「片思いが上手く進まない……」

もしかすると、今現在あなたもこんな風にお悩みかもしれません。
そして悩めば悩むほど深みにはまり、思考の渦からなかなか抜け出せなくなってしまうもの。

いったい、片思いが上手く進まないのはどうしてなのでしょうか?
今回は『上手く進まない片思いの特徴』とその改善策を10個紹介します。

【1】相手のことを追ってしまっている

既に自分の好意が相手にバレてしまっているけれど、相手の対応がそっけない。
そんな状況を打破しようと、ますます一生懸命メールを送ったり話しかけたり……。

こうした『相手を追いかけている状況』のとき、恋はこじれてしまいがち。
追えば追うほど相手の男性は逃げて行ってしまいます。

というのも、相手の男性の中ではまだ女性への好意はそこまで大きくない状態だから。

その状態で「好き」と迫られても、答えることができない。だから、アプローチを続けられると、男性はその女性を拒絶するか、あるいはうやむやにして逃げるしかなくなってしまいます。

好意のサインを出しているにもかかわらず相手がそっけないとき(脈なし状態のとき)には、深追いは禁物。
友達として距離を縮めて、あらためてチャンスを伺いましょう。

【2】会話がかみ合わず意思疎通ができていない

人それぞれ、コミュニケーションの取り方や人付き合いの仕方は違うもの。
知り合って間も無い人とは、会話がかみ合わなかったり、思い違いがあったりするものです。

その状態で恋を進めようとしても、お互いの気持ちが分からずなかなか思うような展開にはなりません。

とくに片思いの相手に対しては「好きになって!」という気持ちばかりが走って、会話のときに緊張して相手の話が頭に入ってこなかったり、自分の言葉も支離滅裂になってしまいがち。

好きな人ができたときには、焦って関係を進展させようとせず、まずは相手と普通の会話を楽しむことを意識しましょう。
そうしてキャッチボールをしていくうちに、お互いにとって心地よいコミュニケーションの取り方が分かってきます。

【3】相手主体の恋愛をしている

  • 相手の好みの女性を演じている
  • 相手に嫌われないことを最優先して行動している
  • 自分の希望よりも相手の希望に合わせている

こうした『相手主体の恋愛』も片思いをこじれさせてしまいがち。

本当の自分を出せない恋をしていると、相手にも無理をしている感じは伝わってしまうものです。
そしてそれは多くの場合「なんとなく物足りない」「気を使われているようで疲れる」といったネガティブな気持ちにつながります。

相手ではなく『自分はどうしたいのか』を中心に物事を考える癖をつけてみてください。

自分が好きな自分の外見と性格でいること。自分が楽しくて嬉しいことをすること。自分がしたいことをすること。相手に好かれる自分ではなく、自分が好きな自分でいること。いつもキラキラした笑顔で過ごしているあなたは、何億倍も魅力的です。

自信を持って『本当の自分』を出してみてください。きっと相手にも、あなたの魅力が伝わるはずですよ。

【4】周りに隠している

社内恋愛など、周りの人に恋を隠さなければならないシチュエーションもあると思います。
しかし「バレたら嫌だな」「知られたくないな」という気持ちがあると、どうしても行動が制限されてしまうもの。

話しかけたいのに話しかけられなかったり、ちょっとしたすれ違いの誤解をなかなか解けなかったりと、思うように恋が進められません。また、周りに隠していると協力を得ることもできません。

「周りの人にバレたくない」と考えてしまう気持ちはとても良く分かりますが、「バレたくない」という気持ちを優先していると、それだけ恋が進展するペースも落ちると心得ておきましょう。

「バレたらバレたで仕方がない」とある程度覚悟を決めておくのもおすすめ。
いざというときに迷わず行動ができます。

【5】好意のサインを出していない

あなたは、気になる彼に『好意のサイン』を出していますか?

「こんなにも彼のことを思っているのだから、きっと気持ちは伝わっているはず」……と思うかもしれませんが、人の気持ちは言葉や態度にしなければ伝わることはありません。

特に片思い中というのは、「相手に自分の気持ちを知られたくない」という気持ちが働きすぎて、むしろそっけない態度を取ってしまったりしがち。そして相手に「嫌われているのかな?」と誤解され、相手との距離がますます開いてしまったりするものです。

自分が彼に対して抱いている好意を隠しすぎないことも、恋愛を進展させるためには大切です。

  • 彼だけを特別扱いする
  • 「尊敬している」「男らしくて素敵」などと好意的な印象を抱いていることを伝える
  • 彼と会えたら嬉しがる

など、自分の気持ちに素直になってある程度は好意のサインを出すこと。
そして自分が彼に好意を抱いていることを匂わせましょう。

【6】重く感じられてしまっている

【5】で好意のサインを出すことが大切だと紹介しました。
しかし注意しなければならないのは好意のサインを出しすぎて重く感じられてしまうことです。

では、具体的にどういう好意のサインが重く感じれるのでしょうか?
例えば、以下のようなシチュエーションです。

  • まだ相手のことを「ちょっといいな」と思っているだけなのに、「結婚して」と迫られた
  • 知り合って間もない相手からの「自分を好きになってアピール」が凄い
  • ナンパしてきた人からいきなり付き合おうと言われた

人が相手からの好意を「重いな」と感じるのは、自分の気持ちがそこまで大きくないのに「自分のことを好きになって」と迫られたときです。こうした状況のときには、相手の一方的な希望や願望を押し付けられているように感じ、苦痛に感じるもの。

しかしこれが以下のようなシチュエーションなら、受け取り方は全く変わってきます。

  • 「タイプなんだ」とただ告げられる
  • 「素敵」「魅力的」と褒められる
  • ちょっとしたときに自分だけ特別扱いをしてくれる

こうして、ただ好意を伝えられただけのときには、何かを求められているわけではありません。
そのため相手からの好意をただ『喜ばしいもの』として受け取ることができるのです。

「私を好きになって」と求めるではなく「私はあなたを素敵な人だと思っているよ」と伝えること。
好意を伝えるときには、「相手に見返りを求めないこと」を心がけてみてください。

【7】相手の愛を手に入れることに執着している

人が人を好きになるのは自由です。
そして、自分が好きになった相手が自分のことを好きになるかどうかも、相手の自由です。

このことは当たり前といえば当たり前なのですが、恋に夢中になってしまうとついつい忘れてしまうもの。
「どうしても自分のことを好きになって欲しい」と『相手の気持ちを手に入れること』に執着してしまうのです。

しかしそれは、人の心をコントロールし縛ろうとするのと同じこと。
そしてその執着心が強ければ強いほど、相手はそれを感じ逃げたくなってしまうものです。

この人しかいないと思うならそう伝えれば良いのです。ただ自分が欲しいからと言って相手の気持ちが手に入るかは別の問題です。

たとえ付き合いに発展したとしても、相手の人生は相手の自由。
誰かを好きになるのも嫌いになるのも、その人の自由。

なかなか難しいことではありますが、このことを受け入れ、相手に選択の自由を与えてあげましょう。
意外かもしれませんが、こうしたスタンスでいる方がお互いに居心地の良い関係を築きやすくなります。

大切なのは、あなたが相手を好きになり、自分の中に愛を見つけたという経験です。
もしも望んた結果が手に入らなかったとしても、人を好きになるという経験自体が、すでにかけがえのない経験なのです。

【8】自分に自信がない

女性としての自分に自信が持てないときも、片思いはこじれてしまいがちです。
というのも、自分に自信が持てない女性は必要以上に『相手から拒絶されること』を怖れてしまうから。

「無視されたらどうしよう」という気持ちから相手に挨拶することができなかったり。
「変な人だと思われたらどうしよう」という不安から相手に話しかけることができなかったり。
「嫌われないようにちゃんと受け答えしなきゃ」と緊張して会話が上の空になってしまったり。

相手の反応を気にしすぎて、行動できなくなってしまうのです。

こうした状況を変えるためには、やはり自分に自信を持つこと。
自信を持つというのは、『自分』を『信じる』ことです。

失敗しても大丈夫。相手から拒絶されても無視されても大丈夫。
例えそうなったとしても、自分は魅力的だし素敵な女性。

こんな風に、たとえ何があっても自分は大丈夫なのだと信じてあげてください。こうした思考があなたの行動の基盤になります。

あなたの価値を決めるのは、周りの人ではなくあなた自身です。

関連記事:気になる人に話しかけたい!でも行動する勇気がでないときの4つの対処法

【9】相手が行動してくれるのを待っている

  • 自分の背中を押してくれる出来事が起きるのを待っている
  • 相手がアクションを起こしてくれるのを待っている
  • 何かのきっかけで距離が縮まるのを待っている

受け身な姿勢で恋に望んでいるときも、なかなか思うように恋は進展しません。

「◯◯したい」「◯◯になりたい」という望みを抱いたなら、それができると信じて行動すること。
自分で自分の背中を押して、自分でアクションを起こして、自分できっかけを作り出すことが大切です。

ただ運に任せて『待っているだけ』では自分にとって都合の良い展開がやってくる可能性は宝くじなみ。
でも、自分で行動すれば、その可能性は何百倍、何千倍にもアップします。

待つのではなく、勇気を持って自分自信で行動してみてください。
目の前には既にチャンスがあります。そのチャンスを掴むのも掴まないのもあなた次第なのです。

【10】相手に過剰に期待してしまっている

片思い中というのは、自分にとって都合の良い展開を妄想しがちです。

  • ◯◯君と2人きりになったら話して仲良くなってデートに行って……
  • ラインやメールで仲良くなって食事に行って……
  • デートで良い雰囲気になって告白されて……

などなど。

しかし、実際には2人きりになる機会がなかなかなかったり、会話をしてもなかなか盛り上がらなかったり、ラインやメールはすぐに途切れてしまったり、返信がスタンプ1つだけだったり、デートがチェーンの居酒屋だったりするものです。

こうした『思っていたのと違う展開』というのは、普通のことです。

ところが、前途のように自分にとって都合の良い展開を期待していると、自分の期待以下の展開になったときに、いちいちガッカリして落ち込んでしまいます。

そして「もう無理かも」「こんなはずじゃなかった……」「この恋は上手くいかないのかな……」「神様に見捨てられた……」とネガティブな思考のループに陥ってしまうのです。

他人は自分とは全く違う世界を生きる、自分の想像の外に在る存在です。
そして未来は誰にも予想ができません。

『自分の予想』というのは、裏切られて当然なのです。
そしてそれは同時に、『自分の予想』以上の面白くてワクワクする展開や、楽しくて幸せな展開もあり得るということ。

だからこそ、「こうなるだろう」「相手もこうだろう」という自分の思い込みの中で、妄想を繰り広げ期待するのは止めましょう。
そこに固執していると、『自分の予想と違う展開』に直面したとき、対処できなくなってしまいます。

いっそ考えるのをやめて、ただただ目の前の現実を味わうことに集中してみる。
妄想を現実でなぞるのではなく、現実だけに集中して、予想の出来ない物語を体感してみる。

そんなスタンスでいると、『予想外の出来事』も柔軟に楽しめるようになります。

おわりに:片思いを上手く進めるために

いかがでしたか?

片思いが思うように進まないときというのは、いわゆる『1人相撲』の状態です。
こういうバランスだと、片思い期間だけではなく付き合ったあとも関係がこじれがち。

「当てはまってるかも……」という方は、ぜひ今回紹介した10のことの『逆』をしてみてください。

  • 相手のことを追いかけない
  • 相手との会話のキャッチボールを大切にする
  • 自分主体の恋をする
  • ある程度オープンに恋をする
  • 好意のサインを出す
  • 押したら引く
  • 執着しない
  • 自分に自身を持つ
  • 自分から行動する
  • 妄想や期待をしない

これらの行動がこじれた恋の糸を解きほぐしてくれます。
できることから少しずつ、取り組んでみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆