酔って電話をする男性心理とは?ふざけてる?それとも本気?

酔って電話をしてくる男性の心理とは?

とある男性
今、友達と飲んでてさ……いや、用はないんだけど……迷惑だったかな?

もしも好きな人から、夜にこんな電話がかかってきたら。

ちょっとドキドキしますよね。

悩める女子
でもこれって、どういう意味なのかな……?

酔って電話をしてくる男性は、脈ありなのかそうではないのか?

この記事では、酔って電話をしてくる男性の心理を詳しく解説していきます。

酔って電話をしてくる心理とは?

酔って電話をしてくるのは脈ありなのでしょうか?詳しく解説します。

電話をしてくるのは脈あり

lineやメールと比べると、電話をするのってちょっとハードルが高いですよね。

だからこそ、『どうでもいい女性』に用もないのに電話をする男性は少ないです。

酔った勢いとはいえ、男性が電話をしてきたのなら『脈あり』の可能性は高くなります。

脈あり電話の特徴

こうした状況で電話がある場合は脈ありのサインです。

脈なしで電話をかけてくる場合

脈なしなのに電話をかけてくるのには、どのような理由があるのでしょうか?

飲みすぎて間違えた

お酒を飲みすぎてしまったとき、何かの間違いで電話をしてしまう場合もあります。

言っていることが支離滅裂な場合には、ただの『間違い電話』かも。

周りの期待を裏切れなかった

周りの人にはやし立てられて、『親しい女性』に電話をする場合もあります。

後ろで誰かが通話を聞いている気配があったり、彼がどことなく『いやいや電話をしている雰囲気』の場合には、本人の意思で電話をしているのではないかもしれません。

お酒の席での電話はどう捉える?

男性が飲み会などに参加していて、その席から電話をかけてきた場合にはどう捉えれば良いのでしょうか?

脈ありの場合もある

脈ありの女性との関係をお酒の席で話して「今電話してみなよ!」などと背中を押されるのはよくある話。

たとえ相手が酔っていて、周りに騒いでいる人がいたとしても、悪ふざけではなく『脈あり』の可能性もあります。

そしてこういう場合には、後からきちんとフォローがくるので、そのあたりを判断基準にするのがおすすめです。

悪ふざけの場合もある?

とはいえ、酔った男性からの電話は悪ふざけの可能性もあります。

なので、『明らかに酔っている』と分かるような電話の場合には、こちらも『冗談半分』で付き合うのがおすすめ。

あまり深刻に受け止めて一喜一憂するのではなく、気軽に受け止めた方が男性も酔いが冷めた時にフォローしたり連絡しやすくなります。

酔って電話をかけてくる男性へのOK態度

酔った男性から電話がかかてきたとき、どのような態度が男性をときめかせるのでしょうか?

優しく受け止める

一番良いのは、前途の通り『冗談半分』で電話に付き合ってあげることです。

  • 笑いながら話を聞く
  • 「飲み過ぎちゃダメだよー」と冗談っぽく釘をさす

こうした態度でいると、男性もその女性とのやりとりを楽しく、心地よく感じます。

早めに切るのもあり

また、明らかに『悪ふざけ』でかけてきているような場合、早めに通話を終了してしまうのも手。

「酔ってるでしょ?切るよー」と笑いながら言えば、角も立ちません。

酔って電話をかけてくる男性へのNG態度

では、逆にNGな態度とはどのようなものなのでしょうか?

イライラするけれど……

酔っ払いから電話がかかってきた時。

正直ちょっとイラっとしてしまった経験がある人も多いと思います。

  • バカにしているの?
  • 私のことをネタにしているの?

こんな風に、「大切にされていない」と感じてしまうからです。

怒るのはNG

でも、相手は酔っ払い。

酔っ払い相手に本気で怒っても仕方がありません。

「全く、仕方ないなー」と許してしまうのが、自分にとっても実はもっとも快適な方法です。

おわりに

酔って電話をしてくる男性の心理や、電話がかかってきたときの対処法を解説してきましたが、いかがでしたか?

愛丸さくら
相手の男性の酔い具合にもよるけれど、相手がすごく酔っている場合、その場は軽く相手をして後日フォローの連絡が来るのを待つのが良いかもしれないわね

もちろん、相手があまり酔っていない場合には、そこで距離を縮めるのもあり。

お酒が入っているときには、本音も出やすいため、一気に距離が進展する可能性もあるかも!?

男性の気持ちが知りたい女性には、こちらの記事も人気があります。

【本命脈あり】男が本気で好きな女性だけにする18の行動とは?

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆