わがままな女性がモテる理由

ワガママを言う女性

「男はわがままな女が好き」
「わがままな女はモテる」

そんな台詞を、あなたもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

そしてその言葉の通り、ワガママな女性は男性によくモテます。

とはいえ、一見めんどくさそうな「ワガママな女性」が、何故男性にモテるのでしょうか? 今回は『男はわがままな女が好き』な4つの理由を解説します。

『男はわがままな女が好き』な4つの理由

【1】「必要とされている」と感じるから

必要としている

人間は誰しも、社会や周りの人から「必要とされたい」という欲求を抱いているものですが、男性は一般的に、女性と比べるとその傾向が強いとされています。

「これやって」「あれ欲しい」などとワガママを言われると、男性はその女性に「必要とされている」と感じます。
そして「自分のことを必要としてくれている女性」に、愛おしさを覚えるのです。

【2】「信頼されている」と感じるから

信頼されている

人は大人になるに連れて、気遣いや遠慮を覚えていきます。しかし、それがときに距離を縮めにくくしてしまうのも事実。

自分の欲求を素直に伝えたり、お願いができる女性は、相手に「信頼されている」「親しみを持ってもらえている」と思ってもらえます。

人は自分に好意を抱いてくれている人に好印象を抱くもの。意外かもしれませんが、上手にワガママを言える女性は、相手の男性から好印象を抱かれやすいのです。

【3】「なんとかしてあげたい」と思うから

守りたい

素直に自分の気持ちを口にし、甘えてくる女性の姿に、男性は保護欲をくすぐられます。

もちろん、何も言われなければなんとも思いません。しかし、人間は本能的に「誰かに何かしてあげたい」という欲求を抱いています。

「○○したいなぁ」「○○に行ってみたいなぁ」「○○がなくて困ったなぁ」などと言われてしまうと、人の心には「俺がなんとかしてあげたい」という気持ちが芽生えます。

自分の欲求を素直に口にする人は、周りの人に「その人の夢を叶えてあげたい」「守ってあげたい」という気持ちを抱かれやすいのです。

【4】『調整』が働くから

「ズレ」を調整

女性の『わがまま』を叶えてあげるとき。
それは、必ずしも『相手のことが大好きだから』とは限りません。

顔見知り程度の相手にお願いごとをされることも、上司から頼まれることもあると思います。しかし、そんなときに人間の脳では面白い現象が起こります。

それは『ズレを調整しようとして相手への好意を増幅させてしまう』というもの。

脳は『この人(女性)のために自分はこんなに頑張った』という情報と『この人は自分にとってどうでもいい人』というズレを調整するために、お願いごとをしてきた相手のことを『大切な人』と認識しようとするのです。

そうすることで『自分がこんなに頑張ったのは、自分がこの女性のことを好きだからだ』と辻褄が合います。人間の脳には、そんなある意味恐ろしい機能が備わっているのです。

おわりに

以上4つの理由を解説しましたが、いかがでしたか? 男性は『わがままな女性』に好意を抱きやすいのには、こうした理由があるのです。

気になる人が「ワガママな女の子は可愛い」と言っているのを聞いたとき。彼氏に「もうちょっとワガママも言って欲しいな」と言われたとき。

そんなときは、今回紹介した4つのことを思い出してみてください。ワガママも、上手に使えば二人の距離を近づけるきっかけになります。

いつもあたたかい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆