終電で帰る?それともオール?

デートや、異性を含めたお酒の席。
そろそろ終電だけれど、話が盛り上がって「もう一軒どこかにいく?」と尋ねられた経験をお持ちの女性も多いと思います。

オールに抵抗がないわけじゃないけれど、断って空気が悪くなったら嫌だし、できれば彼との距離も縮めたいところ。

そんな気持ちから「じゃあ……」と応じてしまいそうにもなるかもしれませんが、でも、ちょっと待って。

実はこうした『オールのお誘い』は、お断りすることにもいくつかのメリットがあることをご存知でしょうか?

【1】「きちんとした女性」という印象を与えられる

きちんとした女性

飲み会後のオールのお誘い。そのまま飲み明かすにせよどこかで眠るにせよ、ほとんどの場合は着替えもなく、お風呂も入れない状態です。それを避けようと思えば、誰かの家やホテルに宿泊するしかありません。

いずれにせよ、こうした『お誘い』に応じてしまうと「生活や異性関係がきちんとしている女性」という印象からは離れてしまいます。

彼氏が欲しいのに出来ない女の子にありがちな10の特徴』の記事でも紹介していますがノリが良い女の子は友達としては良くても『彼女候補』からは外れてしまいがち。

だからこそ、その日のうちに帰宅することで「きちんとしている女性なんだな」という『良い印象』に繋がりやすくなります。

ただし、帰宅するときには「やっと帰れる♪バイバイ」ではなく「もっと一緒にいたいんだけど……」と名残惜しい気持ちを伝えることを忘れずに!

【2】「可愛い姿」のまま立ち去ることが出来る

可愛い印象のまま

カラオケや居酒屋で夜を明かす場合、どうしても徐々に『疲れた顔』になってきます。朝きちんと施した化粧は崩れ、整えてあった髪はボサボサになり、お洒落にコーディネートしていた服もヨレヨレになってきてきます。

そうなる前に切り上げることで『可愛い姿』のまま彼の前から立ち去ることが出来ます。

【3】「物足りない」は「また会いたい」につながる

「また会いたい」に繋がる

気になっている彼だからこそ。「嫌われたくない」という気持ちから、誘われるがままにお泊まりやオールのお誘いに応じてしまいたくなるのはしかたがないこと。しかしそれは必ずしも恋を進展させることにはつながらないのです。

というのも、相手の心が完全に満たされ「もういいや」と思うまで一緒にいてしまうと、相手の心から「もっと一緒にいたい」「もっと知りたい」「この人を手に入れたい」という気持ちを奪ってしまうからです。

あえて『物足りない気持ち』を残して解散することで、相手の「もっと」という気持ちを刺激することが出来ます。

オールナイトから始まる恋もあるけれど

オールナイトから始まる恋

いかがでしたか?

もちろん、中にはオールに参加することで恋が進展する場合もありますし、お泊まりから始まる恋もあります。なので『絶対にオールをしてはいけない』という訳ではありません。

オールをすることで彼との距離を縮められそうな予感がするとき。心がときめくときには、お誘いに応じるのも良いと思います。

ただ、男性にとって『お泊まりしたい女性』と『彼女にしたい女性』は必ずしもイコールではないということも忘れずに。

『きちんと帰宅すること』にもメリットがあるのだと覚えておくと、恋をスムーズに進めやすくなりますよ。

自分自身を大切に、素敵な恋を楽しんでくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋がうまく進みますように……☆