「おい、お前ちょっと鏡見てこいよ」

学生時代のある日。
仲の良い友人達と世間話を楽しんでいたとき、辛口男のD君が私に言いました。

てっきり鼻毛でも出ていたのかと、慌てて手鏡をチェック。

(あれ?なんにも出てない……?)

戸惑う私。
面白そうに見守る周りの友人達。

しかし、よくよく顔を見ていると、一つ気になることが。

(まさか、コレか……?)
そう思ったとき、痺れを切らしたD君がため息まじりにいいました。

「ホラ、よく見てみろよ。生えてるだろ?」

そう言ってD君が指差したのは、そのまさか。
私の口元でした。

意外と見られている口元のおヒゲ

D君が指差した私の口元。
そこに在ったのは、牛乳を飲めばさぞかし立派な白ヒゲを作るだろうというほどのヒゲ。

よく見なければ気にならない……と自分では思いましたが、どうやらD君的にはアウトだったようです。

恥ずかしいやら情けないやらの私に、D君はさらに追い討ちをかけます。

「お前、だからモテないんだよな」

女にだってヒゲは生える

元気出せよ、と言いながらその場を立ちさるD君の背中を見ながら、私は周りの女の子達チェック。
さりげなくその場を立ち去った子が数名いましたが、その場に残っている友人達の口元は確かにツルツルでした。

「え?みんなヒゲ剃ってるの?」

「うん、まぁ。生えてきたなーと思ったらカミソリで剃ったりするけど……でも、あの言い方はないよね」

と言いながら私の肩をぽんぽんと叩く友人。
どことなく面白そうに見えたのは気のせいではないでしょう。

ヒゲの手入れ

悔しさを胸に秘めたまま、再び鏡を覗き込みます。

確かに、しっかりと生えているヒゲ。

当時の私は、ヒゲの手入れなど一度もした事がありませんでした。
なので、D君に指摘されたときも「女なのにヒゲの手入れなんて必要なの?」と思ったのが正直なところ。

産毛と言いはれば産毛。
でも、ヒゲと言われればヒゲ。

男らしさの象徴:ヒゲ

男性は毎日ヒゲを剃ります。
だからこそ、女性の「ちょっとしたヒゲ」も気になるのかもしれません。

「男は毎日ヒゲを剃らなきゃいけなくて大変だよね〜」なんて呑気に考えている場合ではないのです。
私たちも、ヒゲの手入れをしなければならないのです。

また、ヒゲというのは男らしさの象徴。
生やしたところで、私たち女性の魅力をアピールすることにはならないのです。

男性は女性のヒゲにがっかりする

牛乳を飲んだときにヒゲが出来て笑っていられるのは子供だけ。
「可愛い」と大人たちから口元を拭いてもらえるのは小学生まで。

気になる女の子に『ヒゲ』が生えていると「ガッカリする」という男性は多いです。

腕や足やワキと比べると、見逃してしまいがちなヒゲの手入れ。
鼻毛やヒゲの手入れというのは女同時の会話にも上がりにくい部類のものですが、確かに、美人にヒゲが生えていたら……なんとも不釣り合いですよね。

きちんと処理して愛らしい口元に

そんな経験から、口元のおヒゲを処理するようになった私。
確かに、ヒゲをきちんと剃っておくと、口元がすっきりしリップも映えます。

たかがヒゲ。されどヒゲ。
ついつい忘れてしまいがちな部分ではありますが、相手との物理的な距離が近づけば近づくほど、目につく部分。

『チャンス』はいつやってくるか分かりません。
もしかしたら、今日気になる彼と急接近できるかもしれないのです。

そんなチャンスで彼にガッカリされないためにも、しっかりお手入れしておきましょう。

カミソリや毛抜きで手入れするのも良いし、サロンなどで脱毛するのもおすすめ。
顔脱毛の料金を徹底比較!一番安くてお得なサロンを検証

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手くいきますように……☆