海でのデート

海でのデートで彼女にがっかり!?

夏といったら、やっぱり海!

「今年こそは恋人とデートで行きたい」と考えている女性も多いのではないでしょうか?

とはいえ、海や山など、普段行き慣れない場所でのデートでは、予期せぬ『珍事件』や『ハプニング』も起こりがち。しっかり距離を縮めるためにも、それらは未然に防ぎたいものです。

そこで今回は『男性と海に行って幻滅されてしまう6つのパターン』を紹介します

男性と海に行って幻滅されてしまう6つのパターン

【1】水に溶けたアイライナーやマスカラ

 
溶け出したアイライナー
海水はもちろん、汗もメイクを落とす要因になります。

目元から『黒い涙』が流れ出さないように。また、眉毛が消えて『おじゃる丸』が現れないように。化粧品はウォータープループのものを使い、ある程度眉毛を生やしておくなどして、ナチュラルメイクを心がけましょう。

【2】処理しそこなったムダ毛

美しきムダ毛

明るい太陽の下、ピチピチと眩しく輝く女性の水着姿。しっかり・じっくり・じろじろと見たくなるのは当然のこと。

しかし、太陽光はときに残酷に『隠しておきたいもの』まで照らし出してしまいます。

腕や足の毛穴のブツブツや、手が届きにくい背中のムダ毛など、室内の明るさではあまり目立たなかったものが、文字通り『白日の元』にさらされてしまう可能性あり!

屋外でのデートの前には、いつも以上にしっかりとムダ毛処理、そして肌のケアをしておきましょう。時間に余裕があれば、サロンでの脱毛がベストです。

キャンペーンまとめ!今一番安く脱毛できるのはどこ?

【3】背中とかお腹や太ももの余分なお肉

え?俺太ってる?

水着になるからには、やはりある程度は『魅せる体』を作っておきたいもの。夏に向けてダイエットを頑張っている女性も多いと思います。

とはいえ、好みにもよりますが、ガリガリよりは、むっちりの方が多くの男性の肉欲をそそるもの。

モデルさんのようなスレンダーボディを目指すのではなく、ウエストにくびれを作るなどしてメリハリのある体を作るのがおすすめです。

【4】日焼けを気にしすぎて楽しまない

日焼けは嫌、絶対に

これまでの3つは『事前準備を怠った』がゆえのトラブルを紹介しましたが、逆の場合もあります。

それが、日焼け対策。

日焼けを気にしすぎてテントにこもっていたり、数分おきに日焼け止めを塗りなおすなどの日焼け対策は、一緒にいる男性に『だったらこなきゃいいのに』という気持ちを抱かせてしまう可能性があります。

海に来た以上、ある程度の日焼けは覚悟して、彼との時間をしっかり楽しみましょう!

【5】当日に生理になる

まさか今日来るとは思ってなくて……

どうしようもないけれど、なかなか男性には理解されにくい生理の問題。

「ごめん、生理になっちゃったから海には入れない……」と言われ、口では「しかたないよね」と言いつつも、やっぱり納得できずにモヤモヤしてしまうのは、男性も彼女との海デートを楽しみにしていたからこそです。

生理不順で日にちが読めない場合などは、タンポンの使用も考慮してみるとよいかもしれません。

【6】暑さや混雑に文句タラタラ

なんであんたってそんな色白いの

トイレも、道も、ロッカーも、砂浜も、海の家も、よく晴れた日の夏の海は、やはり混んでいます。

パラソルは有料だし、飲み物はすぐにぬるくなるし、砂浜は焼けるように暑いです。

しかしそれに文句ばかり言っていると、一緒にいる男性は「なんだい、せっかく連れてきたのに……」と悲しい気持ちになってしまいます。

混雑していても、暑くても、日に焼けても彼氏が色白でも、「だからこそ楽しい!」と開き直るくらいの気持ちで海に挑むと、男性も「連れてきてよかった!」と思ってくれます。

事前準備をしっかりと!

いかがでしたか?

せっかくの夏に、せっかく彼氏がいるのであれば、ぜひ楽しみたい海デート。

しっかり準備と下調べをして、思う存分満喫してくださいね。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。
あなたの恋が上手く進みますように……☆