『5分会話をするだけで、異性に好印象を抱いてもらえる会話』

そんなものが存在するとしたら、あなたはどんな風に活用しますか?

  • 婚活パーティーで異性と仲良くなりたい
  • 学校や会社の人と距離を縮めたい
  • 片思いの彼の気をひきたい

こうした願望が思い浮かんだ人もいるかもしれません。もしも短い会話の中でも異性に好かれることができるなら。『恋のチャンス』をこれまでの何倍にも広げることができそうですよね。

男女問わず『モテる人』の多くは、この会話テクニックを自然と使用している場合が多いのです。やり方は簡単。一緒に学んで、あなたも気になる異性との距離を縮めてみませんか?

異性の気をひく話し方って?

異性と話すとき。多くの人はこんな話し方をします。

  • 「私はこんな仕事をしていて……」
  • 「私の趣味は……」
  • 「私の実家は……

こうして自分の長所をアピールして、相手の気を引こうとするのです。しかし、この方法はなかなか成功しません。こうした話し方では、相手に「話していて楽しいな」と感じてもらうことが困難だからです。

『自分の話』は聞きたくない!?

あなたも、自分の話ばかりを延々と続ける人に「なんだかなぁ」と感じた経験があるのではないでしょうか?

会社の上司や、サークルやバイト先の先輩……。そうした『断りづらい人』が相手だと、なおさら辛いもの。

『自分の話』というのは、よほど相手が自分の考えかたや内面に興味を抱いてくれていて、なおかつ相手を惹きつける巧みな話術を持っている場合を除いて、退屈な印象を与えてしまう場合が多いのです。

ほとんどの人は日常生活の中でこの事実を体感しているはず。しかし『好かれたい相手の前』では、多くの人がこのタブーを犯して『自分の話』ばかりをしてしまいます。

話し上手な人は「あなた」の話をしている

一方、異性からモテる人は以下のような話し方をします。

  • あなたのバッグは……
  • あなたの髪型は……
  • あなたの趣味は……

モテる人は「あなた」を主語にした、相手主体の話をするのです。

その結果、以下のようなことが起きます。

  • 相手が話しやすくなるため、会話が長続きする
  • 相手が「この人は自分に興味を持ってくれている」と感じる
  • 相手が「この人は自分を受け入れてくれている」と感じる

主語を「あなた」にするだけで、印象は一気にポジティブなものに変わります。すると、たとえその場でのやりとりが終わってしまっても相手には「楽しかったな」という気持ちが残り、また後日連絡してきてもらえる可能性も高まります。

「私」を「あなた」に変えて恋のチャンスを広げよう

異性と話すときには、主語を「私」ではなくて「あなた」にする。これを心がけるだけで、恋のチャンスは何倍にも広がります。「異性と距離を縮めたい」と考えている方は、ぜひ、お試しください。

恋活中の女性にはこちらの記事もおすすめです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆