彼氏がいないという焦り

焦りが恋を遠ざけてしまう理由

周りの友達にどんどん彼氏ができていく。

そんな状況の中で『焦り』を感じた経験のある人は多いのではないでしょうか?

彼との馴れ初めを頬を赤らめて話す友達を見るたび。デートの話を聞くたび。素直に祝福したいのに不安になってしまうのも仕方がないこと。

……とはいえ、実は『焦り』は素敵な恋愛を遠ざけてしまうということを、あなたはご存知でしょうか? 今回はその4つの理由を紹介します。

「焦り」が素敵な恋愛を遠ざけてしまう4つの理由

【1】無理矢理好きな人を作ろうとしてしまう

無理やり好きになろうとしてしまう

「恋人が欲しい」と焦っているとき。多くの人は『好きになれそうな人』を探してしまいます。

それは必ずしも悪いことではないのですが、焦る気持ちが大きいと自分の本当の気持ちやちょっとした違和感を無視して、恋に突っ走ってしまいがち。

好きな人を無理矢理作ろうとするため『どう考えても自分とはタイプの違う人』や『価値観や考え方が合わない人』をも恋人候補として選んでしまう場合があります。

【2】ガツガツしている印象を与えてしまう

ガツガツした印象

「彼氏が欲しい」という焦りは周りの人にも伝わってしまいます。

その印象は特に異性には「ガツガツしていて怖い」「誰でも良さそう」というネガティブなものとして受け取られがちなため、恋愛面ではマイナスに働くことが多いです。

また、男性は狩猟本能により「追うこと」を楽しいと感じる生き物。ガツガツしている女性は、恋愛対象として見られにくくなってしまいます。

【3】「良く見せよう」と自分を偽ってしまう

よく見せよう!と演じてしまう

「彼氏が欲しい」と焦ってしまうと、異性に対して必要以上に『素敵な自分』を演じてしまいます。「相手から好かれたい」「このチャンスをモノにしたい」という気持ちが強すぎるがゆえに『素の自分』を出せなくなってしまうのです。

しかし『理想の彼氏』を作るためにはそれは逆効果。自分を偽って恋をしても、最初のうちはそれで上手くいってもやがてすれ違いが生まれてしまいます。

あなたらしくすることが、あなたの理想の男性を引き寄せる一番の方法です。

【4】表情を暗くしてしまう

表情を暗くしてしまう

「彼氏がいないといけない」「早く彼氏を作らなくては」という強迫観念にも似た焦りは、あなたの気持ちを暗くさせてしまいます。

するとそれは表情としても現れ、周りの人に「暗い」「ピリピリしてそう」といった印象を与えてしまいがち。

恋愛は、その人に相応しいタイミングでやってきます。肩の力を抜いて気楽に考えてみてください。そうしてリラックスしているときの表情が、あなたをより魅力的に見せてくれます。

『焦り』よりも大切なこと

いかがでしたか?

私自身『彼氏いない歴=年齢』を25年も続けていたので、恋人ができないと焦ってしまう気持ちはとてもよくわかります。でも、焦っても意味はありません。私などは中学生のころから10年以上「彼氏が欲しい」「どうして彼氏ができないんだろう」「このままで大丈夫だろうか」と焦り続けていましたが、焦っても恋人はできませんでした。

むしろ不思議なもので、恋人がができたのはその『焦り』を手放し、目の前の生活を楽しむようにしてからです。

もしもあなたが今、焦ってしまっているとしたら。一度心を落ち着けて、こんな風につぶやいてみてください。

「私には必ず最高の恋人ができるから大丈夫」

この言葉は、心から焦りを遠ざけてくれます。そして素敵な恋人を引き寄せてくれます。

それでも不安なときには、婚活アプリなどを利用してみるのも良いと思います。そこで出会いを探すという意味ではなく『同じように恋人を募集している同性や異性が何千人もいる』ということが分かり、安心につながるからです。

→facebookの婚活アプリ『pairs』を見てみる

そういう意味で、合コンや街コンに参加してみるのもおすすめですよ。あなたの時間と、あなた自身を大切にして、焦らず素敵な恋を探してくださいね。

いつも暖かい応援ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆