「恋には駆け引きが大切って言うけれど……いったい駆け引きって何なの?」

あなたもこんな悩みをお持ちかもしれません。

  • 好きな人ができても思うように相手の気を引けない
  • 好きな人とどうやって距離を縮めたらいいのか分からない
  • 恋愛に自信がなく消極的

今回は、そんな女性におすすめ。
『好きな人ができたら押さえておきたい基本の駆け引き5選』を紹介します。

【1】好意のサインを出す(駆け)けど決定的なことはしない(引き)

恋を始めるためには、まずは相手にこちらの好意を伝えること。

  • 相手に積極的に話しかける
  • 相手を特別扱いする
  • 相手を褒める

これらの行動で、相手の男性に「この子ってもしかして俺のことが好きなのかな!?」と感じてもらいましょう。
これが恋愛における『駆け』です。(関連記事:【恋愛成熟】片思いの相手に出すべき7つの好意のサイン

しかし、こうして攻め続けるだけでは、『いつも話しかけるのは自分から』『自分が彼を気になってることはバレてるかもしれないけど相手の気持ちは全く分からない』『最近ちょっと避けられてるかも……重いと思われた?』なんてことになりがち。

それを避けるためには、きちんと『引く』ことが大切です。

  • 無理に会話を繋げようとしない
  • 忙しいときには無理に話しかけない
  • 会話が終わったらあっさりと立ち去る
  • 嘘をついてまで褒めない
  • 決定的な言葉(「好き」「付き合いたい」など)は言わない

誰でも、しつこく追いかけられたら逃げたくなってしまうもの。
こうして、引くときにきちんと引いておくと、相手の中には「楽しかった」という印象だけが残り、「もっと話したい」「仲良くなりたい」という気持ちを引き起こすことができるのです。

『好意のサインを出す(駆け)けど決定的なことはしない(引き)』は駆け引きの基本中の基本です。

【2】メールやラインにハートマークを入れる(駆け)けれど返信は遅らせる(引き)

メールやラインでの駆け引きも、基本は『好意のサインを出す(駆け)けど決定的なことはしない(引き)』です。

「俺のことが好きなんだな」と確信させるのではなく、「もしかして俺のことが好きなのかな……!?」と相手の男性に感じてもらうこと。それが大切です。

  • メールにハートマークを入れる
  • ラインでハートマークのついたスタンプを送る
  • 相手の質問にきちんと答える
  • 自分からも質問をする
  • 相手と同じくらいの長さの文章を送る

これらの行動で、相手に好意をつた得ることがメールやラインでの『駆け』になります。

そして、以下のような行動できちんと駆け引きの『引き』の要素を加えていきましょう。

  • メールやラインの返信を遅らせる
  • ハートマークは5〜6通に1回程度にする
  • ときどきそっけない文章で返信する
  • 相手の質問をはぐらかす(「内緒」と答えるなど)

【3】ボディタッチをする(駆け)けど『夜のお誘い』は断る(引き)

好意を伝える手段として、ボディタッチをするのも効果的です。

レストランやバーでは向かい合わせではなく、カウンターのように横に並べる席を選ぶのがおすすめ。
ボディタッチがしやすいし、また体と体の距離も近くなるので距離が縮まりやすくなります。

ただ、ボディタッチはやりすぎる(胸を背中や二の腕に押し付けるなど)と、相手に「軽い女」「このままホテルに行けそうだな」という印象を与えてしまいがち。

ボディタッチに対する『引き』の要素としては、まずはやりすぎに注意すること。
そして、ホテルや自宅へのお誘いに繋げないことを意識してください。

  • 夜はあまり遅くならないうちにきちんと帰る
  • 終電の時間をちゃんと気にする
  • 「泊まっていく?」と言われても「明日朝が早いから」と断る

また、相手からのボディタッチ(腰や背中に腕を回す、肩を抱き寄せるなど)を受けたときにも、それを放置してしまうと相手の男性は「オーケーなんだな」と感じます。すると、それ以上の行為(キス、ホテルへの誘いなど)へもつながりやすくなってしまうもの。

相手の男性が「盛り上がっているな」と感じたときには、一度席を外して物理的な距離を置くなど、『それ以上』に進まないように行動しましょう。

「どうしてホテルに行っちゃダメなの?」と思うかもしれませんが、男性は体の関係になってしまうと「その女性のことを追いかけたい!」という気持ちが薄れてしまいがちです。詳しくはこちらの記事をごらんください。

【4】弱さや弱点を見せる(駆け)けれど頼ってはこない(引き)

男性は女性から頼られると嬉しいもの。
そのため、気になる彼と距離を縮めるためには「これ手伝って欲しいな」「ちょっとお願いしていい?」など、相手を頼ることが効果的です。

しかし、『相手の気持ちを自分に向けさせる』ためには、相手の方から自発的に「やってあげたい!」と思わせる方が効果的。相手の関心を自分に向けさせることになるからです。

方法はいたってシンプルです。

『彼の前で困っている(弱っている)姿を見せる』

これだけです。

  • 「家までの道が暗くて困っている」
  • 「高いところにあるものが届かなくて困っている
  • 「体調が優れなくて困っている
  • 「パソコンの使い方が分からなくて困っている

などなど。こうして自分の弱い姿を見せるだけで、男性は『勝手に』あれこれ協力してくれます。
男性って実は優しいんです。そして、男性はそんな『困っている女性』の役に立っている自分が好きなんです。

『自分の弱いところを見せるけれど自分からはお願いしない』

これも駆け引きとしておすすめの方法です。

【5】男性を受け入れている(駆け)けど男性のものにはならない(引き)

基本的に人間は、自分のことを受け入れてくれる人が好きです。
そのため、以下のような態度は相手への印象を良くする方法として効果的です。

  • 相手の話に共感する
  • 相手の趣味や仕事に理解を示す
  • 相手の話を「うんうん」と最後まで聞く

しかしここで、彼の意見になんでも「YES」と答えるただの『従順な女性』になってしまっては、男性の「手に入れたい」という気持ちを刺激することはできません。

彼の考え方や生き方に共感を示しつつも、ブレない自分を持つこと。
相手の男性を自分に夢中にさせるためには、これもとても大切な要素です。

  • 自分の意見をしっかり持つ
  • 自分の趣味や仕事に情熱を持つ
  • 自分に自信を持つ

おわりに:駆け引きの正解は自分らしさ

いかがでしたか?

駆け引きの正解は、相手からの「やってあげるよ」を引き出すこと。
相手からの「デートしようよ」を引き出すこと。
相手からの「好きだよ」「付き合おう」を引き出すこと。

相手にあなたを追いかけさせることが、駆け引きをする意味であり、駆け引きの正解です。

『恋の駆け引き』というと難しく感じるかもしれませんが、実は駆け引きの究極の形というのは、『自然な自分でいること』なのですよね。

相手への好意を隠さず出して、無理に追いかけない。
相手とのコミュニケーションを楽しみつつ、自分の時間も大切にする。
強がりをせずに自分の弱さやダメな部分も見せる。
相手を尊重しつつ、自分も尊重する。

こんな自然な自分でいることができると、相手も自然とあなたに関心を持ってくれるようになります。

気になる彼との恋に是非ご活用ください。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆