香水でボディクリームは作れる?

「良い匂いの女性になりたい……」

あなたもこんな憧れを抱いたことがあるかもしれません。

ふとした瞬間に女性からふわりと良い匂いがしてくると、同性でもキュンとしてしまいますよね。

とはいえ、香水を上手につけるのは意外と難しいもの。

良い香りだからとついついつけすぎてしまった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

男性が好むのはプンプンと漂う香水の匂いではなく、ほのかな香り。

そこで活躍するのが『ヘアミスト』や『ボディクリーム』なのですが、香水と同じ香りのものが売られていなかったり、売っていてもなかなか手の出しにくいお値段だったりするもの。

そこで今回はお気に入りの香水で髪にも体にも使える便利なクリームを作る方法を紹介します。

香水で作るヘア&ボディクリームの材料

  • 自分の好きな香水
  • ニベアやワセリンなどの保湿クリーム
  • 混ぜる棒(プラスチックのアイスのスプーンがおすすめ)

保湿クリームはなるべく無香料のものを選ぶのがポイント。

ニベアくらいなら香水の香りのほうが強いのであまり気になりませんが、ユースキンのようなちょっと癖のある香りのものはNG。

簡単!ボディクリームの作り方

香水で作るヘア&ボディクリーム

  • まず用意したケースに保湿クリームを入れます
  • お好みの香水をほんの1滴!
  • よく混ぜて完成です

ポイントは、香水の量は少なめにすること!

最初はほんの1滴垂らす程度で、そこから増やしていくようにしましょう。

個人的には、ボディクリームとして使う場合はニベアが伸びがよくて使いやすいなと感じています。

ワセリンだとちょっとベタベタするのが気になるし、あまり伸びないのでボディークリームとしては使いにくいんですよね。

練り香水としても利用可能

香水の量を少なめにすれば、デコルテや足に塗ってボディクリームとして香らせることができますし、少し量を多めにすれば練り香水としても利用可能です。

空気に触れると香りは飛んでしまうので、密閉できる容器に保存して、なるべく早く使い切るようにしましょう。

練り香水として使う場合、無香料のワセリンがおすすめ。

硬めのテクスチャなので、持ち歩きにも便利です。

ヘアミストも作れる!?

ちなみに、私は香水でヘアミストも作成しています。

作り方は簡単。

小さめのスプレーボトルに水道水を入れ、そこに香水をほんの1滴垂らすだけ!

それをよく振って髪にスプレーすれば、ヘアミストとして使えます。

ちなみに、水と香水は分離してしまうのですが、使う前に振ることできちんと香らせることができます。

無水エタノールを使えば綺麗に混ぜるのですが、髪を傷める原因になるので私は水だけで使っています。

とはいえ、こうして作る手作りヘアミストには、防腐剤が入っていません。(※香水には入っていますが、水で薄めればそれだけ防腐剤も希釈されます)

なので、なるべく早めに使い切りましょう!

私はいつも2〜3日で使いきれる分だけを作るようにしています。

……衛生面などが気になる場合は、薬局などで精製水を購入して使うのがおすすめです。

ヘア&ボディオイルも便利

無香料のオイルを使えば、ヘア&ボディオイルとしても活用できます。

ホホバオイルなどは、無印などで手軽に手に購入できるのでおすすめ。

ただ、そもそも香水のような『香料』には美肌効果がある訳ではありません。

体質によっては合わずに肌が荒れてしまう場合もあります。

なので、自作したオイルなどを使うときにはまずは目立たない場所に使ってチェックしてみましょう!

他にも使い方はいろいろ!

香水は、肌につけなくてもコットンにつけてブラに挟んだり、サシェとして引き出しに入れたり、紙にプッシュして手帳に挟んだり。

さまざまな使い方があります。

「いい香りだったから買ったんだけど、ちょっと使いにくいんだよなぁ」というときには、こうした使用法もおすすめですよ。

ふんわりとした香りで女子力アップ

良い匂いの女性
いかがでしたか?

お気に入りの香水で手軽に作れるヘア&ボディクリーム。

なかなか気に入るクリームが見つからないときや、「好きな香りはあるけれど、デパートで売っているボディクリームにはちょっと手がでない……」というときにとてもおすすめです。

男性が思わず抱きしめたくなる『ふんわりとした香り』を纏ってくださいね(^^)

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆