連絡先を聞く心理は?男性が好きな人とアドレス交換するきっかけ5つ

「連絡先交換しない?」

男性からこんな風に言われたら、ドキッとしてしまいますよね。

「もしかして脈あり……?」と期待してしまうかも。

男性が連絡先を聞いてくるのは、いったいどのような心理なのでしょうか?

この記事では、男性が連絡先を聞いてくる心理や、連絡先交換のきっかけの作り方を解説します。


連絡先を聞いてくる心理とは?

脈ありで親しくなりたいから

男性が連絡先を聞く理由の1つ目は、脈ありで親しくなりたいからです。

「好きな女性には、まずは連絡先を聞く」という人は多いです。

連絡先を聞いておけば、lineのやりとりをして距離を縮めたり、デートの約束を取り付けられるからです。

友達として親しくしたいから

また、ただの友達として連絡先を聞く場合もあります。

連絡先を聞いておけば、飲み会などの大勢で集まるイベントの時に、声をかけられるからです。

必要だから尋ねる場合もある

男性が連絡先を訪ねてくるのは、ただ必要に迫られた場合もあります。

例えば、「仕事のことでやりとりする必要がある」というような場合ですね。

とはいえ、「必要だから」というのはただの口実の場合もあります。

では、相手が脈ありなのかそれとも脈なしなのかは、どこで見抜けば良いのでしょうか?

脈あり・脈なしの見抜き方

やり取りが長く続くなら脈あり

連絡先を交換した後、相手の方から連絡をしてきて、その上やり取りが長く続くなら。

脈ありの可能性は充分にあります。

相手はあなたと仲良くなりたいと感じていて、lineやメールで距離を縮めようとしているのです。

デートに誘ってくるのも脈あり!

連絡先を交換した後、デートに誘ってくるのも脈ありのサインです。

特に、雰囲気の良いレストランなどをデート場所に指定してくるのなら、恋愛対象として意識されている可能性は高いです。

【脈あり診断】30の質問で男性の好意を見抜くチェックリスト

連絡先を聞くきっかけ5つ

自然な流れ

【1】自分に好意があると感じたとき

男性が連絡先をきくきっかけの1つ目は、「この女性は自分に好意があるな」と感じたとき。

つまりは「イケるかも!」と思ったときです。

もしも男性から連絡先を聞かれたいのなら、ある程度好意のサインを出すことが大切です。

【2】デートの約束ができた時

押せばいけそう

「今度、○○に行ってみる?」

こんな風に、会話の中で自然とデートの約束ができた時も、連絡先をきくきっかけになります。

【3】他の男性と話しているのをみたとき

他の男と

男性が連絡先をきくきっかけの3つ目は、他の男性と話しているのを目撃したときです。

好きな人が他の異性と話していたら、焦りますよね。

その焦りの気持ちから、「連絡先を聞こう」と決意する男性もいます。

【4】都合の良い口実が見つかったとき

幹事

  • 飲み会の感じになった
  • 送りたい画像がある

こんな風にちょうどいい口実があると、連絡先も聞きやすくなります。

【5】自然な会話の流れで聞けそうなとき

気になる人がいても、いきなり「連絡先を教えて」とは言いにくいですよね。

男性が連絡先を聞くきっかけの5つ目は、会話の流れで聞けそうな時です。

会話の中でSNSやスマホのことが話題にあがると、そういった流れになりやすいです。

この記事のまとめ

男性が連絡先を聞く心理やきっかけを紹介してきましたが、いかがでしたか?

気になる人から連絡先を聞かれたときには、ぜひその機会を利用して距離を縮めてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆