【第六章】都合の良い女にならないための心構え

男性の「狩猟本能」を知ってモテる

th_bug.jpg

第六章では「都合の良い女にならないための心構え」について解説していきます。

そのためにまず押さえておきたいのは、男性の『狩猟本能』について。

(30)でも確信をさせないことが「駆け引き」の基本』でも解説しましたが、『狩猟本能』というのは「獲物を追いかけることに楽しさを感じる」という本能のことです。

狩猟時代の名残で、男性に備わっていると言われています。実際のところ、釣りやサバイバルゲームが好きな人は男性に多いですよね。

そしてこの『狩猟本能』は恋愛にも大きく影響してきます。

男性は「追いかけるのが楽しい」

気になる人が出来たとき「自分のことを好きになってもらいたい」と考えるのは自然なこと。

(21)好意を伝えて『彼女候補』になる」という記事でもで解説したとおり、相手の気を引くためには好意を伝えることが大切なのですが、ここでやりすぎてしまってはいけません。

なぜなら、男性にとって、恋愛は狩りであり、女性は獲物だからです。

男性は「獲物を追いかけること」に本能的な楽しさを見いだします。手に入りそうで手に入らない獲物を追って、そしてようやく手に入れるからこそ、大きな喜びが得られるのです。

手に入りそうで手に入らない女性

だからこそ『小悪魔女子』や『魔性の女』はモテます。

思わせぶりな態度を取るのに、良いところでするりと逃げてしまう女性は、男性の狩猟本能を刺激し、夢中にさせるのです。

「俺のこと好きなのかな……!?」とは思わせるけど「俺のことが好きなんだな」とは思わせない。好意を匂わせるけれど、確信はさせない。
「いつでも手に入れられる女性」になってしまうと、男性はその女性のことを追いかけないからです。

恋愛では男性の狩猟本能を意識し、男性に「この女性を手に入れたい!」と思わせることが大切です。それを理解していないと「都合の良い女」へと自ら突き進んでしまう可能性があります。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたに素敵な彼氏ができますように……☆