。

「期待することをやめる」と、人生がずっと楽になります。そして、自分の想像を超えた、「期待以上の出来事」にも遭遇しやすくなるもの。

「いつも期待して疲れてしまう」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの人生が、今よりもっと充実しますように……☆