料理上手な女性

美味しい食事

あなたは、自分の料理に自信がありますか?

世の中には、幼い頃からお母さんの手伝いをしていた……というまさに『お嫁さんにしたい女性』もいれば、子供のころは男のこと走り回ってたから、料理なんてしたことない!という「この子と結婚して大丈夫かな?」と男性を不安にさせてしまうようなタイプの女性もいます。ちなみに私も後者です。

料理のうまい下手には、経験や、それまでに食べてきたものの味も影響してくるので、一朝一夕で突然料理上手になることはできません。

でも、食べてもらう人に「美味しい」と感じてもらえる料理は、実はちょっとした心がけしたいで、誰にでも作ることができます。

今回は『美味しい料理を作るために大切な誰にでも出来る6つのこと』を紹介します。

美味しい料理を作るために大切な6つのこと

【1】レシピに忠実に作る

レシピに忠実に

料理上手な人がよく言うセリフに「残ってたもので適当に作ったから、美味しいかどうかわからないよ」などというものがあります。

しかし、残り物を組み合わせ、目分量で調味料を使用し、感覚で焼き加減などを調整しても美味しい物ができるのは、それまでに培ってきた経験があるから。

料理初心者が同じように『適当』に作ったら、トンデモナイものができてしまいます。

料理の経験が少ない人、料理に自信がない人は、まずは忠実にレシピを再現してみましょう。分量も時間も、秤やタイマーを使用して、きちんと計測して本の通りに作れば、よほどのファンタジスタでない限りは必ず『美味しいもの』が完成するはずです。

【2】丁寧に作る

料理

1つ1つの作業を丁寧にこなしましょう。最初のうちは時間がかかると思いますが、それは仕方がないことです。

慣れてくると、複数のものを同時に調理したり、料理をしつつ洗い物を片付ける……なんて芸当ができるようにもなりますが、最初からカッコつけてそれをやろうとすると、食材を焦がしたり、お皿を割ってしまったり、あまり良い結果につながりません。

また、急いで料理を作ろうとすると、どうしても作業が雑になってしまいがちです。火傷や怪我をしてしまうリスクも高まるので、まずはゆっくり、丁寧に料理することを心がけましょう。

【3】味見をする

味見

要所要所で味見をしましょう。何かを入れ忘れていたり、逆に入れすぎてしまっている場合も、早めに気づけば、それだけ対処しやすくなります。

味見以外にも、肉や野菜にきちんと火が通っているか、傷んでいる食材はないかなど『安全面』を確認するのも大切です。

始めのうちは味見をしてもよくわからない場合も多いと思うので、もしも身近に料理上手な人がいるのであれば、その人に意見を求めるのも良いと思います。

【4】常識を身につける

常識

『肉は火を通さないと危険』『アルミは電子レンジにいれてはいけない』『りんごは塩水につけないと茶色くなる』など、料理界にも『常識』というものがあります。そしてその常識は、多くの場合レシピ本には書かれていません。なぜなら常識だからです。

しかし、あまり料理をせずに大人になった女性の場合、その常識がすっぽり抜けている場合があります。料理経験の少ない人は、まずは料理の常識や基本を学んぶことをお勧めします。

【5】バランスを考える

バランスの良い食事

ラーメンは美味しいけれど、毎日、毎食ラーメンではやはり飽きてしまいます。栄養バランスも偏ってしまいます。

栄養や色、食感など、食事における『バランス』には様々なものがありますが、まずは『汁物』『野菜』『肉か魚』『炭水化物』の4つを揃えるように心がけましょう。

カレーなどの一品ものの場合も、サラダとスープを添えてあげると、食べる側の満足度はかなり増します。

【6】温かいものを出す

温かい料理

温かいものは温かい状態で。冷たいものは冷たい状態で食べてもらうようにしましょう。

複数の料理を作る場合にはなかなか難しいかもしれませんが、作る順番を工夫したり、なるべくギリギリまでお皿にいれないなど、ちょっとした工夫で稼げる『温度』もあります。

文字通り、もっとも『温もり』が伝わる部分なので、相手の帰宅時間に合わせるなどの配慮も、できる限りしてあげると、より「美味しい」と感じてもらえると思います。

おわりに

以上6つのことを紹介しましたが、いかがでしたか?

ある日突然『料理上手』になることはできませんが、大切な人に「美味しい」と言ってもらえる料理は、ちょっとした心がけと努力で、誰にでも作ることができます。

また、使い古されたセリフではありますが「大切な人に美味しい料理を食べてもらいたい」という気持ちは、何よりの調味料になります。

初めのうちは上手くいかないこともあるかもしれませんが、経験を積むうちに、徐々に上達していくはずです。ぜひその気持ちを大切に頑張ってくださいね。私も頑張ります。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます充実したものになりますように……☆