1度は行きたいスカイツリー

スカイツリー

『なんとかと煙は高いところが好き』なんて言葉もありますが、私はスカイツリーが大好きです。なぜなら高いからです。

展望台から見下ろす景色は、まさに絶景!夜でも日中でも楽しめます。

そんなスカイツリーですが、実は『初デート』にはあまりオススメではありません。今回は高層ビルフェチの私が『初デートでスカイツリーに行ってはいけない6つの理由』を紹介します。

初デートでスカイツリーに行ってはいけない6つの理由

【1】展望台に登れない可能性がある

展望台

風の噂に聞いたことがあるかもしれませんが、スカイツリーは頻繁に『営業中止』します。『風』に弱いのです。

地上よりも上空の方が風が強いので「今日は平気かな……?」と思っていても中止になっていることもあります。朝は大丈夫でも、途中から営業中止になることもあります。

天気と違って、風はなかなか予測が難しい。むしろ、気持ちよく晴れている日ほど風は強かったりします。とくに春は天気がよくても風が強い日が多いので、注意が必要です。

【2】『代わり』がない

代わりがない

ソラマチ内にはプラネタリウムと水族館がありますが『世界屈指の高層建築物であるスカイツリー』の代わりになるかというと、なりません。

それなりにおしゃれなカフェやお店もありますが、やはり「スカイツリーに登れなかったダメージ」を補うほどのものは、ソラマチ内にはありません。

不運にもスカイツリーに登れなかった場合は、ソラマチで傷を癒そうとせず15分ほど歩いて浅草雷門のあたりを観光するのがおすすめです。

【3】天気が悪いと残念な気持ちが残る

曇り空

スカイツリーの展望台は、空の上。雲が多い日は、遠くの景色はもちろん、近くの景色も見えません。

雲が多い日はひとしきり『雲の王国ごっこ』を楽しんだあと、「本当ならあそこに富士山が……」「あの変に都庁が……」と『正解の見えない場所あてクイズ』をするしかなくなってしまいます。

【4】混んでいる

込んでいる

ピークは過ぎ去ったといえど、さすがは人気の観光スポット。スカイツリーも、ソラマチも、それなりに混んでいます。

夜の方が比較的空いているので、人ごみが苦手な人は夕方以降を狙うのがオススメ。

【5】迷いやすい

迷子

「東京の建物なんだから、どうせたいした広さじゃないよ」なんて舐めてかかると、痛い目にあいます。ソラマチは『横に広い』です。

そして、いくつかのエリアに別れています。

「7回には北のエレベーターからしか行けない」「プラネタリウムに行くには一度降りてまた上がらないとならない」など、結構めんどくさいことになりがちです。

【6】料金が高い

料金

スカイツリーのチケットは、回廊(一番上の展望台)も含めて前売り3500円。当日3000円と、それなりのお値段。

付き合い立て、あるいは付き合う前の『デート代は男性が多めに出すか割り勘か』などの攻防戦が繰り広げられる時期には、ちょっと微妙な料金です。

社会人ならともかく、学生さんの『初デート』にはあまりオススメできません。

それでも楽しいスカイツリー

そんなスカイツリー。
今回紹介した理由から、初デートにはあまりおすすめしません。

ですが、天気が綺麗な日などは本当に綺麗です。また、夜は比較的空いています。初デートを無事に成功させた暁には、是非恋人や大切な人と訪れてみてください。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆