あなたは、『男』という生き物にどんな印象を抱いていますか?

「強くてたくましくて……いざというときには守ってくれて……ムフフ」などと、誰もが『男性とはこういうものである』というイメージや理想像を抱いていると思います。

そしてそれは男性も同じ。
世の中の男性達は「きっと女の子ってこんな感じ……うへへ」と夢を、幻想を抱いています。

そして人は自身の中に作り上げたその『異性のイメージ』が破壊されるとき、大きなショックを受けます。
そしてそのショックを与えた人のことは、『恋愛対象』から除外してしまいがち。

いったい、世の中の男性は女性に対してどのような『夢』や『幻想』を抱いているのでしょうか?

今回は代表的なものを6つを紹介します。

【1】女の子はみんな料理ができる

女性は大人になると自然と料理ができるようになる。
そんな不思議な思い込みを持つ男性はけして少なくありません。

「お母さん」という最も身近な女性が料理する姿を子供のころから見て来たからでしょうか。

男性は女性に対して「美味しい料理を作ってくれる」という夢を持っています。
だからこそ「全く料理が出来ないしする気も全くない」という女性には多少のショックを受けるようです。

【2】女の子はみんな綺麗好き

これも多くの男性がもつ不思議な思い込みの一つです。

男性は「女の子は清潔な生き物」と思い込んでいます。
女性の体からはいつも石鹸の匂いがすると思っているし、女性の部屋はいつもアロマの香りがすると思っています。

だからこそ、女性の鞄の中から「いつから入っていたの?」と突っ込みたくなるようなお菓子のゴミが出て来たり、女性の靴下から「何年熟成させたんですか!?」と尋ねたくなるような匂いがしたとき、男性は大きなショックを受けます。

【3】女の子はみんな弱い

多くの男性は子供のころから「女の子には優しくね」などと大人達から言い聞かされています。

「女の子は男より弱いから守ってあげなくてはいけない」

こんな気持ちを、多くの男性が抱いているのです。
そしてそれは、多くの場合『男としてのアイデンティティ』とも関連しています。

「女の子には自分に守られて後ろをついて来て欲しい。なぜならそんな風に女の子を守って尊敬されている自分がカッコいいから」

程度の差はあれど、多くの男性がこんな風に考えているのです。
その為、男勝りの女の子(自分よりも強い女性)に引け目を感じてしまう男性もいます。

【4】女の子はみんな柔らかい

子供から大人になる過程で、男女の体には違いが出てきます。

女性が「男性は逞しい」「あの二の腕で抱きしめられたい」「熱い胸板でギュっとされたい」と妄想を募らせるように、男性も『女性の体』に対して果てしない妄想を募らせています。

その最もたるのが『柔らかさ』です。

二の腕や胸やお尻、あるいは肌自体。
男性は女性の『柔らかい体』に憧れて、果てしない妄想を膨らませているのです。

しかし、だからと言ってただただ『柔らかボディ』を目指せば良い訳ではありません。
彼らは同時に「お腹や足首は引き締まっていて欲しい」というわがままな願望を抱いてもいるからです。

ダイエットや筋トレをするときには『柔らかさ』もありつつ、きちんと引き締まった『メリハリボディ』を目指すのがおすすめ。

【5】女の子はみんな恥ずかしがり

純粋、貞操観念……といったものともつながるのですが、男性は女性に「恥じらい」を持って欲しいと思っています。

だからこそ、眉毛も書かないスッピンで登場したり、飲み会でつぶれてしまったり、白昼街中で下ネタを堂々と口にする女性に対して「女として見れない」「軽そう」と感じる男性は多いようです。

恥じらいとは『女性らしさを守ること』と意識して、大切にしましょう。
一度捨ててしまったら最後、取り戻すのは大変です。

【6】女の子はみんな優しい

「男はロボットや恐竜やバトルが好き」

私たちがなんとなくそんなイメージを持っているように、男性はこんなイメージを女性に持っています。

「女の子は子供や動物やお花が好きな優しい生き物」

もちろん全ての女性がそうではありません。
しかし男性は女性に対して「なんでも受け入れてくれる優しさ」「なんでも許してくれる優しさ」などの多少の『アニメや漫画のヒロイン的要素』を求めています。

かと言って、包容力がありすぎて『世話焼き母さん』になってしまうと途端に「女性としてはみられなくなってしまう」のですから、男性とはなんてわがままな生き物なのでしょう。

こんな女の子と仲良くなりたい!

いかがでしたか?

今回紹介した6つは、男性が思い描く女性像の代表的なものです。

まとめると、『料理が出来る/綺麗好き/か弱い/柔らかそう/恥じらいがある/子供好きな女性』ということですね。
こんな女性に対して、男性は「やっぱり女の子だなぁ」「女の子らしいな」という印象を抱く場合が多いのです。

逆に『食事はいつもコンビニ/部屋は汚部屋/男性より強い/下ネタ大歓迎/キツめの女性』には女性らしさを感じにくいので、当てはまる部分がある場合には、イメチェンをするか、意識して他の部分での女性らしさの演出を心がけると、男性から『異性』として意識されやすくなります。

「異性から女として見られない」という女性は、ぜひ意識してみてください。
きっと男性からの見る目が変わってきますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆