彼氏に煙草をやめさせたい

th_a0001_007841-1.jpg

自分が煙草をやめるのはなんとか出来る。
でも、人に煙草をやめさせるのは、その1000倍も難しいのです。

なぜなら、禁煙は本人の意思なしには成し遂げられないから。

もちろん「本人の意思があっても難しい!」「やめたくてもやめられないのが煙草だ」と感じる人もいると思います。
何を隠そう、以前の私がそうでした。

2日で1箱開ける程度の喫煙者でしたが、今ではきっぱり煙草を断って、すこぶる快適な生活を送っています。

今回は、私自身の禁煙経験、そして私が彼に煙草をやめてもらうまでの経験をふまえて喫煙者の彼氏にタバコを辞めさせるための心構えを紹介します。

絶対オススメな禁煙セラピー

私は女性のための禁煙セラピーを読んで禁煙に成功しました。

この本の作者も元ヘビースモーカーであり、喫煙者の心を実によく理解しています。
そして、読み手が納得せざるを得ない書き方で「煙草は必要ない」のだということを説明してくれています。

「不健康だよ」は逆効果

禁煙セラピーの中にもかかれているのですが、「煙草の害について喫煙者に語ること」ははっきり言って無意味です。

喫煙者は、煙草が臭いことも、不健康なことも、喉を傷めることも知っています。
そしてそれを他人から言われることで本当は分かっているにも関わらず「そんなことない」「いいんだよ」などと意固地になって、より一層煙草に執着してしまうのです。

あなたが「煙草の害」を語れば語るほど、彼は「煙草は不健康なものだけれど自分にはなくてはならないもの」と錯覚してしまうのです。

煙草は精神的依存

ちなみに、煙草は「ニコチンの依存性によってやめられない」と考えている人が多いのですが、煙草をやめられない人の多くは、精神的な理由によります。

はっきり言って、ニコチンの中毒性なんて、精神的なそれに比べればたいしたものではありません。
煙草の問題は、喫煙者が「煙草は自分に必要なもの」と考えていることにあるのです。

煙草を吸うメリットはない

女性のための禁煙セラピーにも書かれていますが、煙草を吸うメリットはありません。

にも関わらず、多くの人が煙草を手放せないのは、「煙草は必要」という思い込みによるものです。
そしてその「思い込み」を解くのに一番適しているものが、この「禁煙セラピー」なのです。
 

「煙草やめなよ」をまずやめる

先に説明したとおり「煙草やめなよ」「不健康だよ」などの台詞は逆効果なのでやめましょう。
それより、机の上に禁煙セラピーを置いておいたほうがよっぽど効果的です。

そして彼が禁煙に興味を示したときは、「私は煙草を吸っていないあなたがカッコイイと思う」「禁煙に成功するって素敵」など、「煙草を吸わないことのメリット」をやんわりと伝えましょう。

一筋縄にはいかないかもしれませんが、ちょっとしたきっかけで禁煙に成功する人は大勢います。
あなたが彼に煙草をやめさせることは難しいことですが、彼意識をちょっと変えさせることはできるはずです。

禁煙セラピーはブックオフでもアマゾンでもとても安く手に入るので、「大切な人に煙草をやめさせたい」と考えている人や、あなた自身が「煙草をやめたい」を考えているのであれば一度目を通してみることをオススメします。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆