恋愛がトントン拍子に進むときの特徴6つ!コレは付き合うまでが早い

スムーズに進む恋とそうではない恋

「なんか、トントン拍子に進んだんだよね」

あなたの周りに、こんなカップルはいませんか?

世の中には両思いなのになかなか関係が進まないカップルと、あっという間に交際して結婚まで進んでしまうようなカップルがいます。

両者には、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

今回は『トントン拍子に進む片思いの特徴6つ』を紹介します。

【1】お互いに恋愛経験がある

お互いにある程度の恋愛経験があると、恋愛はスムーズに進みます。

好意のサインのやりとりの仕方や、付き合うまでの行程が分かっているからです。

逆に恋愛経験の少ない男女は、「好きになったはいいけど、どうしよう……」と行動できないまま、タイミングを逃してしまう場合もあります。

【2】共通の友人がいる

ときに2人の間に入ってサポートしてくれたり。気持ちが擦れ違ってしまったときにフォローしてくれたり。

そんなことをしてくれるのは、共通の友人か結婚相談所のアドバイザーくらいです。

特に、お互いの気持ちが不安定な恋愛初期には、とてもありがたい存在となるでしょう。

【3】共通の趣味がある

共通の趣味があると、まず話が盛り上がります。

デートもお互いに楽しめる場所を選びやすいくなります。

趣味以外にも『出身地が同じ』『飼っているペットが同じ』などの共通点があると、親近感が湧きやすくなります。

趣味や食べ物の好みが合うのは相性抜群!?男が運命を感じる瞬間5つ

【4】生活リズムが似ている

生活リズムがあまりにズレていると、メールのやり取りなどもスムーズにいきません。

一日の中で『家を出る時間』『休憩の時間』『暇な時間』などが大体一致していることも、恋愛をスムーズに進める大切な要素です。

【5】家が近い

これも、付き合った後にまで影響してくる要素の一つですが、家が近い男女は恋がスムーズに進みやすいです。

飲み会などの帰りが一緒になったり、家の近くでちょっとお茶したり……そんなことが出来るのは、家が近いもの同士の特権です。

【6】休みが合う

休みが合わないと、デートの予定もなかなか組めません。

どちらかが二連休でも、どちらかが次の日から連勤の場合、あまり遠出はできない……などの制限も生まれます。

調整できるのなら、早い段階で調整してしまいましょう。

その後の関係がスムーズに進展しやすくなります。

恋がスムーズに進む要因

以上6つの特徴を紹介しましたが、いかがでしたか?

当てはまっている数が多いほど、その恋はトントン拍子に進む可能性が高いです。

逆に、当てはまる数が少ないときには、これらに当てはまるように工夫してみるのがおすすめ。

相手と同じ趣味を始めたり、休みの日程を合わせればそれだけ会話やデートにきっかけも増え、恋が実りやすくなります。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が上手く進みますように……☆