「へくしゅん」

そんな可愛らしいくしゃみをする女の子を見て、「いいなぁ、可愛いくしゃみができて……」と思った経験のある女性は多いのではないでしょうか?

世の中には「ぶえっっっっくしょーい!」と豪快なくしゃみを繰り出す女性もいれば、冒頭のような可愛いくしゃみをする女の子もいるもの。男ウケが良いのは、断然後者の『可愛いくしゃみ』です。

そして、そんな『男受けの良いくしゃみ』が、練習次第で誰にでもできるものだとしたら。あなたもぜひ、「習得したい!」と感じるのではないでしょうか?

今回は『可愛いくしゃみをする3つの簡単なコツ』を解説します。

コツ①くしゃみの前にとにかく息を吐く

くしゃみをする直前。思い切り息を吸い込んでしまう人は多いと思います。これはいわば、このあと繰り出すくしゃみの『弾』を込めているようなもの。吸えば吸うほど、そのあと繰り出されるくしゃみは強烈なものになってしまいます。

逆に言えば、ここで肺の中にある空気を減らしておけば、そのあとのくしゃみの威力は弱まるということ。普段のくしゃみが『10』の空気圧だとしたら。それを『3』くらいまで減らすつもりで、空気を吐き出してみてください。格段に威力が弱まるのを感じるはずです。

コツ②口は半開き

くしゃみをするとき。ついつい反射的に口を大きく開いてしまいますよね。出口が大きければ、それだけ大きなものも出やすくなります。勢いを殺すには、くしゃみを出すときに口をあまり開かないようにすることも効果的。

ちなみにですが、口を全て閉じてしまうとその空気が全て鼻に行ってしまいます。『鼻から色々なものが出てしまう』というリスクを回避するために、口は半開きにしてきちんと通り道を作ってあげることが大切です。

コツ③早めに両手で口元を覆ってしまう

くしゃみが出そう!と感じたら、すぐに両手で鼻と口を覆ってしまいましょう。すると「思い切りくしゃみをする」という気持ちに自然と制限がかかり、小さなくしゃみがしやすくなります。

また、くしゃみをする直前は鼻の穴がヒクヒクしてしまったり、口がふごふごしてしまったりして、あまり可愛らしくはならないものです。それを隠す意味でも、早めに両手で口と鼻を覆ってしまうのはおすすめ。片手ではなく両手で覆うのも女子力アップのポイントです。

可愛いくしゃみで男心を揺さぶろう

いかがでしたか?

最初のうちはなかなかさじ加減が掴めないものですが、何回か練習しているうちに、だんだんと可愛いくしゃみが出来るようになっていきます。あなたのベストのバランスを見つけてみてください。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆