彼の心をキュンとさせる『応援メール』って?

応援メールで彼をキュンとさせる方法

好きな人とメールがしたい。
けど、重い女と思われてしまうのは嫌……!!

こんな風に悩んだ経験をお持ちの女性は多いのではないでしょうか。特に、片思い中や付き合って間もないカップルの場合、相手とメールのタイミングが合わず、モヤモヤしたしまうこともあると思います。

そんなときにオススメなのが『応援メール』

応援メールなら、重いと思われるどころか、彼を喜ばせて好感度を上げることもできてしまいます。

今回はその作り方とコツを解説していきます。

『応援メール』の作り方のコツ5選

【1】明るい文面を心がける

明るい内容

効果絶大!モテ女が使う12の小悪魔メールテクニックという記事でも触れていますが、恋人や好きな人へのメールでは、ポジティブな内容や明るい文面を心がけることが大切です。

絵文字やLINEのスタンプなどもなるべく明るい雰囲気のものを選ぶことで、あなたのメールに対して、ポジティブな印象が残りやすくなります。

【2】文章は長すぎず短すぎず

ほどほどの長さ

文章が短すぎると返信を催促されているような印象を与えてしまうし、逆に長すぎると「読むのも返信するのも面倒だな」と感じさせてしまいます。

文章は『1画面に収まる長さ』を目安に作成しましょう。

【3】『ねぎらい・気遣い・応援』を取り入れる

労い・応援・気遣い

「おつかれさま」などの労いの言葉。「体を壊さないようにね」などの気遣い。そして「明日もお仕事頑張ってね」などの応援の言葉。

文章のなかにこの3つを入れると、相手の男性に「自分のことを思ってくれているんだな」と感じてもらえます。逆にこれらがなく自分の話や質問文ばかりだと、自分勝手な印象を与えてしまいます。

【4】質問はしない

質問をしない

相手が忙しいと分かっている場合は、質問は控えるようにしましょう。返事を催促されているように感じさせてしまうからです。

【5】返事は求めない

返信不要

男性は、基本的には『何か一つのことしかできない』生き物。仕事で頭がいっぱいの時は、本当に『たった一分のメール』すらできないものなのです。

そんな彼に「返信してね」というプレッシャーを与えてしまうと、そのメールは彼にとって『苦痛』ですが、「返信はいらないからね」というスタンスでメールを送れば、それは彼にとっても、恋人や気になる女性からもらった「嬉しいメール」です。

そういうメールのほうが、時間が空いた時に「返信しようかな」という気持ちになりやすいもの。長くメールのやり取りを続けてもらうためには、返信を強制的に義務付けるのではなく、相手に自発的に「返信しよう」という気持ちを持ってもらうことが大切です。

片思い中の相手なら『次の約束』をしてしまう

いかがでしたか?

以上の5つの内容を踏まえると、こんな文章が出来上がります。

『おつかれさま。毎日残業で大変そうだね。体を壊さないようにね。返信はしなくていいよ(^^)明日もお仕事頑張ってね。』

もしも相手が片思い中の相手なのであれば、『時間ができたらまた一緒に食事にに行きたいな』など『次の話』を振ると、デートに繋がりやすくなってオススメです。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆