好きな人とのメール交換

好きな人へのメール

好きな人とメールをする時。

「返信が欲しい」「メールを長続きさせたい」と考えた経験が、あなたにもあるのではないでしょうか?

ご安心ください。『メールの返信率を上げる方法』はちゃんと存在します。今回はその中でも代表的な『好きな人から返信がくる確率を上げる7つのメールテクニック』を紹介します。

返事が来る確立をグッと上げる7つのメールテクニック

【1】あえてお返事を遠慮する

あえて遠慮する

『北風と太陽』という寓話をご存知でしょうか?

「脱げ脱げ〜!」と北風が強要しても、旅人はコートの襟を押さえるばかりで、ちっともコートを脱ごうとはしてくれません。

メールって、これと同じなんです。

質問文を入れたり、お返事待ってます!と付け足しても、相手が「返信したい!」と思えなければ、やがてメールの返信はなくなってしまうでしょう。

大切なのは「返事をくれ!」とアピールすることではなくて「相手に良い印象を与えること」です。それこそが、相手に「返信しようかな」と思わせる唯一の方法です。

「お返事は無理しないでください」「お返事は暇があったらで大丈夫です」

こんな「気遣い」があると、相手はあなたに対して「良い子」だな」と良い印象を抱きます。また、こちらから遠慮することで相手の「追いかけたい」という気持ちを煽ることもできます。

【2】「メールが出来て嬉しい」と伝える

嬉しさを伝える

【1】で「お返事は遠慮する」とお伝えしました。しかし、それだけでは相手をドキドキさせる『攻めるメール』としてはやや弱め。

返信率を上げるために、相手への好意を臭わせましょう。そのオススメの方法が「メールが出来て嬉しい」と伝えること。

  • ◯◯くんとメールが出来て嬉しいな
  • ◯◯さんとアドレス交換できて嬉しい

そんな風に喜びを伝えると、相手は「自分とのやりとりを楽しんでくれているんだな」「もっと何かしてあげたいな」と感じます。

【3】日記メールを送らない

日記メールを送らない

【男と女でこんなに違う!】男性がメールの返信をしない3つの理由という記事でも紹介したとおり、男性は『返信する理由のないメール』には返信をしません。

  • 今日ラーメン食べにいって美味しかったんだ
  • 今日は最新の映画を見てきたの
  • 昨日からずっと新しいCDを聞いてるよ

などの『日記メール』は、「返信の必要はないな」と考えられてしまいがちなので、送らないように心がけましょう。

【4】相手の話をする

相手の話をする

メールの内容を考えるときはついつい『自分主体』で考えてしまいがち。視点を変えて、相手主体のメールを作成してみましょう。

「わたしは今日は仕事が忙しかった」ではなくて「○○くんは今日も仕事だったんだっけ? お疲れ様!」という具合です。

ついでに『相手の名前』を入れるとより関心を惹き付けることができます。

【5】質問の数は1つか2つ

質問をする

「メールには質問文をいれろ」と数々の恋愛指南書で言われている通り。質問文は重要です。返信がしやすくなるので返信率もあがります。

しかし、その数があまりに多いと「めんどくさい」と思われてしまう可能性があります。質問は簡単に答えられるものを1、2個入れるようにしましょう。

【6】どうでもいい質問をしない

不要な質問をしない

質問文は大切ですが、どうでもいい質問をすると、逆に返信率をさげてしまうことになります。

「犬と猫ってどっちが強いと思う?」「赤と青どっちが好き?」のような「これって答える意味あるのかな?」と思わせてしまうような質問は避けましょう。

「休みの日は何してるの?」「遊びにいくときはどこにいくの?」「どんな人が好きなの?」など、恋愛要素を含んだ質問がオススメです。「こんなこと聞くってことは、この子もしかして……」と思わせることができます。

また、相手のことを褒める言葉を加えればより返信率をアップさせることが出来ます。(参考記事:モテ女が使う12の小悪魔メールテクニック

【7】返信のタイミングに気をつける

返信のタイミング

相手に時間の余裕がある時にメールをしないと、とりあえず開封して適当に読んで、そのまま忘れ去られてしまう可能性があります。

夜中や早朝のメールは避けましょう。オススメなのは『朝の出勤時』『昼休み』『寝る前』の3つです。

この3つのタイミングであれば「おはよう」「おやすみ」などの挨拶や、「お疲れ様」「頑張ろう」と言ったねぎらいの言葉も入れやすく、良い印象を与えるメールが作りやすいです。

また、昼食時や電車の中など、携帯を手にしていて、なおかつ時間がある可能性が高いので、しっかり読んでもらいやすくなります。

以上の項目を押さえてメールを作成すると……

好きな人とのメール交換

いかがでしたか?
ポイントさえ押さえれば、誰にでも簡単に『返信率の高いメール』を作成することができます。大切なのは、相手の立場に立って内容を考えること。

「どんなメールを送ろう……」と悩んだときには、ぜひ参考にしてみてください(^ ^)

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆