男のプライド

男のプライドって?

男には『男のプライド』がある。

そんな言葉を、あなたもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

  • 男のプライドを傷つけてはいけない
  • 男のプライドをくすぐることが出来る女性はモテる
  • 男のプライドは女にはなかなか理解できない

などなど。このブログも含め、恋愛系のハウツーでは『男のプライド』について言及されることも多々あると思います。

それはやはり『男のプライド』というものが、恋愛において非常に重要だから。しかし『男のプライド』とはいったい何なのでしょうか? いったい女性の『プライド』と何が違うのでしょう?

今回はそんな疑問を解決すべく『男のプライドって何?と思ったら確認したい5つのポイント』を紹介します。

男のプライドって何?と思ったら確認したい5つのポイント

【1】普通のプライドと『男のプライド』の違い

男のプライド

一般的に『プライド』とは、誇りや自尊心を指します。

  • 自分は素晴らしい人間である
  • 自分は価値がある人間だ
  • 自分の考えや価値観は正しい
  • 周りの人から尊敬されたい
  • 多くの人に認められたい

こんな気持ち(自覚・自信)や願望は、程度の差はあれど誰しもが抱いているもの。そしてその根底には多くの場合『自己顕示欲』や『承認欲求』などが潜んでいます。よく言われる『プライドの高い人』というのはこれらが強い人のことを指しますよね。

では『男のプライド』とは何なのか?
それを考えるためには、男女が恋愛の場において『どんな瞬間に自分の価値を感じるか』を考える必要があります。

個人差はありますが、一般的に女性は『恋人が自分のためにしてくれたこと』によって愛情をはかり、その大きさによって自分の価値を実感する傾向にあります。例えば、以下のような具合です。

  • 男性が自分のためにわざわざ休みを取ってくれた
  • デートでずっと行きたかった場所に連れて行ってくれた
  • こまめにメールや電話で愛情表現をしてくれる

女性にとっては『愛されている自分=価値がある自分』なのです。だから、女性は男性からの愛情表現が少なかったり、男性が自分のことを優先してくれないと「自分には価値がないのかも……」と自信を失ってしまいがちです。

一方の男性はというと、もちろん女性と同じように、恋人が自分のために何かしてくれたら嬉しく思うし、愛情も感じます。しかしそれが『自分の価値』に直結するかというと、男性の場合はそうではないのです。

男性の場合は『自分の行動で恋人を喜ばせたとき』に、自分の価値を実感する傾向にあるのです。例えば以下のような状況です。

  • 自分のプレゼントに彼女が喜んでくれた
  • デートで連れて行った場所を「最高だわ」と褒められた
  • 「あなたはとても頼りになる」と褒められた
  • 彼女から頼みごとをされた
  • 彼女から甘えられた

『頼みごとをされた』『甘えられた』という一見関係がなさそうな行為も、男性は嬉しく感じます。なぜならそれは彼女を喜ばせることと直結しているからです。

男性にとっては『恋人を満足させられる自分=価値がある自分』なのです。

先に紹介したように、人それぞれに個人差はあります。ですが、大雑把にこんな風に押さえておくと『男のプライド』は理解しやすくなります。

【2】『男のプライド』をくすぐる方法

男のプライドをくすぐる

では、女性はどんな行動をすれば『男のプライド』をくすぐることが出来るのでしょうか? 以下のような行動が有名です。

  • 男性を頼る
  • 「〜して?」などとわがままを言う
  • 甘える
  • 男性が何かしてくれたときには思い切り喜ぶ
  • 男性の話を楽しそうに聞く
  • 男性の話に「凄い」「素敵」とリアクションをする

これらの行動をすると、男性は「自分はこの女性を喜ばせている」「自分は必要とされている」「頼りにされている」などと感じ、男性自身の心にも深い喜びが生まれます。

だからこそ、男性はこれらの『男のプライドをくすぐる女性』と一緒にいたいと感じるのです。

あまりに行動が激しと「やり過ぎ」「狙い過ぎ」という印象を与えてしまうので注意が必要ですが、気になる人がいるときには是非、これらの行動を取り入れてみることをおすすめします。男性との距離が縮めやすくなりますよ。

【3】『男のプライド』を傷つける行為とは?

男のプライドを傷つける

逆に『男のプライド』を傷つけてしまう行為とはどのようなものを指すのでしょうか? 以下に有名なものをまとめておきます。

  • デート中に不機嫌になる
  • 「お金ないんでしょ?」などと言いながら無理やりにお金を出す
  • 「やってあげようか?」という申し出を断る
  • 人の彼氏と比べる
  • 彼が選んだレストランにダメ出しをする
  • 彼からもらったものよりも高いプレゼントをあげる
  • 人前で彼ができなかったことをやってあげる

「え。こんなことで?」と思うようなものもあったのではないでしょうか。そうなのです。女性からすると『些細なこと』で傷ついてしまうのが『男のプライド』なんです。

しかし上記のような行為も『男性は自分の行動で恋人が喜んでくれたときに自分の価値を実感する』ということを念頭に置いておくと、男性がなぜ『そんなこと』で傷ついてしまうのか、理解がしやすくなります。

男性は女性を喜ばせてあげたいんです。喜ばせてあげられている自分がカッコイイんです。そしてそれができない自分は、彼女には必要がない人間なのだと考えてしまいます。

何でも自分1人で解決してしまう、仕事もバリバリ出来るようなキャリアウーマンタイプの女性が女性や部下からは好かれるのに、異性からはあまりモテない理由は、男のプライドをくすぐることができないからです。逆に、失敗ばかりの新人社員は男性からも人気があったりします。それは、周りの男性に頼り、助けてもらう機会が多いからです。

「私はキャリアウーマンタイプかも」と思う女性は、隙を作ることを心がけると、異性からアプローチさせる機会も増えますよ。

【4】『尽くす女』は男のプライドをくすぐれない

尽くす女

「男性に尽くしすぎてしまうと嫌われる」

こんなセリフを、あなたはどこかで耳にしたことがありませんか? 実はこれも『男のプライド』と深く関わっています。まずは『尽くす女』にありがちな行動を上げていきましょう。

  • デートの支払いはいつも自分
  • 彼に呼び出されたら自分の予定をキャンセルしてでも出向く
  • 彼のために家事をやってあげる(※結婚して役割分担をした上で行っているのであれば別)
  • 彼の仕事の世話をしてあげる
  • わがままを一切言わない

などなど。一見『いい女』のようにも見えるこれらの行動ですが、全て『男のプライドを麻痺させてしまう行動』です。

もちろん男性だって『自分のために何かしてもらうこと』が嬉しくないわけではありません。プレゼントをもらったり、ご馳走してもらったりするのは嬉しいし「自分は彼女に愛されているのだな」と感じます。

しかし、それだけでは男性が『自分の価値』を実感することはできないのです。男性は恋愛に置いては『相手が自分のために何をしてくれたか』よりも『自分が相手を満足させられたか』で自分の価値を測る傾向があるからです。

「あなたはただ寝ていてくれればいいのよ」と言わんばかりに男性に尽くしてしまうと、男性はその女性と一緒にいるときに物足りなさを感じてしまいます。男のプライドが満たされないからです。「自分はダメだな」「頼りにされていないんだな」などとも感じます。

その状態は、男性からすると非常に『居心地が悪いもの』です。だからこそ、自分に『男としての価値』を実感させてくれる別の女性のところへ行ってしまったりするのです。

男性が『男』として「居心地が良い」「気分が良い」と感じるのは、自分を頼り、必要としていくれる女性と一緒にいるとき。

「こんなに尽くしたのに振られてしまった」という場合には、その男性が『尽くされること』を望んでいなかったのだということを意識し、今後の恋愛に生かしていくする必要があります。

【5】だからこそ『手のひらで転がすこと』が大切

手のひらで転がす

男のプライドをくすぐるためには【2】で紹介したような行動をすることが効果的です。男性を褒め、男性の行動に喜び、感謝し、頼りにする。しかしそれらが『どうしてもできないとき』というのもあると思います。例えば以下のような場合です。

  • 誕生日に全く要らないものをもらった
  • 連れて行ってもらったレストランが期待外れだった
  • 彼が約束を破った
  • 彼が金欠
  • 彼と意見が合わない

などなど。男のプライドをくすぐりたくてもくすぐれないような状況のとき。「男を立ててあげよう」と思っているのに彼がヘロヘロと倒れ込んでしまったとき。

そんなとき、一番避けるべきなのは「あんたって本当にダメね」「男としてどうかと思う」「こんなプレゼント要らないんだけど」などの言葉で彼の心をズタズタに引き裂いてしまうことです。

これをしてしまうと男性は「自分には価値がないんだ」と考えてしまいます。すると彼のモチベーションはズーンと下がってしまい今後『彼女のために何かしてあげよう』という気持ちが沸き起こりにくくなってしまうからです。

大切なのは、彼のことを否定せずにその『行動』を正してあげること。そこで役立つのが『手のひらで転がす』という考え方です。古くから言われているこの言葉は『男のプライド』を上手にとらえた的確な表現と言えます。

手のひらで転がすコツは、感謝とおねだりです。

例えば、男性から要らないプレゼントをもらったとき。

「何よこれ!」と投げ捨てたくなるのグッとこらえて、まずは相手の行動を認めてあげてください。「選んでくれてありがとう」「私のためにわざわざありがとう」などの感謝の言葉を伝えます。

要らないものを「最高のプレゼントだわ!」と嘘をついてまで喜ぶ必要はありませんし、それをしてしまうとまた同じプレゼントをもらうことになってしまいます。

なので『プレゼントそのもの』についてはとりあえず言及せずに、『相手があなたに対してしてくれた行動』を喜び、感謝の気持ちを伝えてください。

もしどうしても感謝の気持ちを持てないようなプレゼントをもらった場合には、相手がなぜそのような行動をしたのかを尋ねてみることも必要です。

「誕生日に外食に連れてきてくれてありがとう。嬉しいよ。でもどうしてラーメン屋なの?」という具合です。もしかすると彼は、あなたの大好物がラーメンだと勘違いしていたのかもしれません。

そしてその上で『自分が欲しいもの』を具体的に伝えてください。

「ラーメンも美味しかったけど、実はイタリアンが大好物なんだ。だから今後イタリアンにも連れて行って欲しいな」という具合です。

「なんで誕生日なのにラーメンなわけ?」「もっと誕生日っぽいところに連れて行ってよ」と責めてしまうと、相手も「せっかく連れてきたのに」「どうして誕生日にラーメンじゃダメなんだよ」と不満な気持ちを抱いてしまうものですが、先に紹介したような言い方なら摩擦を起こさずに要望を伝えることができます。

ちなみに、男性は女性の気持ちを察するのが苦手。「言わなくても分かってよ」は無駄なので、要望は言い方に気を使いつつも、はっきりと具体的に伝るように心がけましょう。

おわりに

男のプライドを理解する

いかがでしたか?

『彼氏いない歴=年齢』だったころ、私は男のプライドなどは全く理解しておらず、男性に対して『女性と同じような接し方』をしていました。そしてモテませんでした。

念願の恋人ができた今でも、元来『恋愛経験値』がゼロに等しい私はときどき男のプライドを傷つけるような言動をしてしまいます。そして喧嘩になったり、彼になんだか微妙な顔をされてしまったりもします。

そんなとき、私は今回紹介した5つのポイントを思い出します。

『男のプライド』は女にはなかなか理解しがたいと言われていますが、ただ『男と女では快感を感じるポイントが少し違うだけ』と考えると、すれ違いを未然に防ぎやすくなります。そして男女間での良い関係を築きやすくなります。

「男って意味が分からない」「男のプライドって何だっけ?」と思ったときには、是非思い返してみてくださいね。きっと、あなたの恋をスムーズに進める助けになりますよ。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆