『思いやり』って?

思いやり

恋人との付き合いが長くなるにつれ、ついつい忘れてしまいがちな『思いやり』

「人付き合いで忘れてはいけないのは優しさよりも思いやり」などとよく言われますが、それは具体的にはどのようなことなのでしょう?

今回は『彼氏彼女とずっと仲良しでいるために大切な思いやり』を7つ紹介します。

彼氏彼女とずっと仲良しでいるために大切な7つの『思いやり』

【1】相手のことをないがしろにしない

ないがしろにしない

付き合いが長くなると、一番やってしまいがちなのがこれ。

  • 相手の話を聞かない
  • 相手の言葉を「はいはい」と聞き流す
  • 相手との約束を破る
  • 適当な発言をする
  • 遅刻をする
  • デート中に他の異性と電話で話す

……などなどの、『相手のことを雑に扱う行為』です。

「まぁいいだろう」「相手も分かってくれている」という気持ちからついついやってしまいがちな行動ですが、何度も続くと、相手にはとてもストレスが溜まります。

「親しき仲にも礼儀有り」といいますが、あなたと一緒にいる時間を、相手に「心地よい」と感じてもらうためには、敬意をもって相手と接することが大切です。

相手のことをしっかりと見る。相手の話をきちんと聞く。あなたが相手に対して言った言葉に責任を持つ。

そんな基本的な『思いやり』は、『親しい仲』になったときにこそ、改めて意識してみましょう。「ずっとラブラブで喧嘩はほどんとしない」というカップルほど、この基本を忠実に守っているものです。

【2】お互いに成長する

お互いに成長する

共に生きていく上で、相手の至らぬ部分が目につくことも、きっとあると思います。

そんな時、ただ自分が我慢したり、相手を怒りに任せて責め立てるのではなく、時には相手を諭して、導いてあげることも必要です。

そして、同じように相手から何かを指摘されたとき、「なにくそ!」「偉そうに!」と反発するのではなく、素直に受けいれることも大切です。

あなたが相手に合わせるのでもなく、相手に我慢させるのでもなく、お互いに成長する。自身の至らぬ部分をきちんと認めて、相手の話にもちゃんと耳を傾ける。

『成長』には、ときに痛みがともないます。自身の否を受け入れ、乗り越えるのは簡単なことではありません。だからこそ、お互いに成長しようと努力し続けることができるカップルは、相手に感謝し、尊敬し合い、助け合うことができます。

自分の中にあるプライドが邪魔をして、なかなか素直になれないときもあるかと思いますが、でも、これも思いやり。相手との未来のために、変化を恐れない勇気を持ちましょう。

【3】相手を受け入れる

受け入れる

例えば、恋人の『喫煙』がどうしても受け入れられないと感じるとき。

あなたが嫌なものを無理に受け入れる必要はありません。おそらくそれには『体に悪い』『周りの人に迷惑』『匂いが無理』などの様々な理由があると思いますし、それらを殺して無理矢理に『喫煙』を好きになることは、それは自分を殺して相手に合わせる行為だからです。それをした結果幸せになれるとも限りません。

ただ、『相手がなぜその行動をしたのか』『どうしてそれを止められないのか』を考えてみてください。その行動の是非は別として、相手がその行動を行う理由を知れば、『喫煙』というもの自体は受け入れられなくとも『喫煙をする相手』のことは受け入れられる可能性もあります。また、受け入れることはできなくても『許す』ことはできるかもしれません。

『人を受け入れる』というのは、言葉でいうのは簡単ですが、実際に行うのはとても難しいこと。『受け入れられないな』と感じるものがあるときには、相手を知ることから始めてみてください。

【4】相手に任せにしない

任せきりにしない

「なんでもいいよ」「好きにして」「ご自由にどうぞ」は、必ずしも相手に対して『思いやりのある行為』とは限りません。

とくに女性の「なんでもいい」「どこでもいい」は男性を「そう言われても……」と困らせてしまいます。

「相手が好きなようにしてくれればそれが嬉しい」という考えから「なんでもいい」と答えてしまう女性も多いのですが、多くの男性は『女性が喜ぶこと』をしたいと考えています。女性を喜ばせ、満足させることが、男性にとっての『デートの成功』だからです。

相手に判断を委ねてしまうのではなく、「自分はどうしたいのか」「自分はどうしたら楽しいか」を相手に伝えるように心がけましょう。「自分が嬉しい行動」を相手に考えさせるより、素直におねだりしてしまった方が、相手も喜んでくれますよ。

【5】相手の気持ちを大切にする

相手の気持ちを大切に

相手が今、どんな気持ちでいるのか。相手がどんな気持ちで、発言しているのか。それを、自分の気持ちと同じか、それ以上に大切にするように心がけてみましょう。

相手が「ラーメン食べたいな」と呟いたら、その気持ちを自分の気持ちのように感じてみる。

相手のラーメンへの欲求、ラーメンを渇望する切ない心理を理解した上で「でも、私はオムライスが食べたいの」と発言するのと、何も考えずに「私はオムライスが食べたい」と発言するのでは、会話の質が違います。

また、相手の気持ちを大切にするのと同時に、あなた自身の気持ちも大切にしましょう。

付き合う上で大切なのはどちらかが我慢する、気持ちを押さえてその場をやり過ごすことではなくて、どうやってお互いの意見を合わせていくかを学ぶことです。

「じゃあ、焼きそばにしよう」と二人の妥協点を探すもよし、その日はどちらかが我慢して、後日きちんと埋め合わせをするのもよし。お互いに不満を残さないことで、のちの大爆発を未然に防ぐことができます。

ちょっとしたことですが、とても大切なことです。

【6】拗ねない

拗ねない

自分の意見が通らない時、相手に不満があるとき。ついつい、ついつい拗ねてしまう気持ち、とてもよく分かります。

しかし、拗ねるという行為は相手への無言の『強要』、いわば『ストライキ』です。

相手が全く歩み寄りの姿勢を見せてくれない場合など、ストライキが有効な場合もありますが、嫌なことがあるたびに「もういいよ」「もう何もいいたくない」と一方的に背を向けてしまうのは、相手をとても困らせる行為だということを忘れてはいけません。

ストライキより先に、まずはきちんと相手と意見交換をしましょう。自分の気持ちや要望を、相手が理解できるように具体的に伝える。それもまた思いやりです。

【7】自分自身が幸せであろうと心がける

幸せになろう

大切な人がいつも泣いていたら、あなたも悲しいですよね。大切な人がいつも悩み事を抱えていたら、「どうにかしてあげたい」とあなた自身も悩んでしまいますよね。

あなたが幸せでいることは『あなたのことを大切に思う人への思いやり』でもあります。

毎日を大切にしましょう。面白いことを沢山しましょう。ドキドキするような経験をしましょう。人生を楽しみましょう。あなたが大切な人に「こうであって欲しい」と思うことを、あなた自身も実行しましょう。

なかなか上手くいかないこともあるかもしれません。

それでも、あなたが大切な人の笑顔で幸せになれるように、あなたを大切に思う人もまた、あなたの笑顔で幸せになれるのだということを、忘れないでください。

おわりに

いかがでしたか?

「恋人とずっと仲良くしたい」「恋人ともっと良い関係になりたい」と思っているときには、今回紹介した7つのことを思い出してみてください。

喧嘩がなくならない……という人には「でも、別れたくない……」喧嘩の多いカップルが改善すべき10の事の記事もおすすめです。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆