恋人への束縛

恋人への束縛

束縛。
恋人とのお付き合いにおいて、切っても切れないこの行為。

「うちの彼女、束縛が激しくてさ…」と頭を抱えている男性もいれば、「うちの彼、私のことずっとほったらかし。男友達と二人で遊んでも何も言わないし……もう少し束縛されたい」と『束縛のなさ』に不安を感じている女性もいます。

やりすぎも、やらなすぎもダメ。

しかし、そもそも人はなぜ束縛をするのでしょうか?

恋人と良い関係を作る上で避けては通れない問題だからこそ、しっかりと考えておきたいもの。今回は『束縛に隠された意外な7つの心理』を紹介します。

束縛に隠された意外な7つの心理

【1】相手のことを信頼していない

信頼していない

相手を信頼できないとき。束縛という形で自分につなぎ止めとうとする場合があります。

  • 異性の友達が多い
  • 浮気の前科がある
  • 元恋人と連絡を取り合っている

こうした状況は相手から不審がられる原因になり、束縛を招いてしまいがちです。

お互いにきちんと話し合い、ゆっくり少しずつで良いので信頼関係を築いて行きましょう。

【2】相手を思うがままにしたい

思うままにしたい

この欲求は誰しもが持ち合わせているもの。男性は女性の『考え方や行動』を、女性は男性の『時間』を束縛したがる傾向にあります。

「自分は自分、相手は相手」と線引きをすることが大切です。

【3】相手からの愛情に不安がある

愛情に不安がある

相手からの愛情表現が希薄だったり、他の異性の影を感じているとき。「自分から離れて行ってしまうかも」という不安が束縛につながる場合もあります。

「愛してる」「好き」「大切」などの言葉で愛を伝えたり、スキンシップをこまめにしっかり行うよう心がけると、改善さにつながります。

【4】実は自分に浮気願望がある

浮気願望がある

人は、他人にも『自分の考え方』を投影する生き物。自分に浮気願望がある場合、無意識に「相手もそうだろう」と考えてしまいます。

そして「相手に浮気されるんじゃないか」という不安は束縛につながります。

恋人がこのタイプならば、「私(俺)は違うよ。あなたももちろんそうでしょ?」と相手に『相手の心の中』を見つめさせることで改善する場合があります。

【5】自分に自信がない

自信がない

「愛情も伝えているし、自分には浮気願望は全くない。なのに、相手は自分を束縛したがる……」

そんな場合、束縛する側が『自分に自信がないこと』が原因の場合があります。

自分に自信がないから、いくら愛情を与えられても卑屈に受け取ってしまう。「自分なんか……」と考えてしまい、相手からの愛情を素直に受け取ることができない。そして、もっと愛情を確認したいと相手を束縛してしまう。

もしも相手がこのタイプの場合、愛情を伝えるのと同時に褒めたり、相手を肯定したり認める発言をするなどして自信をつけさせることで束縛が緩和する可能性があります。

【6】甘えたいという欲求がある

甘えたい

甘えたい、愛されたい、大切にされたい。

そんな欲求があるものの、ストレートにそれをぶつけられず『束縛』という形で現れるパターンです。

思い通りに行かずに突然不機嫌になったりするのも、そもそも相手に甘えているから。相手が自分に構ってくれないこと自体が不満だからです。

この場合は子供をなだめるような気持ちで相手をなだめるのが効果的です。「いつも○○ちゃんのこと考えてるよ」などの言葉を与えて上げることで改善する場合があります。

【7】傷つくのが怖い

傷つきたくない

好きな人が自分から離れてしまうのは、誰だって怖いもの。相手を失って自分が傷つくことをおそれているから、束縛してしまう場合もあります。

……とはいえ、物事は上手くいくこともあれば、そうでないこともあります。傷つくことを怖れる自分の弱さを、相手に押し付けても良い結果は生まれません。

相手がこのタイプの場合は「未来がどうなるかは分からないけれど、自分はあなたと上手くやって行きたいと思っている」という言葉を伝えることをおすすめします。

束縛の根底にあるのは『失うことへの不安』なので、その不安を拭い去るような言葉をかけてあげるのが効果的です。

おわりに

話し合いで心地よい関係を

いかがでしたか?
束縛される・束縛されない不満は、あえてルールを決めることで改善される場合もあります。例えば「毎日朝晩はメールをする』というルールを決めたら、日中にメールの催促をされることがなくなった……」となどいう声も聞きます。

2人で話し合って、お互いに『心地よい距離』を掴むことが大切なのかもしれません。

いつも暖かい応援、ありがとうございます(^ ^)
あなたに素敵な恋が訪れますように……☆