男性が抱く「女性像」

th_069923.jpg

あなたは、男性という生き物についてどんな印象を抱いていますか?

やんちゃ、力が強い、機械に強い……人それぞれ、多少異なると思いますが、誰しも「なんとなくこんな感じだろう」というイメージを持っていると思います。

そしてそれは男性も同じ。
世の中の男性達は「きっと女性はこんな感じ……うへへ」と夢を、幻想を抱いています。

そして彼らは自身の中に作り上げたその儚い「女性像」が破壊されるとき、大きなショックを受けます。
そしてそのショックを与えた女性のことを「恋愛対象」として見ることが出来なくなってしまう可能性すらあります。

今回は「男性が女性に対して抱いている6つの儚い幻想」を紹介します。

「男性が女性に対して抱いている5つの儚い幻想」

その1 女の子はみんな料理ができる

th_ryouri.jpg

女性は大人になると自然と料理ができるようになる。
そんな不思議な思い込みを持つ男性はけして少なくありません。

「お母さん」という最も身近な女性が料理する姿を子供のころから見て来たからでしょうか。

男性は女性に対して「美味しい料理を作ってくれる」という夢を持っています。
だからこそ「全く料理が出来ないしする気も全くない」という女性には多少のショックを受けるようです。

その2 女の子はみんな綺麗好き

th_souzi.jpg

これも多くの男性がもつ不思議な思い込みの一つです。

男性は「女の子は清潔な生き物」と思い込んでいます。
女性の体からはいつも石鹸の匂いがすると思っているし、女性の部屋はいつもアロマの香りがすると思っています。

だからこそ、女性の鞄の中から「いつから入っていたの?」と突っ込みたくなるようなお菓子のゴミが出て来たり、女性の靴下から「何年熟成させたんですか?」と尋ねたくなるような匂いがしたとき、男性は大きなショックを受けます。

その3 女の子はみんな弱い

th_yowai.jpg

多くの男性は子供のころから「女の子には優しくね」などと大人から言い聞かされています。

それによって彼らの中には「女の子はみんな自分より弱い」というイメージが出来上がっています。

「女の子には自分に守られて後ろをついて来て欲しい。なぜならそんな風に女の子を守って尊敬されている自分がカッコいいから」

程度の差はあれど、多くの男性がこんな風に考えているということを忘れてはいけません。

その4 女の子はみんな柔らかい

th_a0002_006954.jpg

子供から大人になる過程で、男女の体には違いが出てきます。

女性が「男性は逞しい」「あの二の腕で抱きしめられたい」「熱い胸板でギュっとされたい」と妄想を募らせるように、男性も「女性の体」に対して果てしない妄想を募らせています。

その最もたるのが「柔らかさ」です。

二の腕や胸やお尻、あるいは肌自体。
男性は女性の「柔らかい体」に憧れているのです。

しかし同時に「お腹や足首は引き締まっていて欲しい」とわがままな願望を抱いてもいます。

その5 女の子はみんな恥ずかしがり

th_hazirai.jpg

純粋、貞操観念……といったものともつながるのですが、男性は女性に「恥じらい」を持って欲しいと思っています。

だからこそ、眉毛も書かないスッピンで現れたり、飲み会でつぶれてしまったり、下ネタを堂々と口にする女性に対して「女として見れない」「軽そう」と感じる男性は多いようです。

恥じらいとは「女性らしさを守ること」と意識して、大切にしましょう。
一度捨ててしまったら最後、取り戻すのは大変です。

その6 女の子はみんな優しい

th_yasasii.jpg

「男はロボットや恐竜やバトルや戦争ごっこが好き」

私たちがなんとなくそんなイメージを持っているように、男性はこんなイメージを女性に持っています。

「女の子は子供や動物やお花が好きな優しい生き物」

もちろん全ての女性がそうではありません。
しかし男性は女性に対して「なんでも受け入れてくれる優しさ」「なんでも許してくれる優しさ」などの多少の「お母さん的要素」を求めています。

かと言って「世話焼き母さん」になってしまうと途端に「女性としてはみられなくなってしまう」のですから、男性とはなんてわがままな生き物なのでしょう。

女性らしさを感じない女性

以上の5つの項目は、男性が思い描く女性像の代表的なものです。
「料理が出来て綺麗好きで弱そうで柔らかそうで恥じらいのある子供好きな女性」に対して、男性は「女性らしさ」を感じます。

逆に「食事はいつもコンビニ、部屋は汚部屋、男性より強いトゲトゲしたファッション、下ネタ大歓迎で子供嫌い」な女性たいしては女性らしさを感じにくいので、それ意外の部分で女性らしさを演出する必要があります。

また、ファッションに関して言えば足や胸など「女性らしい部分」を多少露出することで、視覚からダイレクトに「女性らしさ」を伝えることができます。

「異性から女として見られない」という女性は今回紹介した6つの項目を意識して取り入れてみてください。
きっと男性からの見る目が変わってきますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆