「自分が何を好きで、どんなときに楽しいのかいまいち分からない……」大人になって周りの人や組織に合わせているうちに、こうした状態になってしまう人は意外と多いです。心を無視することがいつの間にか習慣になってしまい、自分の気持ちに鈍感になってしまっているのです。今回はそうした状態を改善させるワークとして、『断捨離』を紹介します。

ワークの内容

  • 自分の部屋を断捨離しよう
  • 「好き」と「好きじゃない」と感じよう
  • 心がときめかないものを処分しよう

このワークをする意味

断捨離は、自分の心と向き合う作業です。

「これは好き?嫌い?」と1つ1つ自分の心に尋ねて、処理していく。

この工程で、心を感じる感覚を思い出していきます。

部屋が汚い人は……

「もうどこから手をつけたら良いのか分からないくらい部屋が汚い!」という人には、こんまり先生の『人生がときめく片づけ』がおすすめ。

私もこの方法で『汚部屋』を卒業したので、片付けが苦手な女性はチェックしてみてください!

本当に好きなものとそれ以外を知ろう

部屋は人の心の状態を表すと言いますよね。「好き」に鈍感になっている人は、『本当は好きではないもの』を部屋の中に溜め込んでしまいがちです。

  • 好みじゃないけど人からもらったもの
  • いつか使うかもしれないと取っているもの
  • いらないけど高かったから捨てられないもの

もちろん『その人からもらった』という事実が嬉しければ、それは取っておけば良いのです。

「好き」「嫌い」「無反応」など心の反応を楽しみながら、断捨離をしていきましょう!

こんな意識がワークの邪魔をする

  • 部屋の片付けが苦手
  • ものをついつい溜め込んでしまう

こんな人は、いったいどんな意識を持っているのでしょうか?

『ものを捨てている自分』

『断捨離をしている自分』を想像したとき。あなたはどんな風に感じましたか?

  • 罪悪感がある
  • そわそわして落ち着かない
  • 面倒に感じる

こんな風に感じたとしたら、そこには何かしらの『ネガティブな意識』が隠れている可能性が大。じっくり探っていきましょう!

ちなみに、「部屋はいつも綺麗!無駄なものは溜め込まない」という方は、ここから先は飛ばして次のワークに進んでOKです!

なぜそう感じるのか?

「断捨離に抵抗がある……」と感じた場合。その理由を考えてみましょう。

「どうして嫌なの?」と自分に質問をして、その答えを探っていきます。頭で考えるだけではなく、ノートに書き出してみるとやりやすいですよ。

例えばこんな感じ

  • 嫌いなものでも大切にしないといけないから
  • 使えるものを捨てるのはいけないことだから
  • 作った人の気持ちを考えないといけないから
  • 悪いことをしている気分になって辛いから

まずは自分の中にあるこうした気持ちに気づくことが大切。

「あぁ、私はこんな風に罪悪感を感じていたんだな〜」と知ることが、意識改革の第一歩です。

捨てられない人は断れない

片付けが苦手な人は、不要なものを捨てられない人です。

余計なものが部屋に溢れているため、片付けも大変なのです。

そしてこのタイプの人は、いらないものを「いらない」と断れない人。捨てることや拒むことに罪悪感を感じてしまうため、ついつい余計なものも溜め込んでしまうのです。

自分に許可を出そう

自分の意識が分かったら、次はそれを変えていきます。

言葉でリードしながら、そこにある自分への否定的な意識や思い込みを疑い、変更していくのです。

「○○してOK」

  • 自分が嫌いなものは拒んで良い
  • いらないものを引き取る必要はない
  • 不要なものは捨ててもよい
  • それで相手を傷つけても良い
  • 相手は別に傷つかない
  • 自分の心を大切にして良い

こんな風に、自分の思い込みを言葉で変えていきます。

いきなり「〜〜だ!」と思うのが難しければ「〜〜かも?」くらいでも構いません。それでも意識は変化していきます。

とりあえず言ってみる

こんな風に、とりあえず口に出して言ってみる。紙に書いてみる。

それだけでも、これまで抱いていた『ネガティブな思い込み』には風穴が空いています。

すると、そこからこれまでは見えなかった新しい可能性が見えてくるもの。

  • ほんの少し「そうかもな」と思えてくる
  • 実際にそういう事例が見つかる
  • 偶然近くにいた人から同じように言われる

こんな不思議なことが起こり始めます。ぜひ、こうした小さな変化も楽しんでみてください。

意識が変わると、見える世界が変わるのです。

断捨離しよう

自分の意識が『どの程度の強さ』なのかは、実際に行動してみないと分かりません。

言葉で意識をリードしたら、次は実際に行動して意識を変えていきましょう。

心を感じるとき

「これまではいつも心を無視していた……」なんて場合、いざそれをしようとするとやっぱりソワソワしたり、なんだか居心地の悪い気持ちになってしまうもの。

そうしたら、その都度「なぜ自分はソワソワしているのかな?」と問いかけてみてください。

なんらかの「私なんて〜」が出てくるはずです。

その自分を許そう

  • 自分の心を大切にして良い!
  • 「なんとなく」の感覚で決めて良い!
  • 気分で行動しても良い!

こんな風に、自分に許可を出していきましょう。

すると不安やモヤモヤは自然と消えていきます。

心を感じる効果

心を感じられるようになると、自然と「幸せ」と感じられる瞬間も増えていきます。

自分が好きなものを選べるようになるからです。

心で選んだものに自信を持つ。そしてそれを楽しむ。

そうした行動は、自分への信頼も強めます。

「これでいい」と決めよう

いかがでしたか?

断捨離は自分の『罪悪感』と向き合う作業でもあるので、結構精神的に疲れたかもしれません。

でも、それだけ大きな変化が得られているはずですよ。

自分の心の感覚に自信を持って、毎日を楽しんでくださいね!

【スポンサーリンク】