気になる人が出来たとき

片思いの相手に伝える好意のサイン

好きな人が出来た。
でも、どうしたら良いのか分からない。

もしかすると、あなたも今そんな悩みを抱えているかもしれません。

気になる人や好きな人が出来たとき。距離を縮めるためにはどんなことをしたら良いのでしょうか?

今回はそんな悩める女性におすすめな『片思いの相手に出すべき7つの好意のサイン』を紹介します。

片思いの相手に出すべき7つの好意のサイン

【1】相手のことを褒める

    褒める

    人は誰しも心の中に「認められたい」「尊敬されたい」という願望を抱えています。そしてその欲求を満たしてくれる人……つまりは『自分のことを認めてくれる人』『自分の価値を理解してくれる人』に対して、良い印象を抱きます。

  • 凄い
  • 素敵
  • カッコイイ
  • 憧れちゃう

こうした『褒め言葉』は尊敬の気持ちを伝え、相手に「あなたのことを認めている」と伝えるために最も効果的な方法です。

【2】特別扱いをする

特別扱い

  • 他の人は苗字にさん付けなのに自分のことだけニックネームで呼んでくれる
  • 自分にだけいつも笑顔で話しかけてくれる
  • 忙しいときでも気にかけてくれる

こんな風に『特別扱い』をされたとき、あなたはどんな風に思いますか?

おそらく「自分のことを大切に思ってくれているんだな」と感じるのではないでしょうか。恋愛的な好意云々を抜きにして、自分のことを思いやり大切にしてくれる人にもほとんどの人は良い印象を抱きます。

【3】ボディタッチをする

ボディタッチ

やりすぎには注意が必要ですが、ボディタッチも好意を伝えるためには効果的な方法です。なぜなら『嫌いな人』にボディタッチをする人はいないからです。

  • 相手に声をかけるときに二の腕にタッチする
  • 後ろから呼びかけるときに肩や背中をトントンとする
  • 物を手渡す時に指を触れさせる

など方法は様々ですが、あまりベタベタと触るとあからさまな印象を与えてしまうので、ここぞというときに『軽く触れる』くらいのボディタッチをするのがおすすめです。

【4】彼女いるの?と質問する

恋人の有無

「彼女はいるの?」「どんな人がタイプなの?」などの恋愛的な質問をすることで「恋愛対象として意識されているのかな?」と相手に感じてもらうことができます。

もしもいないと分かったら「意外だな」などと伝えながらほんの少し喜びを滲ませると、好意が伝わりやすくなります。

【5】相手といる前で恥ずかしがる

照れる

「男性(や好きな人)と話すと緊張してしまう」と
いう女性は多いのですが、それはぜひ逆手にとって活用しましょう。

「ドキドキしちゃうなー」「緊張して汗かいちゃった……」と相手に伝えます。それによって「あなたの事を意識しています」というメッセージを伝えることができ、相手をドキドキさせることができます。

「あんまり男の人と話すことがないから……」などと付け加えると初心で純粋な印象をプラスすることもできます。

【6】相手の行動に喜ぶ

喜ぶ

シンプルですが、忘れてはいけません。相手と一緒にいるときには笑顔を絶やさず、楽しそうに、そして嬉しそうにしましょう。何かをごちそうしたもらったときにも素直に喜ぶと「可愛いやつだ」と感じてもらうことができます。

【7】メールにハートマークを入れる

メールにハートマーク

女性は友人同士のメールに気軽にハートマークを使います。しかし男性はそうではありません。男同士のメールでハートマークを使うのは『ギャグ』に他なりません。

だからこそ女性からのメールにハートマークが入っていると、男性は「え……これって……!?」とドキドキ、非常にドキドキしてくれます。

使いすぎるとその感覚を麻痺させてしまうので、3通に1通くらいの割合でハートマークを使うことをオススメします。

脈アリの場合は返事がある

いかがでしたか?

これらの行動をしたとき、合わせて確認してほしいことがあります。それは『相手が同じような行動を返してくるか』ということ。例えばあなたが相手を褒めたら相手もあなたのことを褒めてくるか。ボディタッチをしたらしかえしてくれるか……というのを確認してください。

それは脈ありかそうでないかを判断するポイントになります。『恋は盲目』にならないように、冷静に相手の動きを見極めることが大切です。

同じような好意のサインが帰ってくるのであれば、彼はあなたに脈ありの可能性が高いです。2人きりで遊びにいくなどして、さらに距離を縮めてみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆