大好きで、やっと付き合うことができた彼氏。

でも、連絡してもなかなかメールの返信が返ってこないし、休日は他の友達と遊ぶことが多いみたい。将来の話が出るわけじゃないし、デートもいつも自宅ばかり……。

これって、もしかしてただの『都合のいい女』!?

もしもあなたが今現在、こんな風にお悩みだとしたら。ひょっとしたら、『ある理由』を解消すれは、誰もが羨むようなラブラブ状態になれるかも!?

今回は彼氏から『都合のいい女』扱いされてしまう3つの理由を紹介します。

【1】「めんどうだな」と思われてしまっている

めんどうと思われている

あなたは良かれと思って、彼氏の『お世話』をしてしまってはいませんか?

せっかく楽しい時間を過ごそうと思って恋人を家に呼んでも、「もっとこうした方がいいよ」「どうしてちゃんとしないの?」などとあれこれ注意されたり、「ちゃんとしなきゃダメじゃない」と世話を焼かれたりすると、男性は面倒くさくなってしまいがち。

すると、「彼女のために何かしてあげようかな」「彼女を喜ばせてあげたいな」という積極的な気持ちがどんどん薄れ、「好きにさせておこう」と放置したり、「彼女の小言から逃げ出したい」と恋人より友達との時間を優先する……などの行動につながってしまいます。

男性が求めているのは、『あれこれお世話をしてくれるお母さん』ではなく、『自分のことを敬いちやほやしてくれる可愛い恋人』です。

心当たりがある方は、まずは1週間、彼への小言を封印して思い切り甘え、頼ってみてください。彼を『ダメ男』ではなく『素敵な男性』として扱うのです。そうして『可愛い恋人』のポジションを取り戻すことで、自然と彼からのあなたへの行動も変わってきます。

関連記事:どうして!?男に尽くすと浮気される5つの理由

【2】「放置しても問題ないだろう」と思われている

放置しても大丈夫と思われている

男性は、女性と比べて相手の態度や顔色から心境を伺うのが苦手です。

そのため、女性側から「こうして欲しい」「もっとこうしたい」という要望がでない限り、「今の2人の付き合いにはなんの問題もなく上手く進んでいる」と考えてしまいがち。

『文句を言ってこない=上手くいっている』と解釈してしまうのです。

このタイプの男性は「私のこと、本当に好きなの?」と尋ねると「付き合っているんだから、当然でしょ?」と答えます。(笑)

今の状況に不満がある場合には、「察してもらおう」「いつか気づいてくれるだろう」と考えるのではなく、きちんと彼に要望を伝えることが大切。

「もっとデートに行きたいな」「もっと会う時間を増やしたいな」など、可愛くお願いしてみてください。
彼はあなたのことを愛していないのではなく、ただ愛しかた(喜ばせ方)を知らないだけ。「彼女はもっと自分と遊びたいんだな」と分かれば、彼も行動を変えてくれますよ。

【3】自ら『大切に扱われること』を拒んでいる

受け取り拒否

「恋人からお姫様のように大切に扱われたい」

こんな風に頭で考えているとしても、自分自身が自分を奴隷のように扱っていては、その願いはなかなか実現されません。
というのも、自分自身を奴隷のように扱っている人は、それが体と心に染み込んでしまっていて、たとえ彼がいくら優しく甘やかしてくれようとしても、無意識のうちにそれを拒否してしまうから。

都合のいい女扱いされているときは、自分自身が自分を『都合のいい女』として扱っているときです。

都合のいい女扱いされるのが嫌なら、まずは自分を『都合のいい女扱い』するのをやめて、『お姫様のように丁重に扱う』癖をつけてみてください。

  • 人の都合を優先せず自分の都合や気持ちを優先する
  • 値段や状況よりも自分のときめきを優先してこうどうする
  • 疲れたり辛いときには無理をせず休む
  • 自分自身を愛し大切にする
  • 「私なんて」と自分を責めるのをやめる

「あ、私できていないかも……」と思った女性は、今が人生をガラリと変えるチャンスかも。

自分自身をとことん大切にする。それに罪悪感を持たない。自分を責めない。自分を許してあげる。

こうして自分の心を緩めてあげると、見える景色が変わってきます。
今まで気づけなかった彼や周りの人からの愛を発見できるかも。

おわりに:『都合のいい女扱い』からの卒業

都合のいい女からの卒業

いかがでしたか?

「付き合っているはずなのに、大切にされていない気がする」「私ばかりが彼のことを好きな気がする」

こんな風に感じたときには、今回紹介した3つのことを意識してみてください。

  • 彼のお世話をする(尽くす)のをやめる
  • 要望を可愛くおねだりする
  • 自分自身を大切に扱う

きっと、あなたの恋に変化を与えてくれますよ。

いつも暖かい応援、ありがとうございます。あなたの恋が素敵な未来につながりますように……☆