「今日も出ない……」

便秘って辛いですよね。私も20年来の頑固な便秘に悩んできたのでよくわかります。

あまりにも出ないから「もういいや」と諦めてしまう日も多いけれど。
でも、体の中に何日分もの便を溜め込んでいるのは、やはり体にも美容にも良くなさそうですよね。

実際、毒素の80パーセントは便で排出されているのだそうです。

そこで今回は、私が実践して「効果があったな」と感じた7つの便秘解消方法を紹介します。
同じように便秘に悩んでいる方にオススメです。

【1】食物繊維を摂る

食物繊維
便秘といったら食物繊維。
実際、野菜を多めに食べたらお通じが良くなった……なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか?

食物繊維には『水溶性(ごぼう、アボカド、海藻、かぼちゃなど)』と『不溶性(インゲン豆、おからなど)』の2種類があります。どちらが自分に足りていないのかを見極め、バランス良く摂取することが大切!

なかなかゆっくり食事の時間がとれない人にはオールブランイージーファイバーも手軽に食物繊維が摂取できるのでおすすめです。

【2】腸を揉む

腸を揉む
「腸を揉むと痩せる」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。
特に便が溜まりやすい『右脇腹のやや下』と『左脇腹のやや上』に2箇所を揉むと、便秘解消に大きな効果を発揮します。

落下腸、ねじれ腸など、腸の状態が便秘を引き起こしてしまっている人には特におすすめ!

【3】乳酸菌を摂る

乳酸菌
腸内の善玉菌の数を増やし、腸の活動を活発にする『乳酸菌』を摂取することも、便秘の人には大切です。

乳酸菌にもいくつかの種類があるので、これも自分に合ったタイプのものを探すことで、より大きな効果が期待できます。

【4】炭酸水を飲む

炭酸水
炭酸で腸を刺激して便意を促す方法です。
砂糖が多く入っているジュースタイプのものではなく、炭酸水を選びましょう。

【5】運動をする

運動
適度な運動は血液の循環を促し、便秘解消にも効果を発揮します。

ウォーキング、ジョギング、ジム通い、水泳……様々な運動を試してきましたが、私が一番「効果があったな」と感じたのはヨガです。

ヨガの中には便秘解消に効果的なポーズもありますし、激しい運動ではないので、運動嫌いな人でも続けることができます。

逆に、体を冷やしてしまう水泳は便秘解消にはあまりおすすめしません。

【6】体を温める

体を温める
腸の運動を活発にするためには、体の温度を上げることも大切です。

先に挙げた運動ももちろん効果がありますし、半身浴をしたり、暖かい飲み物を飲むなどの行為も体の温度を上げてくれます。

逆に、体を冷やす食べ物を食べたり、足腰を冷やす服装は便秘解消の妨げとなるので注意が必要です。

【7】トイレで足の高さを調整する

踏み台
世の中には様々な形のトイレがありますが、日本人の体型では『和式』のトイレの方が便を排出しやすいのだそうです。

……といっても、和式のトイレは最近ではなかなか見かけないし、そもそも和式のトイレが苦手という人も多いと思います。

そこでおすすめの方法が、トイレに踏み台を置いて、足を少し高く上げること。踏ん張りがきくようになり、便秘解消の手助けをしてくれます。

一週間以上の便秘が解消

便秘解消
いかがでしたか?

以前は便秘薬やセンナ茶などに頼らないと1週間以上便秘をしてしまうこともあった私ですが、今ではこれらの7つの方法で、ほぼ毎日、少なくとも2日に1回は便が出るようになりました。

大切なのは無理なく続けられる、自分にあった方法を見つけること。
あなたが「これだ!」と思う方法を探してみてくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの毎日がますます充実したものになりますように……☆