気になる彼との会話中

de-to

あなたは、好きな人と話すときにどんなことを意識していますか?

「緊張しちゃって何も考えられない」
「とにかく笑顔を作っている」など、人それぞれ答えは違うと思います。

しかし、実はある「ちょっとしたこと」を心がけるだけで、彼の心をあなたに向けさせることができるのです。
今回は知っておいて損はない「片思いの彼と会話するときに心がけるべき4つのポイント」を紹介します。

片思いの彼と会話するときに心がけるべき4つのポイント

その1 相手の名前を呼ぶ

ただ「おはよう」と言うよりも「○○くん、おはよう」と相手の名前を呼ぶようにしましょう。
「○○くん、これ美味しいよ」「○○くん、今日はありがとう」「○○くんってなんでも出来るんだね」など、どんな場合でも構いません。

人は自分の名前よ呼ばれることによって、その後の言葉に集中します。
あなたの言葉のインパクトが強くなり、挨拶や褒め言葉の効果が倍増します。

その2 話すより聞く

好きな人と話すとき「自分のことをもっと良くしって欲しい」という気持ちからついつい自分の話ばかりしてしまう女性は多いのですが、実はこれは逆効果。

人は自分に話をしてくる人より、自分の話を聞いてくれる人に好意を抱くからです。

自分の話をするより、相手の話を聞くようにを心がけましょう。

その3 褒め言葉を駆使する

相手の話にただ「へー」「そっかー」などと棒読みのリアクションを返すのではなく、「へー、凄いね!」「そうなんだ!カッコいいね!」などの褒め言葉をくわえましょう。

月とスッポン、デコピンとカメハメ波くらいの差が出ます。

その4 ポジティブな言葉を使う

「辛い」「疲れた」「かったるい」などのネガティブな言葉ではなく、「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「美味しい」などのポジティブな言葉を使うように心がけましょう。

あなたの口から発した言葉は相手の「潜在意識」に残ります。
あなたが「楽しい」「嬉しい」などのポジティブな言葉を発することによって、相手の意識にはあなたのイメージとセットで「楽しい」「嬉しい」などのポジティブな印象がのこります。

簡単だけれど効果絶大

今回紹介した4つの会話テクニックは、簡単にできるけれど効果抜群。
片思いの彼はもちろん、初対面の人との距離を縮める時などにも使えるテクニックなのです。

「いいな」と思う相手に、是非使ってみてください。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆