恋人にとにかくムシャクシャするとき

恋人にイライラするとき

むかつく。むかつく。むかつくーーーーーー!!!!!!∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

「なんでいつもこうなのよッ!!!」

こんな風に恋人に腹を立てた経験のある女性も多いと思います。

付き合った当初は「大好き」だった彼氏なのに。いつからか「嫌なところばかりが目につく」ようになってしまった……。嫌いになった訳ではないけれど、このままでは無理かもしれない。

実はこんな状況には『シャドウ』というものが絡んでいることをご存知でしょうか?

恋人との関係を改善させる『シャドウ』との向き合い方

相手の嫌なところばかりが目につくのはなぜ?

嫌なところばかりが目につく

相手の嫌なところばかりが目につく。

実はこれにはユングのいうところの『シャドウ』というものが関係しています。

『シャドウ』とは簡単に言うと自分の嫌な部分のこと。切り捨てたいと思っている『影』のことです。

自覚している場合もあればそうでない場合もあり、完璧主義で「こうありたい」という自分への願望が強い人ほどシャドウも強い傾向にあるのだそうです。

自分から切り離されたシャドウ

シャドウ

人は世の中に自分を適応させて生きていきます。「こうあるべき自分」という仮面(ペルソナ)を被っているのです。

しかしそれはその人のネガティブな側面を抑制してしまうことでもあります。

例えばある人が「明るくて社交的な自分でありたい」と思ったとしましょう。そんなとき
その人が本来持っていた『内気でマイナス思考な側面』は意識から切り離されて『ないもの』とされてしまうのです。

snap_drawyourhappiness_20141613193.jpg

しかしその「内気でマイナス思考な側面」は消滅したのではなく、シャドウとなって無意識のうちに存在します。

そしてそれが抑制しきれなくなった時、その人は『内気でマイナス思考な自分のシャドウ』を他人に投影してしまうのです。

他人の嫌なところはあなたの『シャドウ』

つまりユングによれば『相手の嫌なところ』というのは相手に投影された『あなた自身の嫌なところ(シャドウ)』であるということ。

その『シャドウ』を拒絶するのはある意味では『今のあなた』としての自我を保つための防衛本能と言えるかもしれません。シャドウはあなたが『生きてこなかったもう1人の自分』でなのです。

シャドウとの付き合いかた

付き合い方

シャドウの他人への投影は無意識のもの。
やめようとしてやめられるものではありません。

ではどうしたら良いのでしょうか?

その方法の一つが『シャドウを受けいれること』です。『自分の不完全さを受けいれる』と言い換えてもいいかもしれません。

あなた自身が切り捨て、抑え込んで来た『シャドウ』の存在を認めること。

具体的に考えてみましょう。相手の嫌な部分が目について無性にイライラしてしまう時。

「信じられない。どうしてこの人はこうなんだろう(→シャドウを拒否する)」と考えるのではなく

「自分にもそういうところがあるんだろうな(→シャドウの存在を認める)」と考えるようにするのです。

それは他人を受けいれるということのようであって、実は『あなた自身が拒絶していたシャドウを受けいれる』ということでもあります。

シャドウを受けいれることへの恐怖

シャドウを受けいれる

シャドウは、あなたが今まで切り捨てて来た自分の側面。

例えば『音を立てて食事をすること』空気を読まないこと』『約束を守らない』『優柔不断なこと』『靴を脱ぎ散らかす』『洗濯ものを溜め込む』『お風呂の使い方が汚い』『テレビを付けっぱなしのまま寝る』『電話の話し声が大きい』『遅刻癖がある』『金遣いが荒い』『思いやりがない』などなどなど………

相手のどうしても許せない『嫌な部分』が自分にもある……そう考えるのは少し怖いですよね。

また、自分が深いに感じる相手の部分を受け入れてしまったら、自分もそうなってしまう……そんな『シャドウに自分が飲み込まれてしまうような感覚』になることもあると思います。

でも、大丈夫。シャドウを認めてもあなたはシャドウに飲み込まれはしません。あなたにもそういう側面はありましたが、あなたはそれを克服することが出来る、あるいは出来た人間です。

相手との接し方も変わってくる

関係が変わってくる

シャドウを受けいれることが出来ると、相手の『嫌な部分』が目につきにくくなるはずです。

「直して欲しい」と思う部分とも、今までよりもおおらかな気持ちで向き合うことが出来ると思います。

相手からしても「なんでこうなのよーーーーー!!!!!」と頭から全て否定されるより、「私にもそういう所はあるけど頑張ろうよ」という肯定を交えた言い方をされた方が「改善しよう」という気持ちになるものです。

何より「イライラ」の少ない人生は快適です。

おわりに

いかがでしたか?
問題は相手ではなく『あなたの中にあるシャドウ』

こう考えると「なんだか無性にイライラする!」という状況も、スッと受け入れやすくなります。

余計なイライラを防ぐ効果もあるので、彼氏彼女に限らず「もううんざり……相手に無性に腹がたつ」と思ったときには是非お試しください☆

いつも温かい応援、ありがとうございます。
あなたの人生がより良いものになりますように……☆