メールで男性を虜にする方法

メールで男性を落とす方法

気になる男性とメールのやり取りをするとき。
あなたはどのようなことを意識していますか?

一般的に、男性は女性ほどメールのやりとりをしません。(参考記事:【男と女でこんなに違う!】男性がメールの返信をしない3つの理由

しかしどのようなテクニックを使えば、男性から「可愛い」「もっとメールがしたい」と感じてもらうことが出来るのでしょうか?

今回は『モテ女が使う12の小悪魔メールテクニック』を紹介します。

モテ女が使う12の小悪魔メールテクニック

【1】返信は少し間をあける

時間を開ける

まず押さえておきたいのは、メール返信のタイミング。好きな人からメールが来たらすぐに返信したくなると思いますが、『速攻で返信してしまう』のはNGです。

メールの返信には、最低でも15分以上時間をあけましょう。

オススメなのは『相手が返して来た時間+α』で返信すること。例えば、相手に送ったメールが1時間後に返ってきたら、あなたはそこから1時間30分くらい時間をあけて返信します。

それによって『ほどよい距離感』を保つことができ、相手の男性にもメールのやりとりを心地よく感じてもらうことが出来ます。

【2】読みやすい文章で作成する

読みやすさ

  • 「今日TょレニUτT=? (今日なにしてた?)」「やばば」「ks(既読スルー)してた!」のようなギャル文字・ギャル語
  • 「草生えた」「kwsk」などの2ちゃん用語
  • 「ohy(おはよう)」などのDAIGO用語

これらは知らない人からすると『暗号』です。

もしも相手の男性が推理小説好きなら「受けて立とう」と楽しんでもらえるかもしれません。しかし、おそらくほとんどの人は「なんじゃこりゃ? 意味が分からん」とあなたとの間に超えられない壁を感じてしまいます。

メールは読みやすい文章で作成しましょう。

  • 改行を入れる
  • 句読点を打つ
  • 必要な漢字はきちんと変換する

なども意識すると、より読みやすいメールを作成することが出来ます。

【3】質問文をいれる

質問文

「メールの返信をもらうためには質問文をいれる」

これは有名なテクニックなのですが、どうせなら『ただの質問文』ではなくて『攻める(=相手を喜ばせる)質問文』を入れていきましょう。

たとえばこんなもの。

  • 「○○くんとメールが出来て凄く嬉しい! こうやって、時々メールしてもいいかな……?
  • ○○くんってお店にも詳しいんだね!他にもオススメのところってある?
  • ○○くん、モテるでしょ? カッコいいもん
  • 「休みの日はなにしてるの? ○○くんっておしゃれなところで遊んでそう……!」

ただ「どこか良いお店知ってる?」「休みの日は何をしてるの?」と尋ねるより、相手をキュンとさせることが出来ます。

【4】ポジティブな内容を心がける

ポジティブな内容

「今日もいい天気だね」「会えて嬉しい♪」などのポジティブな内容のメールを心がけましょう。するとあなたからのメールを読んだ彼の脳には「あなたとのメールは読むと楽しい」とインプットされます。

逆にネガティブな内容のメールばかりを送ってしまうと、暗い印象を植え付けてしまいます。『楽しい』『嬉しい』『素敵』などの言葉を使うのがおすすめです。

【5】長過ぎず短すぎない長さにする

長すぎず短すぎず

長くて読むのがめんどくさいのもNG。かと言って、短すぎるのも味気ないですよね。

とはいえ『理想的なメールの長さ』は人それぞれ。基本的には相手に会わせましょう。相手が長文で送ってくるのならば長文で。相手が短く送ってくるのであれば短めの文章で。

スマホの場合は『1画面』を目安に作成するのがおすすめです。

【6】相手のメールの特徴を取り入れる

特徴を取り入れる

自分の作るメールは、当然自分好みのメールになります。自分が好きな絵文字や顔文字を使い、自分が読みやすいと思う文章を作ります。

つまり、相手のメールを真似すれば、自然とそれは相手好みのものになるということ。これを活用しない手はありません。

  • 絵文字
  • 顔文字
  • 改行のタイミング
  • メールの長さ
  • 「!」「?」の使い方(半角か全角か、1つか2つか)

これらをしっかりコピーしましょう。相手に親近感を抱いてもらえます。

【7】タイトルをいれる

タイトルを入れる

あなたは気になる男性からのメール。タイトルを『Re:』で返信してしまっていませんか?

タイトルが『Re:』や『無題』だと、「手を抜かれている」と感じさせてしまいます。

好きな人へのメールには『おはよう』『○○さんへ』などタイトルを入れましょう。『ところで……』『そういえば!』など、内容への関心を煽るタイトルにするのもオススメです。

【8】相手が興味を持っている話題にする

相手が興味を持っていること

女性はついつい『日常報告メール』を送ってしまいがちですが、メールの返信率を上げるためには『相手が興味を持っている話題』をふることが大切です。(参考記事:悪用厳禁!返事が来る確率をグッと上げる7つのメールテクニック

「○○くんってサッカーに詳しいよね?昨日の試合見てた?」というように相手が関心を持っていそうな話題をふることで、返信率は高くなります。『相手主体で話を進める』ということを意識してみてください。

【9】相手のことを褒める

褒める

褒められて悪い気がする人はそうそういません。そしてそれはメールでも例外ではありません。

  • ○○さんは仕事が出来てすごいな〜と思っていた
  • ○○さんはいつもお洒落だね
  • ○○さんって頭がいいよね

などなど、相手のことを褒めましょう。「ずっと思っていたんだけど……」などの言葉を加えるのもおすすめです。

恋愛初期の駆け引きの鉄則は『好意を匂わすけれど確信はさせない』です。「この子はもしかして……?」と相手に思ってもらいましょう。

【10】暖色の絵文字を使う

暖色

暖色を見た時の方が、人は興奮しやすくなります。逆に、ブルーなどの寒色は人を落ち着かせる色。

絵文字は『赤』『オレンジ』『ピンク』などの暖色の物を使用することで、相手をよりドキドキさせることが出来ます。

【11】相手の名前をいれる

名前を入れる

人は『自分の名前』を見たり聞いたりすると、その後に続く情報により注目するというデータがあります。「自分に宛てられた情報なのだ」と認識するからです。

確かに、ちょっとした挨拶でも「おはよう」と言われるより、「○○(名前)さん、おはよう」と言われた方が、意識しますよね。

メールにも必ず相手の名前を入れるようにしましょう。

【12】ハートマークを入れる

ハートマーク

男の人は、女の子からのメールにハートマークが入っていると「この子、俺のこと好きなのかな!?」と思うのだそうです。

なぜなら男性同士のメールではハートマークは愚か、絵文字すらあまり使わないから。女性が何気なく使った『ハートマーク』にも、「え?何?どういうこと?」とドギマギしてしまう場合もあります。

使いすぎると効果は薄れてしまうので、2〜3通に1つの割合でメールにハート絵文字を取り入れましょう。

おわりに

いかがでしたか?

好きな人や気になる人がいるときには、ぜひ参考にしてみてください (^ ^)

しっかり押さえれば気になる彼からのメールの返信率もグンと上がります。

そして大切なのは、早めにデートの約束を取り付けること。なぜなら、メールだけで関係を進めることは難しいからです。

「休日の過ごし方」「行きたい場所」「好きなもの」など、デートに繋がりそうなワードを積極的にメールに取り入れていきましょう。相手からも自分からも誘いやすくなります。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手くいきますように……☆