ホワイトデーのお返しをくれる男性

3月14日のホワイトデー。
あなたがチョコレートをあげた相手は、お返しをくれそうでしょうか?

【温度差】ホワイトデーに対する男の本音3選で紹介したとおり、世の中には「ホワイトデーなんてどうでもいい」と思っている人も意外と多いもの。

きちんとお返しをくれる人は、実は少数派かもしれません。

そこで今回は『男性がホワイトデーにお返しをくれる5パターン』を紹介します。

【1】マメな男性

マメな男性

  • 誕生日には0時きっかりに「おめでとうメール」をしてくれる
  • 女性によく勘違いされる
  • 落ち込んでいる女性を放っておけない
  • 旅行に行くと必ずお土産を買ってくる

こうしたマメな男性の場合、脈の有無にかかわらず、チョコをもらった場合にはきちんとお返しをする傾向にあるようです。

そのマメさゆえ。なんとも思っていない女性から「自分のことが好きなのかも」と勘違いされてしまうことも多々あります。

【2】脈ありの場合

脈あり

相手の男性があなたに脈ありの場合、お返しをもらえる確率は高くなります。

相手の男性も「このチャンスを有効利用したい」と考えるからです。

ただ世の中には「ホワイトデーなんてどうでもいい」「女性も期待していないだろう」と考えている男性も少なくないので、ホワイトデーのお返しの有無だけで脈アリか脈ナシかを判断してしまうのは、あまりおすすめしません。

【3】気を遣われている場合

気遣い

チョコ以外のものももらった場合。高価なものをもらってしまった場合などに「こんなに高いものをもらって申し訳ない」という気持ちからお返しを考える男性も多いようです。

また、女性が『職場の先輩』などにあたる場合にも、気遣いからお返しを考える男性もいます。

【4】女性経験が豊富

女性経験豊富

ホワイトデーにお返しをくれる男性は、そもそも『女性がホワイトデーに期待していること』を知っている男性です。

女兄弟がいたり、女性ばかりの職場に勤めている場合。あるいは、前にお付き合いしていた彼女からホワイトデーのプレゼントを催促された経験がある場合などが考えられます。

【5】見栄っ張り

見栄っ張り

「ケチと思われたくない」「気が利かない男だと思われたくない」という気持ちから、ホワイトデーのお返しをする男性もいます。

ホワイトデーにお返しをしない男性も多い

お返しをしない男性も多い

いかがでしたか?

「ホワイトデーにはお返しが楽しみ」と考えている女性が多い反面、男性の中には「ホワイトデーはあまり重要ではない」と考えている人も大勢います。

必ずしもその女性のことを思っているからお返しをくれるというわけでもなく、またその女性のことがどうでもいいからお返しをしないという訳ではありません。

お返しがもらえなかったからといってあまり落ち込みすぎず、「こんなものか」くらいに受け止めておくのが良いかもしれません。

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が幸せな未来に繋がりますように……☆