「彼氏が欲しい」

この言葉を口にしたことのある人は多いと思います。以前彼氏が欲しいときには「彼氏欲しい」は言わない方が良い理由について解説しましたが、中には「彼氏が欲しい」としょっちゅう言っていても、すぐに彼氏ができる女の子もいます。

この記事では、「彼氏が欲しい」と言っても彼氏ができる女の子と、「彼氏が欲しい」と言えば言うほど彼氏ができなくなってしまう女の子の違いを解説します。

「彼氏欲しい」を連呼しても彼氏ができる人と出来ない人の違い

具体的な内容を解説します。

両者の違いは『気持ち』

「彼氏が欲しい」と言って、実際に彼氏ができる女の子と、彼氏ができない女の子の違い……というと、こんなことを思い浮かべる人が多いと思います。

  • 本気度
  • 切実さ
  • 外見などの条件

確かにこれらは、結果に大きな影響を与えそうな気がしますよね。

しかしそれ以上に結果を左右するもの。それは「彼氏が欲しい」という言葉の根底にある『気持ち』なのです。

なぜ彼氏が欲しいのか?

「彼氏が欲しい」というその言葉。それをどんな『気持ち』で発しているかによって、結果は大きく変わります。

具体的に言うなら、

  • 自分は今不幸だ
  • 毎日が退屈だ
  • 周りに置いていかれたくない

こうした『不満』や『不安』などのネガティブな気持ちから「彼氏が欲しい」と言っているか。

あるいは、

  • 恋愛は楽しそう
  • 自分どんどん幸せになっていく
  • 周りの友達と一緒にどんどん成長していける

こうした『ワクワク』や『幸せ』などのポジティブな気持ちから「彼氏が欲しい」と言っているのか。

これによって、得られる結果は大きく変わってくるのです。

現実に影響するのは自分の思考

たとえ同じ行動をして同じ言葉を言っていても、その根底にどのような気持ちがあるかで、結果は変わります。なぜかというと、自分の現実を創りだしているのは自分の思考だからです。

「彼氏が欲しい」と言いながらもずっと彼氏ができない女の子は、そもそも恋愛や自分に対してネガティブな気持ちを抱いている場合が多く、その気持ちに同調する現実を引き寄せてしまっています。

彼氏を作るには?

彼氏が欲しいときには、恋愛や自分に対してポジティブな気持ちを持つことが大切です。

  • 私は必ず幸せになれる
  • 私は魅力的な人間だ
  • 恋愛は簡単だ

根拠はなくても、こんな風に自分自身が信じること。

そうすることで、恋愛をするときにもポジティブな気持ちを持つことができ、望む結果も手に入りやすくなるのです。

自分の思考に気付こう

『現実は自分の思考が創り出す』という考え方は、もしかすると「ちょっとうさんくさい……」と感じるかもしれません。でも、今の自分の『思考』に気づけば、それが自分の現実そのままだということにも納得がいくはず。

私自身、恋愛が上手くいかないときには自分に自信もなく、恋愛に対してもネガティブな思い込みをたくさんもっていました。が、恋愛ハウツーを学び「恋愛は難しい」という思い込みを壊すことで、「私にも恋愛ができる」というポジティブな思考を持つことができるようになったのです。

もしもあなたが今現在「なかなか恋が上手く進まない」と悩んでいるとしたら。ぜひ、『自分がどんな考えを持っているか』を分析してみてください。

それはあなたの恋を良い方向に変える、転機になってくれるはずですよ。

【スポンサーリンク】