前回の記事で、幸せな恋愛をGETするには、自己認識を変えることが大切と紹介しました。

そしてそのためには、根拠や確信がなくてもとにかく自分を信じること。「そうなんだ!」と自分自身で決めるしかないのだということも。

現実は自分が持っている『自己認識』の投影なので、そこを変えれば自分の周りに引き起こされる出来事も変化していきます。

なので、今の現実を変えたければまずは自分が今持っている自己認識に気づくことが大切。

目の前の現実に対して、自分がどんな風に感じているかをしっかり意識していく必要があります。

例えば、『誰かに怒られる』という出来事も、重要なのはそれを通して『どんな自分を認識しているか』という部分。どの視点で自分はそれを受け取っているのか、という部分なのです。

「私は素晴らしい人間だ」と思っている人は、怒られても「私は期待されているわ」とか「部長って本当仕事熱心ね」などと思うだけで、「次はもっと違うやりかたをしよう」などの反省はするかもしれませんが、必要以上に自分を責めたり落ち込んだりはしません。

しかし「私はダメ人間だ」と思っている人は、怒られると「やっぱり私はダメだ」とか「部長に嫌われている」などと自分を責めてしまい、「もっと頑張らなきゃ」「自分を変えなきゃ」などと、『今の自分とは別のダメではない人間』になろうとしてしまいます。

現実を作り出すのは自分の思考です。

「自分は素晴らしい」と思っているか「自分はダメだ」と思っているかで、引き寄せられてくる『出来事』は変わるし、その出来事の捉え方も変わってくるのです。

なので、現実を変えたいと思ったらまずはきちんと丁寧に自分の『思考』を感じ取り、『今の自分が持っている自己認識』を知ること。

「あぁ、私はこんな風に思っていたんだなぁ」と気づくだけでも、自己認識は多少変化します。

自分を責めているのは自分であって、目の前の『他人』ではないのです。

今の自分の自己認識とは、自分が信じている自分の姿です。

それに気づいたら、それを変えること。

その時には、自分にタイトルをつけるのもおすすめです。

例えば、これまでは自分のことを「人に嫌われるダメダメ人間」だと思っていたとしたら、これからは常に自分は「愛されイケイケ人間」と考えてみる。

いちいち「自分は愛される存在だ……」と考えるより、こんな風に自分なりにしっくりくる『タイトル』をつけてしまうと、それがトリガーになって意識を変えやすくなります。

  • ミラクルハッピー人間
  • ハイパーイケイケ人間
  • 愛されプリンセス

など、なんでも構いません。自分はそういう人間だと決める。信じるためのトリガーなので、ちょっとくらいバカバカしくても大げさでもOK。

例えば彼氏と喧嘩をしてイラっとしたときなどは「私は愛されない……」なんて感じてしまっているものですが、そんなときも「私は愛されプリンセスだ」と思い出すのです。

重要なのは、相手がどういうかではなく、自分が自分をそういう存在だと信じること。それをブレさせないことです。

合コンなんかでも、「どうせ私はモテない……」と感じている自分に気づいたら、「いやいや、私は愛されプリンセスだった」と思い出す。

するとその瞬間、自分の表情も考え方も変わります。そして周りの男性が意外と自分に優しいと気づいたりもするもの。視点が変わると思考も変わるし、見える世界も変わるのです。

結果が変わるのも当然ですよね。

【スポンサーリンク】