片思いの相手の気持ちが知りたいとき

彼の気持ちが知りたいとき

気になる人がいるとき。
相手の男性が自分のことをどう思っているのか、とても気になりますよね。

脈ありならばもっと距離を縮めたいし、脈なしならば逆にスパッと気持ちを切り替えて次の恋に進みたいもの。

以前、男性が好きな女の子に出す7つの脈ありサインを紹介しましたが、今回はその逆。

男性が脈なしの女性に出す『お断りサイン』5選を紹介します。

男性が脈なしの女性に出す『お断りサイン』5選

【1】メールやlineを続けたがらない

メールの返信がない

一番分かりやすい『脈なしサイン』はメールやlineの返信に現れます。なぜかというと、男性にとってのメールは『めんどくさいもの』だから。(参考記事:【男と女でこんなに違う!】男性がメールの返信をしない3つの理由

なので、特別な理由(相手の女性のことをどうしても落としたいと思っている場合や、仕事上必要なメールなど)がない限り男性はあまりこまめにメールの返信をしない傾向にあります。

SNSやtwitterなどは更新しているのにメールの返信がなかったり、ラインを既読スルーされてしまう場合は『脈なし』の可能性が高いです。

【2】デートの誘いを断る

ごめんデートはちょっと……

デートに誘っても応じてくれない場合。

『これ以上の関係にはなりたくない』と考えられている可能性が高いです。

ただ、一度断られても代わりの日付を提案されたり、『時間ができたらこっちから連絡する』など、『次』を期待させるような行動があった場合には、まだ『脈なし判断』は下さなくてもよいです。

【3】他の人の話をする

他の女性の話ばかり

好きな人に対して『自分だけを見てほしい』と考えるのは、男性も女性も同じです。

他に好きな人がいることを匂わせたり、逆に『紹介しようか?』などとあなたに他の男性を進めてくる場合、脈は薄いでしょう。

【4】間合いをとる

間合い

人にはパーソナルスペースというものがあります。

会話中や並んで歩いているときなどに、彼との『距離』を見てみましょう。

彼が『一定の距離』を保っている場合は脈なしの可能性が高く、逆に向こうから近づこう(距離を縮めよう)としてくる場合は脈ありの可能性があります。

【5】2人きりになるのをさける

人付き合い

男性も、好きな女性とは二人きりになるチャンスを狙っているものです。なぜなら、その方がアピールしやすいから。

しかし逆に、興味のない女性とは『なにを話して良いか分からない』『気を使う』などの理由で、2人きりになることを避けがちです。

執着しない方が周りが見える

いかがでしたか?

気になる相手に対して『なんらかのアピール』をした場合に、これらの『お断りサイン』が返ってくる場合には、少なくとも今の段階で、彼はあなたに対して恋愛感情を抱いていない可能性が高いです。

こうした場合には、一度相手と距離を置いてみることをオススメします。

それによって相手の心境に変化が現れる可能性もありますし(駆け引きの『引き』)、『しつこい』と思われてさらに距離を置かれてしまうリスクも回避できます。

また、特定の相手に執着してしまうと、他の男性からの好意のサインやアピールを見逃してしまいがち。

一度離れて、心を落ち着けてみてください。意外なところで、恋のきっかけをつかめるかもしれません。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆